2013年6月27-28日の立田山

 6/27は久しぶりに晴天だが意外に涼しかった。立田山の湿性植物園ではスイレンが紫がかった赤い花を咲かせていた。この色は珍しいと思いました。

suiren_20130627_DSC_9444.jpg

トンボの池ではアオビタイトンボの♀がいました。この種の♀を初めて見たような気がします。

aobitaitonboF_20130627_DSC_9467.jpg

前から見ると♀の額も青くてきれいな色をしています。

aobitaitonboF_20130627_DSC_9472.jpg

ナツノツヅレサセが鳴いてました。コオロギの仲間の声は秋の気配を感じさせますが、その前に暑い夏がやってきます。

natunotuduresase_130627_02.mp3

帰りの登り道の途中にはオカトラノオが咲いてました。サワトラノオはずいぶん前に花が終わっているので、ずいぶん花期が異なるようです。

okatoranoo_20130627_DSC_9486.jpg

野鳥の森ではサンコウチョウガ鳴いてましたが、一声で飛び去ってしまいました。

sankoutyou_130627_03.mp3

6/28は少し雨が降っていたので、立田自然公園に行きました。駐車場の横に大きなバナナの木が何本かあり、実がなってました。食べられるのかな?

banana_20130628_DSC_9507.jpg

茶室付近は苔がとてもきれいです。週末にはここでお花の展示があるそうです。

tyasitu_20130628_DSC_9515.jpg
スポンサーサイト

2013年6月25日の立田山

 今日も曇り空なので歩いて立田山に行きましたが、雨が降り出したので泰勝寺跡の立田自然公園に行きました。ここは有料ですが、65歳以上は無料です。
 竹林を歩いているとキヌガサタケを見つけました。きれいなキノコです。なんとも言えない匂いがしています。

kinugasatake_20130625_DSC_9430.jpg

もう一つ見つけましたが、こちらは少し破れています。虫が食べるようですね。

kinugasatake_20130625_DSC_9425.jpg

帰路ではクロアゲハが花の蜜を吸っていました。羽ばたきをやめてくれませんが、高速で連写するといろんな写真が撮れます。ざんねんながら、少し翅が傷んでました。

kuroagehaFH_20130625_DSC_9359.jpg

kuroagehaFT_20130625_DSC_9372.jpg

2013年6月22-23日の立田山

 22日は小雨だったので、歩いて立田山に行きました。
トンボの池ではツバメが池の水面すれすれを飛んで虫をとらえているようでした。時々空中で急停止するので、その瞬間を写すことができました。体を立てて、尾羽を思い切り拡げています。

tubame_20130622_DSC_9250.jpg

木の下の雨がかからないところにアオビタイトンボがこちらを向いて止まってました。額の青い色が印象的です。

aobitaitonbo_20130622_DSC_9265.jpg

ねむの木もきれいな花を咲かせています。

nemu_20130622_DSC_9232.jpg

23日は曇りの天気予報だったので、自転車で立田山に行きました。豊国台ではキジバトがエサを探しながら近くまで寄ってきました。シックな色合いです。

kijibato_20130623_DSC_9290.jpg

トンボの池ではリュウキュウベニイトトンボがいました。配色がきれいです。

ryu_beniito_20130623_DSC_9324.jpg

ネジバナが咲いてました。花が少なくなった時期なのでピンク色が目立ちます。

nejibana_20130623_DSC_9329.jpg

こちらはコカモメヅルのようですが、地味な花なので初めて気づきました。

kokamomeduru_20130623_DSC_9331.jpg

このクモも初めて見たような気がします。アシナガグモのようです。

asinagagumo_20130623_DSC_9335.jpg

雨が結構強く降り出しました。あわてて帰る途中でフクロウの羽を拾いました。拡大してみると羽毛の表面にやわらかくて細かい毛が密生しているのがわかります。このせいで飛行時にほとんど羽音がしないそうです。

fukurou_20130623_DSC_9337.jpg

2013年6月18日の立田山

 今日は未明に強い雨が降っており、朝になって雨は上がったがどんより曇っていたので、歩いて立田山に行きました。
 秋の森を抜けたあたりで今日もイシガケチョウに出会いました。なかなか緑の葉の上には止まってくれません。

isigaketyouH_20130618_DSC_9109.jpg

サクラ池に行くとツマグロヒョウモン♀がいました。

tumagurohyoumonFH_20130618_DSC_9117.jpg

これは裏面も撮影できました。

tumagurohyoumonFT_20130618_DSC_9131.jpg

天気が悪いのでトンボの池にもあまりトンボがいませんでしたが、キイトトンボ♂がいました。

kiitotonboM_20130618_DSC_9149.jpg

顔も撮影できました。

kiitotonboM_20130618_DSC_9152.jpg

ベニイトトンボが交尾していましたが、♀の腹部がずいぶん黒くて驚きました。このメスだけ見るとどの種だかわからないですね。

beniitotonboP_20130618_DSC_9162.jpg

徒歩できた場合は自転車の場合と違って菅原神社の前を通ります。そこでまたイシガケチョウに出会いました。

isigaketyouH_20130618_DSC_9187.jpg

ここでは裏面も撮影できました。

isigaketyouT_20130618_DSC_9173.jpg

帰り道のカタバミにはヤマトシジミがいました。表面の青い色が見えているので♂のようです。

yamatosijimiMT_20130618_DSC_9200.jpg

2013年6月17日の立田山

 今日は晴れたり曇ったりで風もあり、過ごしやすい日です。サクラ池にはカルガモが2羽いました。ヒシの葉の緑をバックに足まで写るいい写真が撮れました。

karugamo_20130617_DSC_8984.jpg

 トンボの池に着くと、ベンチの上にフタスジサナエがいました。お尻の先から茶色いものを出してるようですが、これはなんでしょうか。

hutasujisanae_20130617_DSC_9025.jpg

池の縁で写した次のトンボは、未成熟のベニイトトンボらしいのですがよくわかりません。

beniitotonboJ_20130617_DSC_9053.jpg

クロイトトンボが腹部をくねくねと動かしてました。じっと見てるといろんなことをやりますね。動画を撮ろうとしたんですが、失敗でした。

kuroitotonboM_20130617_DSC_9075.jpg

トンボの池の奥ではシジュウカラの巣立ち雛が羽を震わせて親にエサをねだっているようでした。まだくちばしが黄色いですね。

sijuukaraJ_20130617_DSC_9059.jpg

帰りの野鳥の森でイシガケチョウに出会いました。地色が白で前翅の先端が黒っぽいのは昨日の個体と同様です。でも昨日の場所からはずいぶん離れています。やはり緑の葉の上だととてもきれいですね。しかし、この正面からしか撮れませんでした。

isigaketyou_20130617_DSC_9093.jpg

2013年6月14,16日の立田山

 14日には豊国台まで行きました。途中で写した蝶はウラナミジャノメでした。ヒメウラナミジャノメは沢山いますが、この種の写真は初めて撮りました。

uranamijanomeT_20130614_DSC_8813.jpg

ヤマトシジミも表面と、

yamatosijimiFH_20130614_DSC_8795.jpg

裏面を撮ることができました。これは♀のようです。

yamatosijimiFT_20130614_DSC_8792.jpg

 16日はいつものコースで歩きました。
湿性植物園ではオオシオカラトンボの顔の写真が撮れました。

oosiokaratonboM_20130616_DSC_8837.jpg

トンボの池では日差しが強いのでアオビタイトンボが逆立ちしていました。こんなに腹部を丸めているのは初めてです。

aobitaitonboM_20130616_DSC_8910.jpg

すぐ近くでショウジョウトンボも逆立ちをしていました。アオビタイトンボはよくやりますが、ショウジョウトンボの逆立ちは初めて見ました。

syoujoutonboM_20130616_DSC_8920.jpg

モノサシトンボの♂、

monosasitonboM_20130616_DSC_8872.jpg

クロイトトンボの♂、

kuroitotonbo_20130616_DSC_8880.jpg

リュウキュウベニイトトンボの♂、というように♂ばかり見かけます。今日はベニイトトンボは見かけませんでした。

ryu_beniitotonbo_20130616_DSC_8886.jpg

帰りの登り道で、ゴイシシジミを撮りそこなった場所でしばらく待っているとイシガケチョウがやってきました。地面にしか止まらなかったので、きれいな写真になりません。

isigaketyouH_20130616_DSC_8957.jpg

しかし、半開きや、

isigaketyouHT_20130616_DSC_8960.jpg

翅を閉じた写真を撮ることができました。この種はめったに翅を閉じて止まらないので、ラッキーでした。

isigaketyouT_20130616_DSC_8961.jpg

2013年6月12-13日の立田山

 6/12は仕事帰りに立田山を通って帰宅しました。途中のヒメジョオンにキアゲハが来てました。デジカメを持ってたので、うまく撮影できました。キアゲハの写真が無かったのでラッキーでした。この時期はヒメジョオンが蝶の良い撮影ポイントになります。

kiagehaT_20130612_CIMG1222.jpg

 6/13は少し早目に家を出たら、竹林の入り口でKさんご夫妻と会ったので、野鳥の森付近までご一緒しました。サンコウチョウが鳴いてましたが、近くには来てくれませんでした。豊国台に植栽された立田山ヤエクチナシが咲いていると教えていただいたので、見に行きました。いろんな長さの花弁が八重咲きする面白い花です。

tyk_20130613_DSC_8654.jpg

湿性植物園の花ショウブはもう終わりかけていましたが、次の花はまだきれいに咲いてました。

hanasyoubu_20130613_DSC_8668.jpg

草刈りが行われてヒメジョオンが全部なくなっており、蝶が見当たりませんでした。

トンボの池では池の岸辺のみ少し草が残されていてトンボに配慮した草刈りになっていました。羽化したばかりのイトトンボはどの種かわかりません。

itoSP_20130613_DSC_8714.jpg

帰りの登り道でゴイシシジミを写しそこなった場所のヒメジョオンに小さな蝶が来ましたが、ベニシジミでした。翅をゆっくり閉じたり開いたりして裏表を両方写させてくれたので、貴重な記録になりました。

benisijimiT_20130613_DSC_8776.jpg

benisijimiTH_20130613_DSC_8779.jpg

野鳥の森の上部でキビタキが囀ってました。風もなく飛行機も飛ばず、ヒヨドリ等も鳴かずにきれいな録音ができました。

kibitakiS_130613_02.mp3

2013年6月11日の立田山

 今日も小雨だったので、歩いて立田山に行きました。トンボの池に着くと雨が強くなったので木の下で雨宿りをしながら池を眺めていると、バンの今年生まれの子供が3羽泳いでました。その近くで親が追っかけっこを始めました。

banP_20130611_DSC_8602.jpg

交尾成立のようです。

banP_20130611_DSC_8604.jpg

雨がやむとトンボが飛び始めました。ベニイトトンボを逆光気味で写すと腹部が透ける感じの赤でとてもきれいです。これは絶滅危惧II類です。

beniitotonboM_20130611_DSC_8626.jpg

ショウジョウトンボも真っ赤できれいです。

syoujoutonboM_20130611_DSC_8643.jpg

湿性植物園ではオオシオカラトンボがいました。今年の初認です。

oosiokaratonboM_20130611_DSC_8531.jpg

モンシロチョウも交尾していました。

monsirotyouP_20130611_DSC_8582.jpg

ホトトギスが近くに来て大きな声で鳴き始めました。草刈りの音がうるさかったんですが、ホトトギスの声の方がはるかに大きくてきれいに録音されていました。

hototogisuS_130611_02.mp3

2013年6月10日の立田山

 出かけるときに小雨が降っていたので、散歩のつもりで歩いて立田山に行きました。山の中は木に覆われているので傘がいりません。トンボの池に着いた時にはまだ降ってましたが、すぐに雨が上がったのでカメラを出しました。
 クロスジギンヤンマが飛んでたので、また何度か撮影を試みました。ファインダーでとらえるのが難しいので、ワイド状態で適当にレンズを向けてシャッターを切りました。画面の端の方にかろうじて写ったのが次の写真です。なんとかクロスジギンヤンマだということがわかります。

kurosujiginyanma_20130610_DSC_8259.jpg

太陽が出て暑くなってきたら、クロイトトンボの交尾が見られました。後ろの♀も胴がかなり青い個体でした。

kuroitotonboP_20130610_DSC_8310.jpg

こちらのクロイトトンボは♀の胴は青くないので、別のペアのようです。

kuroitotonboP_20130610_DSC_8385.jpg

こちらはヒシの葉の裏に産卵していました。

kuroitotonboP_20130610_DSC_8390.jpg

モノサシトンボも産卵していました。角度が悪いですが、♂は直立姿勢で警戒しているようです。

monosasitonboP_20130610_DSC_8416.jpg

ベニイトトンボのペアも♂は直立姿勢で警戒していましたが、このペアは産卵行動を見せませんでした。

beniitotonboP_20130610_DSC_8474.jpg

2013年6月8-9日の立田山

6/8には豊国台でキビタキがいい声で囀っていました。

kibitakiS_130608_02.mp3

トンボの池のバンの子供はすっかり羽が生えそろい、対岸の釣り人に驚いて飛び立ちました。もうしっかり飛べるようです。

banJ_20130609_DSC_8218.jpg

トンボの池の大きなヤンマをなんとか撮影しようと何度が試みましたが、ようやく次の写真を撮ることができました。クロスジギンヤンマのようです。

kurosujiginyanma_20130608_DSC_8169.jpg

6/9は小雨が降ってきたので、チョウトンボが葉の下にぶら下がって止まっており、雨宿りのようです。翅の脈がよく見える面白い写真になりました。

tyoutonbo_20130609_DSC_8210.jpg

湿性植物園にはミゾカクシの花がきれいに咲いていました。きれいなピンク色なんですが、私のパソコンのディスプレイではずいぶん白っぽく見えます。カメラのモニターでは自然なピンク色に見えているのですが、どうしてでしょうね。

mizokakusi_20130609_DSC_8198.jpg

A水槽のフェンスにヤブヤンマのヤゴの抜け殻が8個ありましたが成虫はみかけませんでした。3月までの平日にはいつもここで弁当を食べていたんですが、4月からはその機会もなくなったので、ヤブヤンマに出会えなくなりました。

yabuyanma_20130608_DSC_8106.jpg

6/8の帰り道でゴイシシジミが目の前に止まったんですが、SDカードの読み取りエラーが発生して写せませんでした。前にもこんなことがあったので、予備のカードを持ち歩くようにしているんですが、この日に限ってリュックに入ってませんでした。残念!

2013年6月7日の立田山

湿性植物園の花ショウブも見ごろが過ぎました。その近くでツバメシジミを見つけました。翅を拡げると黒っぽいので♀のようです。

tubamesijimiFH_20130607_DSC_8073.jpg

半開き状態。

tubamesijimiF_20130607_DSC_8102.jpg

閉じたら裏面が写せました。産卵しているようです。昨日の♂に続いて♀の表裏両面を写せてラッキーでした。

tubamesijimiFT_20130607_DSC_8075.jpg

ベニシジミもいました。開くと表面が見え、夏型の♀のようです。

benisijimiFH_20130607_DSC_8043.jpg

閉じると裏面が見えます。蝶の図鑑のためには雌雄、表裏、さらには種によっては夏型や春型があるので写真を集めるのが大変です。

benisijimiFT_20130607_DSC_8021.jpg

モンシロチョウもいましたが、翅を閉じた裏面では雌雄がよくわかりません。

monsirotyouT_20130607_DSC_8012.jpg

モンシロチョウの表面はなかなか写せませんが、やっと1枚撮れました。少しボロなのが残念ですが、♀のようです。紫外線で見れば簡単に雌雄が見分けられるそうです。

monsirotyouF_20130607_DSC_7987.jpg

トンボの池では、またよくわからないイトトンボがいました。未成熟なのでしょう。アオイトトンボかオオアオイトトンボらしいのですが、よくわかりません。

ao_ooao_20130607_DSC_7836.jpg

キイトトンボは成熟した♂でよくわかります。

kiitotonboM_20130607_DSC_7855.jpg

小さな甲虫がいて、見ていると後ろ脚を上げて逆立ち姿勢をとりました。腹の白い筋が毛だったのにも驚きました。

koutyuuSP_20130607_DSC_7873.jpg

クロイトトンボも上から見ると目の後ろに青い小さな点があるのに気づきました。

kuroitotonbo_20130607_DSC_7899.jpg

つぎはベニイトトンボの♀のようです。

beniitoF_20130607_DSC_7930.jpg

池に突き出た穂先にチョウトンボの♂がとまってました。

tyoutonbo_20130607_DSC_7954.jpg

それを追い払って、アオビタイトンボが同じ場所に止まりました。アオビタイトンボは飛行能力が高いように見えますが、止まっている方が長いようです。

aobitaitonbo_20130607_DSC_7955.jpg

2013年6月6日の立田山

6/3には嗄れ声のアカショウビンの声を録音しましたが、昨年も6/1にアカショウビンの声を録音しています。このときはきれいな声でしたが、自宅の玄関前で白川越しに録音したので、きれいな録音とは言えませんでした。
豊国台からの登り道でイカルと思われるいい声の鳴き声を聞きました。ちょっと珍しい節回しでしたが、音質はイカルの声だと思われます。

ikaruS_130606_02.mp3

トンボの池ではきれいな水色の蝶をみつけました。ツバメシジミのようです。

tubamesijimiMH_20130606_DSC_7646.jpg

半開き状態、

tubamesijimiMT_20130606_DSC_7622.jpg

裏面、といろんな角度で撮影できました。蝶の図鑑を作ってるところなので、表面と裏面が写せてラッキーでした。

tubamesijimiT_20130606_DSC_7599.jpg

ベニシジミの交尾も見つけました。

benisijimiPT_20130606_DSC_7720.jpg

上からも写しました。右側が♂のようです。♀は翅を下げてぶるぶるふるわせるようなこともしていました。

benisijimiPH_20130606_DSC_7735.jpg

ヒメウラナミジャノメの表面も写せました。今日は曇ってるので翅を開く場合が多いようです。

himeuranamijanome_20130606_DSC_7553.jpg

リュウキュウベニイトトンボもいました。この個体は顔が赤く背中が緑色でエメラルドのような目との配色がとてもきれいです。顔や背の色にはかなり個体差があるようです。

ryu_beniito_20130606_DSC_7590.jpg

モノサシトンボもいました。黒の部分がとても黒くて鮮やかな配色のきれいな♂です。

monosasitonboM_20130606_DSC_7517.jpg

上からも写せましたが、別の個体かもしれません。この両写真は青い部分がかなり白っぽいですね。

monosasitonboM_20130606_DSC_7750.jpg

2013年6月4日の立田山

昨日の不明な鳥声は声紋鑑定の結果、風邪を引いたようなアカショウビンではないかと思われます。

今日は、冬の森の上部でツツドリが鳴いてました。まず、1分間だけ録音して斜面を駆け上がりました。しかし、鳴きやんでしまい、いい録音はできませんでした。近寄って録音しようとすると鳴きやんでしまうパターンが多いので、とりあえず1分間は録音するようにしているわけです。前半ではツツドリは2個体鳴いてるようですね。

tutudori_130604_01s.mp3

キビタキが近くで鳴いていたので録音していたら、ホトトギスも鳴き始めました。

kibi_hoto_130604_03.mp3

トンボの池ではアオビタイトンボがいました。今年の初認です。日射が強かったので、尻を上げる動作をしていました。

aobitaitonboM_20130604_DSC_7445.jpg

後側面も写しました。

aobitaitonboM_20130604_DSC_7446.jpg

チョウトンボが沢山います。次の写真の青白く光るのが♂です。

tyoutonboM_20130604_DSC_7395.jpg

ベニシジミもきれいです。前翅端がとがっているのが♂とのことですが、見分けが難しいです。

benisijimi_20130604_DSC_7389.jpg

クチナシも咲き始めていい匂いがします。豊国台に植栽された立田山ヤエクチナシの開花が楽しみです。

kutinasi_20130604_DSC_7348.jpg

2013年6月3日の立田山

梅雨の晴れ間のようで、立田山に出かけました。豊国台への登り道で風邪を引いたアカショウビンのような声が聞こえました。これはなんでしょうか。オウチュウカッコウの声を録音した場所の近くですが、そのときとは逆の道の左の谷側から聞こえました。

fumei_130603_01s.mp3

サクラ池ではフタスジサナエがいました。これは準絶滅危惧種とのことですが、今年初めて気が付きました。

futasujisanae_20130603_DSC_7212.jpg

いろんな角度で止まってくれたので、背面からも写しました。

futasujisanae_20130603_DSC_7242.jpg

トンボの池ではギンヤンマが飛んでましたが、写せませんでした。
リュウキュウベニイトトンボの交尾しているペアを3組ほど見ましたが、♂単独の写真しか撮れませんでした。

ryu_beniito_20130603_DSC_7303.jpg

ショウジョウトンボも成熟して真っ赤になっています。光にあたると本当にきれいな赤です。

syoujoutonbo_20130603_DSC_7294.jpg

チョウトンボも増えてたくさん飛んでます。写真は茶色く光ってるので♀ですね。♂は青く光ります。

tyoutonbo_20130603_DSC_7289.jpg

木の枝にツバメのヒナが6羽並んでおり、親がエサを運んでました。トンボが沢山いるので、楽にエサ取りができるのかもしれません。

tubame_20130603_DSC_7323.jpg

親が来たときにヒナは大きな声を出します。

tubameJC_130603_03.mp3
プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR