FC2ブログ

2019年1月19日の江津湖

 大江の公民館で写真教室があり、早く終わったので江津湖まで行ってみました。ヘラサギの日本国内での写真がないので、写せればいいなと思ったのです。
上江津湖で見つからなかったので、カメラを持っている人に聞いたら下江津湖の艇庫の前だとのことだったので、直行しました。
すぐに見つかり、昼間は寝ていることが多いのですが、運よくヘラサギが口ばしを見せてくれました。口ばしが茶色っぽいので若鳥のようです。風切の先端も黒いようです。

herasagi1_20190119_DSN_3520.jpg

全体写真は右端が切れてしまってましたが、7羽おり、右から1,3,5がヘラサギで、2,4,6,7がクロツラヘラサギでした。上の写真は右端のヘラサギ1です。

herasagirui_20190119_DSN_3586.jpg

ヘラサギ1が口を開けました。薄紅色のきれいな口ばしです。
真ん中の2番は口ばしを見せませんでしたが、黒い顔が見えているのでクロツラヘラサギです。

herasagi1_20190119_DSN_3522.jpg


ヘラサギ1がこちら側を向いたので、口の中が見えました。

herasagi1_20190119_DSN_3545.jpg

ヘラサギ1が翼を伸ばしました。初列風切のP10~P7くらいは先端が黒く、他の初列風切は羽軸が黒いようです。これも若鳥のしるしですね。

herasagi1_20190119_DSN_3756.jpg

ヘラサギ1の口ばしを上から見ると黒っぽいので、去年生まれではなく、一昨年生まれのようです。ヘラサギ3も口ばしを見せてくれました。

herasagi1_20190119_DSN_3775.jpg

ヘラサギ3が羽繕いを始めました。口ばしの色はヘラサギ1と同じようです。

herasagi3_1_20190119_DSN_3742.jpg

ヘラサギ3も翼を伸ばしました。

herasagi3_20190119_DSN_3787.jpg

ヘラサギ3が翼をたたむときに初列の先端の黒いところが見えました。ヘラサギ1と同じく一昨年生まれと思われます。

herasagi3_20190119_DSN_3795.jpg

ヘラサギ5も口ばしを見せてくれました。ヘラサギ1と3と同じ年の感じです。

herasagi5_20190119_DSN_3579.jpg

しゃがんでいるクロツラヘラサギ4が顔を見せてくれました。口ばしがつるんとしているので2才以下のようです。


kuroturaherasagi4_20190119_DSN_3597.jpg

クロツラヘラサギ4が少し動きました。

kuroturaherasagi4_20190119_DSN_3874.jpg

クロツラヘラサギ6も顔を見せました。

kuroturaherasagi6_20190119_DSN_3641.jpg

クロツラヘラサギ6も口ばしがつるんとしているので2歳以下のようです。

kuroturaherasagi6_20190119_DSN_3649.jpg

クロツラヘラサギ6が口を開きました。下口ばしは茶色っぽい色でした。

kuroturaherasagi6_20190119_DSN_3846.jpg

クロツラヘラサギ6が翼を伸ばしました。

kuroturaherasagi6_20190119_DSN_3860.jpg

クロツラヘラサギ6の翼先端の拡大です。羽軸が黒く、手前の3枚くらいは先端が黒いのがわかります。

kuroturaherasagi6_20190119_DSN_3860-2.jpg


クロツラヘラサギ7も顔を見せてくれました。目先に黄色いパッチがあり、口ばしの付け根付近に少ししわがあるので、3歳くらいかもしれません。翼の先端は見えませんでした。

kuroturaherasagi7_20190119_DSN_3625.jpg


スポンサーサイト



2018年1月31日の立田山

 少し寒さが緩んだ感じです。
野鳥の森にはリュウキュウサンショウクイがいました。

ryu_sansyoukui_20180131_DSJ_9293.jpg

サクラ池にはジョウビタキの雄がいました。

jobitakiM_20180131_DSJ_9367.jpg

サクラ池にはなぜか1羽だけオオバンがいます。このところずっとこの状態です。

ooban_20180131_DSJ_9410.jpg

お祭り広場にはイカルがたくさんいました。まだいい声では鳴きません。

ikaru_20180131_DSJ_9464.jpg

飛ぶと白斑が見えますが、遠くでしかとらえられませんでした。

ikaru_20180131_DSJ_9276.jpg

トンボの池にはジョウビタキの雌タイプがいました。

jobitakiF_20180131_DSJ_9494.jpg

バンが5羽いました。去年生まれの若鳥のようです。

banJ_20180131_DSJ_9496.jpg

タネツケバナが咲き始めました。

tanetukebana_20180131_DSJ_9518.jpg

ホトケノザも咲いていましたが、花が倒れてしまっているこの株だけしか咲いていませんでした。

hotokenoza_20180131_DSJ_9520.jpg

エナガが近くに寄ってきました。

enaga_20180131_DSJ_9564.jpg

正面顔はとても可愛いですね。

enaga_20180131_DSJ_9560.jpg

何枚も写すとこんなのも写ってました。

enaga_20180131_DSJ_9598.jpg

2015年12月20日の上江津湖

来年の野鳥カレンダーを購入するために上江津湖の探鳥会に参加しました。晴れており、寒さが少し和らいだようです。
上江津湖沿いの道を集合場所へ進んでいたら、石の上にクロツラヘラサギがいるのを見つけました。絶滅危惧種ですが、個体数は増加傾向のようです。それでも全世界で2000羽程度でしょうか。成鳥ですが、嘴のしわがあまり目立たないので4歳くらいかもしれません。

kuroturaherasagi_20151220_DSC_0562.jpg

コガモはすっかり換羽が終了してきれいな繁殖羽になってました。

kogamo_20151220_DSC_0571.jpg

ハクセキレイは背中の灰色の羽毛のなかに黒い羽毛が混じっており、♂が繁殖羽に換羽途中なんでしょうか。何月ごろに換羽するのかよくわかりません。

hakusekireiM_20151220_DSC_0587.jpg

コサギはとっても人慣れしています。距離3m程度です。黄色い足指がきれいに見えたます。

kosagi_20151220_DSC_0621.jpg

バンが木に留まっており、長い足指がよく見えます。

ban_20151220_DSC_0629.jpg

オカヨシガモも換羽が終了しているようです。シックな色合いで好きなカモです。背中に飾り羽が見えます。

okayosigamo_20151220_DSC_0632.jpg

カイツブリが追っかけっこで水面を飛んでました。

kaituburi_20151220_DSC_0634.jpg

ここはカワセミがよく見られます。

kawasemi_20151220_DSC_0657.jpg

ダイビングして魚を採ってきました。

kawasemi_20151220_DSC_0664.jpg

姿勢を変えて頭から飲み込みました。

kawasemi_20151220_DSC_0674.jpg

タシギがたくさんいました。立田山では見たことがありません。

tasigi_20151220_DSC_0698.jpg

ジョウビタキの水浴びも見られました。水しぶきが上がってます。ここの水は湧水なので1年中温度が変わらず、今は温かいようです。

jobitakiM_20151220_DSC_0736.jpg
プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR