2018年2月6日の立田山

 降雪の予報とは違ってほとんど雪のない晴天になりました。
久しぶりに豊国台への登り道の下の方でルリビタキ1が出てきてくれました。

ruribitaki1_20180206_DSJ_9960.jpg

登り道の上の方ではルリビタキ2が小さな種を見つけたようです。

ruribitaki2_20180206_DSK_0038.jpg

豊国台のトイレの近くにもルリビタキ3が出てきました。

ruribitaki3_20180206_DSK_0052.jpg

鉄棒の近くでいつも見ているのはルリビタキ4です。

ruribitaki4_20180206_DSK_0122.jpg

ルリビタキ4が飛び立つところが写りました。

ruribitaki4_20180206_DSK_0203.jpg

混群がやってきました。まずはヤマガラです。

yamagara_20180206_DSK_0135.jpg

羽を広げると透き通って綺麗です。

yamagara_20180206_DSK_0145.jpg

リュウキュウサンショウクイもいます。

ryu_sansyoukui_20180206_DSK_0148.jpg

正面顔が撮れました。

ryu_sansyoukui_20180206_DSK_0159.jpg

メジロがたくさんいたので、声を録音しました。

Japanese White-eye_Call_180206_01 メジロの地鳴き

なぜか木の上にシロハラがいましたが、これは混群の一員ではありません。

sirohara_20180206_DSK_0204.jpg

トンボの池に行くと大部分が凍っており、オオバンが氷の上をかたまって歩いていました。

ooban_20180206_DSK_0231.jpg

まるでスケートを楽しんでいるようだったので、動画も撮ってみました。



こちらではジョウビタキがいつも見られます。

jobitaki_20180206_DSK_0248.jpg

サクラ池ではいつも通りにオオバンが1羽だけいました。こちらも氷の上を歩いており、足が黄緑色なのは知りませんでした。

ooban_20180206_DSK_0263.jpg

気温は2度位なのにホトケノザが咲いていました。

hotokenoza_20180206_DSK_0274.jpg

高い木には実がついていますが、これはカンレンボクの実だそうです。

kanrenboku_20180206_DSJ_9958.jpg

スポンサーサイト

2018年2月3日の立田山

 暖かくて風もなく気持ちの良い日よりでした。
豊国台では今日もルリビタキが出てきてくれました。尾羽を拡げてるのですが、背中側から見たかったですね。

ruribitaki_20180203_DSJ_9804.jpg

と思ったら、向こうを向いてくれましたが、尾羽は閉じてしまったのが残念です。

ruribitaki_20180203_DSJ_9833.jpg

シロハラも道路上で悠然と餌探しをするようになりました。

sirohara_20180202_DSJ_9748.jpg

ロウバイが満開で、いい匂いがしていました。

roubai_20180202_DSJ_9759.jpg

足元ではオオイヌノフグリが咲き始めていました。

ooinunohuguri_20180203_DSJ_9845.jpg

道路にはハクセキレイが歩いていました。

hakusekirei_20180202_DSJ_9675.jpg

白川ではカワウが悠然と泳いでいました。潜ったと思ったら、ずいぶん遠くに浮上したので驚きました。

kawau_20180203_DSJ_9848.jpg

コサギがふわりと飛びました。

kosagi_20180203_DSJ_9868.jpg

ヒドリガモも泳いでいました。

hidorigamo_20180203_DSJ_9891.jpg

2018年1月30日の立田山

続きを読む

2018年1月25日の立田山

 このところ大寒波が来ているようですが、いいお天気なので気持ちよく歩けます。
豊国台で鉄棒をしていると、ルリビタキが出てきました。全くの無言でした。真っ黒な目が可愛くて、尾の青色が輝いて見えました。

ruribitaki_20180125_DSJ_8655.jpg

野鳥の森でIさんにお会いしたら、今日のハヤブサは腹が見えていた、ということだったので見に行きました。
いつもの場所付近にいましたが、いろんな木の枝が邪魔になって、見通せる場所を探すのに苦労しました。横からは見通せましたが、光線の具合が悪くなります。

hayabusa_20180125_DSJ_8803.jpg

正面からでも見通せる場所がありました。胸にはほとんど斑紋が見えないので雄のようです。

hayabusa_20180125_DSJ_8837.jpg

昨日の撮影ですが、シロハラがセンダンの実を丸呑みにしていました。ヒヨドリは木になっているのを食べますが、シロハラは落ちているのを拾って食べるようです。

sirohara_20180124_DSJ_8597.jpg

こちらは21日の撮影ですが、ホシハジロが水面から飛び立つところを写せました。翼はグレーのグラデーションがかかった綺麗な色をしています。

hosihajiro_20180121_DSJ_8416.jpg

2018年1月18-20日の立田山

 このところとても暖かくて大寒とはとても思えません。
18日には龍神橋近くの電線にツバメが50羽近くずらりと並んでいました。

tubame_20180118_DSJ_8081.jpg

悠然と翼のお手入れをしているのもいました。

tubame_20180118_DSJ_8103.jpg

小さな声で鳴いているのもいました。

tubame_20180118_DSJ_8116.jpg

自動車がひっきりなしに通るので録音するのは大変です。

Howse Swallow_Call_180118_01 ツバメの声

ハヤブサにはその後出会えませんが、コゲラはいつでも見かけます。

kogera_20180119_DSJ_8149.jpg

シナマンサクは早くも満開のようです。

sinamansaku_20180120_DSJ_8184.jpg

ヒヨドリはセンダンの実を丸呑みにしました。今年はセンダンは豊作でたくさん実が成っています。

hiyodori_20180120_DSJ_8193.jpg

お祭り広場の芝生にようやくツグミが降りてくるようになりました。

tugumi_20180120_DSJ_8266.jpg

丁度、飛び立つところが写りました。

tugumi_20180120_DSJ_8267.jpg

トンボの池にはまだホシハジロがいます。順光側から写すと綺麗な色が出ました。

hosigajiro_20180120_DSJ_8323.jpg

ホシハジロの正面顔が撮れました。

hosihajiro_20180120_DSJ_8374.jpg
プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR