2014年7月31日の立田山

台風の影響のようで雨が降ってました。あさイチが始まるころには雨が上がったので立田山に出かけました。
どこでもクマゼミが大合唱しています。騒音害虫ですね。

kumazemi_140731_01.mp3

大きなでっぷりとした抜け殻はクマゼミのものでしょう。

kumazemi_20140731_DSC_7343.jpg

サクラ池ではシオカラトンボがチョウトンボをつかまえてムシャムシャと食べてました。ちょっと、衝撃的でした!

siokaratonbo_20140731_DSC_7351.jpg

トンボの池のミソハギにはダイミョウセセリが来てました。池の岸の花では撮影角度を選べないのでいい角度で撮影できません。

daimyouseseri_20140731_DSC_7372.jpg

足元に新鮮な感じのきれいなツマグロヒョウモンが止まりました。配色がなんともいいですね。

tumagurohyoumonFH_20140731_DSC_7388.jpg

裏面も結構きれいで好きです。

tumagurohyuomonFT_20140731_DSC_7389.jpg

久しぶりにキイトトンボを見ました。今年は発生する個体数が少ないようです。

kiitotonboM_20140731_DSC_7396.jpg

これも蛾ではなくツノゼミの仲間のアオバハゴロモのようです。先日、蛾と間違えたベッコウハゴロモの近縁のようです。

aobahagoromo_20140731_DSC_7401.jpg

赤トンボの仲間だと思って胴の側面を撮影してたら、なんか腹部が変な感じでした。ハラビロトンボです。こんな面白い顔をしているんですね。腹部も単に太いわけではなく、ひだが出ている感じなのも知りませんでした。

harabirotonbo_20140731_DSC_7406.jpg

ここで雨が激しくなってきたので帰宅しました。
スポンサーサイト

2014年7月30日の立田山

朝の涼しさもなくなり、朝から猛暑です。
立田山の遊歩道はほとんどが木陰なのでかなり涼しく感じます。
家内が「実がなってる」というので見てみたら、イヌビワでした。これはイチジクと同じで花だよ、と言ったんですが、イチジクは花を食べているということも知らなかったようです。イヌイチジクというネーミングが正解のような気がします。

inubiwa_20140730_DSC_7246.jpg

トサミズキにはけっこう大きな実がなってました。

tosamizuki_20140730_DSC_7248.jpg

サクラ池に来るとショウジョウトンボがいます。これだけ真っ赤なのにアカトンボの仲間でないのが不思議です。

syoujoutonbo_20140730_DSC_7251.jpg

トンボの池ではアオビタイトンボの189番を見つけました。これは7/12にサクラ池で撮影したのと同じ個体なのに驚きました。

aobitaitonbo189_20140730_DSC_7265.jpg

ニイニイゼミの抜け殻が沢山あり、場所がないわけでもないのになにも重なって脱皮することもないのになと思って写したんですが、重なってる抜け殻はニイニイゼミではなく、ツクツクボウシの抜け殻のようです。

semi_20140730_DSC_7283.jpg

トンボの池に戻るとクロイトトンボが交尾してました。小さいのでなかなかうまく写せません。

kuroitotonboP_20140730_DSC_7306.jpg

野鳥の森の前の道で、今年はムラサキツバメを見ないな、と思って歩いていたら、目の前にムラサキツバメが止まりました。不思議なものです。

murasakitubame_20140730_DSC_7325.jpg

最後にゴイシシジミの居場所を覗きました。ローアングルの撮影をしてみました。卵を守っているようですね。

goisisijimiG_20140730_DSC_7334.jpg

2014年7月29日の立田山

朝は涼しかったんですが、快晴なので気温がどんどん上がり、午後には36度となる予報です。
いつもの場所でゴイシシジミにそっと近づいて休んでる様子を撮影しました。卵を産み付けたクマザサの裏に、卵を守るような感じでたくさん止まってます。

goisisijimiG_20140729_DSC_7194.jpg

サクラ池まで来るとキツネノマゴが咲き始めてました。205種類目の花です。

kitunenomago_20140729_DSC_7181.jpg

この小さい花にはシジミチョウやセセリチョウがよく来ます。写真はヤマトシジミです。

yamatosijimi_20140729_DSC_7177.jpg

湿性植物園のミソハギにはヒメアカタテハが来てました。連写するとこのような飛んでる写真がたまに撮れます。

himeakatateha_20140729_DSC_7194.jpg

ツチバチの仲間も来てました。これからいろんなハチも来始めるでしょう。

tutibatiSP_20140729_DSC_7198.jpg

トンボ池では7/23の課題がいました。日向で見ると翅が光って、鱗粉は無いように見えたので、ツノゼミの仲間を調べたらベッコウハゴロモというそうです。

bekkouhagoromo_20140729_DSC_7204.jpg

横から見るとツノゼミの仲間という感じに見えます。

bekkouhagoromo_20140729_DSC_7208.jpg

リュウキュウベニイトトンボが交尾してました。この写真では目が黄緑色でリュウキュウベニイトトンボだということがはっきりわかりますが、目の色が黄緑に赤味がかった感じでベニイトトンボかリュウキュウベニイトトンボか迷う時があります。これだけ両種が沢山いるのだから交雑個体がいてもおかしくないのでは?と思ってます。DNAを調べると面白いのではないでしょうか。

ryu_beniito_20140729_DSC_7213.jpg

奥の方ではオオシオカラトンボが交尾してました。この種の交尾態は初めての撮影です。

oosiokaratonboP_20140729_DSC_7217.jpg

帰りに豊国台の付近でソウシチョウガ顔を出しました。

sousityou_20140729_DSC_7227.jpg

セミの声で鳥の声があまり聞こえないので、声が大きいソウシチョウばかり沢山いる感じですが、よく見えるところにはあまり姿をみせません。きれいな色をしています。

sousityou_20140729_DSC_7234.jpg

野鳥の森の前の道ではルリシジミがいました。飛んでるときは表面の青い色がとてもきれいでした。

rurisijimiM_20140729_DSC_7236.jpg

2014年7月28日の立田山

昨日は途中でどしゃ降りになりました。そのせいか、今朝は涼しい感じがしました。
秋の森を下ったあたりでゴマダラチョウに出会いました。少し翅が破れてます。

gomadaratyouH_20140728_DSC_7046.jpg

裏面も撮影できました。オレンジ色の目がかわいいですね。

gomadaratyouT_20140728_DSC_7069.jpg

湿性植物園では久しぶりにハラビロトンボがいました。幅広の腹部をひくひくと動かしてます。

harabirotonboF_20140728_DSC_7082.jpg

トンボの池ではオオチャバネセセリがいました。まだセセリチョウ類があまり出現していません。

ootyabaneseseri_20140728_DSC_7098.jpg

池の奥ではピンクのアフリカハマユウがたくさん咲いてきれいでした。この場所はオオツルボも出るので、不思議な場所です。だれかが植えてるのかもしれません。

africahamayuu_20140728_DSC_7117.jpg

今日の課題です。開長は32mmくらいでした。さてなんでしょう。(ウスキオエダシャクではないかと教えていただきました。)

gaSP_20140728_DSC_7133.jpg

登り道ではムラサキニガナが咲いてましたが、これも最後の1輪のようです。

murasakinigana_20140728_DSC_7149.jpg

竹林入口ではいつも通りにゴイシシジミが見送ってくれます。

goisisijimiM_20140728_DSC_7150.jpg

クマザサの葉を裏返して見るとゴイシシジミの幼虫がいました。白と黒でなかなかきれいな幼虫です。

goisisijimiJ_20140728_DSC_7162.jpg

2014年7月26日の立田山

東京へ行ってたので、久しぶりの立田山です。梅雨明け後の猛暑になりました。
サクラ池ではスイレンにクマバチが来て花粉を集めているようです。

kumabati_20140726_DSC_6945.jpg

トンボ池の奥ではアフリカハマユウのピンク色の花が咲いてました。葉がどこにも見当たりませんでした。

africahamayuu_20140726_DSC_6979.jpg

カルガモが1羽だけいましたが、池の水面がびっしりとヒシの葉でおおわれているため泳ぐことができないようです。

karugamo_20140726_DSC_6992.jpg

帰りの竹林の入り口に萎れたカラスウリの花を見つけました。来た時に見つけていればもう少し開いた花が見られたのに、残念です。

karasuuri_20140726_DSC_7000.jpg

暑いので日が当たる場所はさっさと通り過ぎて、最後に日陰にいるゴイシシジミを写して帰りました。

goisisijimiM_20140726_DSC_7008.jpg

2014年7月23日の立田山

朝は曇ってましたが、すぐに照り付けて暑くなりました。
サクラ池ではチョウトンボが盛んに産卵していました。水面に腹部先端を打ち付けるところはなかなか撮影できません。

tyoutonboF_20140723_DSC_6806.jpg

湿性植物園のミソハギがたくさん咲いてきたので、ツマグロヒョウモンが集まってきました。

misohagi_20140723_DSC_6819.jpg

クロコノマチョウがいました。真っ黒な夏型の♂のようです。

kurokonomatyouM_20140723_DSC_6824.jpg

林道の方ではツクツクボウシが鳴いてました。録音してみるとニイニイゼミの声が大きく入ってます。アオゲラも鳴いてました。学生の頃、大阪市内に住む彼女(今の家内)と電話で話してる時にツクツクボウシが「ツクツクボウシ」と鳴いていると言っても信じてもらえなかったことを思い出します。

tukutukubousi_140723_01.mp3

トンボの池ではマダラミズメイガがいました。一昨日撮影したのと同じです。

madaramizumeiga_20140723_DSC_6847.jpg

こちらの白い蛾は昨日撮影したものと同じでタカオシロヒメシャクではないかと思ってます。

takaosirohimesyaku_20140723_DSC_6896.jpg

これは今日の課題です。はっきりした模様なのでわかりやすそうです。止まっているのはクズのツルで、直径は約2.5mmでした。(ツノゼミの仲間のベッコウハゴロモのようです。)

gaSP_20140723_DSC_6920.jpg

近くにヤマノイモの雄花が咲いてました。これ以上は開花しないようです。

yamanoimoM_20140723_DSC_6930.jpg

下り道で真っ黒なアゲハ類に出会いました。こんな止まり方をされるとなんだかわかりません。

monkiageha_20140723_DSC_6943.jpg

飛び立ったらモンキアゲハだとわかりました。

2014年7月22日の立田山

梅雨明け後の晴天で暑くなりそうです。
竹林入口でゴイシシジミを見ていたら、トンボが止まりました。7/17にトンボの池で写したのと同じ感じです。

mayutateakane_20140722_DSC_6672.jpg

今回は顔を写せたので、マユタテアカネだとわかりました。こんなところにもいるんですね。

mayutateakane_20140722_DSC_6678.jpg

湿性植物園で小さな花を見つけました。アイナエのようです。まだまだ知らない花があるものです。

ainae_20140722_DSC_6701.jpg

ちいさいのでいままで気づかなかったようです。葉も小さくて下の方に少しだけついてます。

ainae_20140722_DSC_6703.jpg

トンボの池では大きなヤゴの抜け殻を見つけました。5cmもあるので、ヤンマ類のものでしょう。ギンヤンマかマルタンヤンマでしょうか。

yago_20140722_DSC_6708.jpg

オニドコロの雌花も咲いてました。

onidokoroF_20140722_DSC_6734.jpg

泥が付いたセミの抜け殻はニイニイゼミのものです。子供のころ、家の庭にたくさんあったので懐かしいです。

niiniizemi_20140722_DSC_6770.jpg

今日の課題も見つけました。この蛾は何でしょうか。葉の表に止まってたので、簡単に写せました。

gaSP_20140722_DSC_6786.jpg

2014年7月21日の立田山

ようやく梅雨が明けたようで、朝は曇り空でしたがすぐに晴れてきました。
こうなると暑いですが、がんばって立田山に行きました。
昨日見つけた場所に今日もゴイシシジミがいました。これはとんがった感じなので♂のようです。

goisisijimiM_20140721_DSC_6539.jpg

こちらは丸い感じの♀のようです。家内は初めて見たので喜んでました。

goisisijimiF_20140721_DSC_6545.jpg

湿性植物園にはカラスウリがありましたが、もう花はしぼんでました。この花を写すには夜来ないといけません。

karasuuri_20140721_DSC_6557.jpg

トンボの池ではまた知らない蛾がいました。蛾は葉の裏側に止まることが多いので撮影が大変です。葉の先端をつまんで裏返しにして1枚写したらすぐに飛び去りました。なかなかきれいな模様です。さて種名はなんでしょうか?(マダラミズメイガのようだと教えていただきました。)

gaSP_20140721_DSC_6596.jpg

南岸では大きなクモに出会いました。7cm位あります。卵を抱いてるようです。

kumoSP_20140721_DSC_6607.jpg

西の堤防付近でアオビタイトンボのマーク個体を写せました。今日もなにかいいことがあるかもしれません。

aobitaitonbo_20140721_DSC_6618.jpg

豊国台からの下り道でソウシチョウが喧嘩でもしているかのような大きな声を出してました。

Red-billed-Leiothrix_Call_140721_01

逆光で写した写真をトーンカーブ補正でなんとか色が見えるようになりました。

sousityou_20140721_DSC_6621.jpg

A水槽付近でコミスジが翅を閉じて止まってました。これは珍しいことです。

komisuji_20140721_DSC_6632.jpg

2014年7月20日の立田山

 昨日は留学生のSさんのご両親が来日されてたので、家内も一緒に昼ご飯を食べました。Sさんはご両親と一緒に明日帰国するそうです。7年間もの留学、ご苦労様でした。
 今日は晴れ、曇り、雨、を繰り返す悩ましい天候でした。雨が結構激しく降ったのでまだ梅雨明けではないようです。
竹林の入り口のクマザサにゴイシシジミが止まってました。触覚の先端の茶色がアクセントになって、おしゃれな蝶です。

goisisijimi_20140720_DSC_6516.jpg

そこへもう1頭が飛来しました。表面が少し見えてますが、黒いんですね。ゴイシシジミは表の色では雌雄はわからないようです。

goisisijimi_20140720_DSC_6518.jpg

雌雄は羽の形状で容易に識別可能だと図鑑には書いてありますが、この2頭は大きさは違いますが、形は同じように見えます。

goisisijimi_20140720_DSC_6519.jpg

もう1頭ラミーの葉に止まってましたが、これは翅が丸い感じなので♀のようです。

goisisijimi_20140720_DSC_6525.jpg

葉の裏に回って産卵を始めました。

goisisijimi_20140720_DSC_6529.jpg

葉を裏返すと卵がたくさん産みつけられてました。こんな身近な場所で繁殖しているとは知りませんでした。

goisisijimiEGG_20140720_DSC_6521.jpg

この後、雨が強くなったので帰宅しました。でもゴイシシジミをたくさん見られたので大満足です。

2014年7月18日の立田山

正式にはどうかわかりませんがもう梅雨が明けた感じで、朝の6時半頃からクマゼミが激しく鳴くようになりました。
五高の森の駐車場付近でモノサシトンボがいました。こんなところで見るのは初めてのような気がします。

monosasitonbo_20140718_DSC_6423.jpg

冬の森では朝から珍しくアブラゼミが鳴いてました。遠くでアオバトも鳴いてます。

aburazemi_140718_01.mp3

秋の森ではムラサキニガナが咲いてました。もう種子が沢山出来ているのに、今まで花を見落としていたようです。

murasakinigana_20140718_DSC_6431.jpg

サクラ池ではアオビタイトンボのマーク個体を発見!こちらの池では初めて見つけました。

aobitaitonbo_20140718_DSC_6444.jpg

トンボの池では知らない蛾を見つけました。さてなんでしょう? (この蛾はシロモンノメイガのようです。)

gaSP_20140718_DSC_6458.jpg

クロイトトンボが何か食べてました。これも肉食ですね。

kuroitotonbo_20140718_DSC_6476.jpg

翅を開いてとまるベニイトトンボがいたので、変だなと思ってよく見たら翅が1枚なくなっているようです。

beniitotonbo_20140718_DSC_6481.jpg

ホドイモの花は本当に面白い形をしています。つい写してしまします。

hodoimo_20140718_DSC_6488.jpg

2個花が付いたツユクサを見つけました。1個ずつ順に咲いていくそうなので、咲いた時期が違うのでしょう。

tuyukusa_20140718_DSC_6501.jpg

イシガケチョウの♂が♀に迫っているところのようです。この後、茂った葉の中に落ちて行ったので顛末はわかりません。

isigaketyouP_20140718_DSC_6506.jpg

2014年7月17日の立田山

昨日は九州南部は梅雨が明けたとのことですが、熊本は南部ともいえないので晴れたり曇ったりでした。
立田山ではソウシチョウはあちこちで囀ってますが、ウグイスの囀りは少なくなりました。C水槽付近でかろうじて囀ってました。バックにメジロ、ホオジロが囀ってます。

Japanese-Bush-Warbler_Song_140717_02

サクラ池ではヨツバムグラが咲いてました。もっと前から咲いてたんでしょうが、花が小さいので見つけてなかったんでしょう。立田山の花、200種目です。

yotubamugura_20140717_DSC_6303.jpg

トンボの池では羽化直後と思われるトンボを見つけました。こんどは横からも撮れたのですが、マユタテアカネでしょうか。顔を写せなかったのが残念です。

mayutateakaneQ_20140717_DSC_6361.jpg

背後からは写せましたが、新鮮な翅がきれいです。

mayutateakaneQ_20140717_DSC_6376.jpg

葛の花が咲いて甘ったるいにおいを振りまいてます。

kuzu_20140717_DSC_6398.jpg

サクラ池ではヤマトシジミの♂(右)が♀に迫ってました。

yamatosijimiP_20140717_DSC_6403.jpg

シャッターを切って邪魔してしまいましたが、なんとか交尾に成功したようです。

yamatosijimiP_20140717_DSC_6408.jpg

登り道では去年と同じ場所でゴイシシジミの卵を見つけました。先が楽しみです。

goisisijimiEGG_20140717_DSC_6411.jpg

近くにサツマニシキが飛来しました。いつ見てもきれいな蛾です。

satumanisiki_20140717_DSC_6413.jpg

2014年7月16日の立田山

今朝は久しぶりに青空が見えてクマゼミが激しく鳴いてました、
立田山ではニイニイゼミがたくさん鳴いてました。録音してみると、聞こえる音量にしては大きくレベルメーターが振れたので、高音域の耳の感度が落ちているのが実感させられます。ニイニイと鳴いてるのはヤマガラです。

niiniizemi_140716_03.mp3

サクラ池ではコケオトギリが咲いてたので、前の写真が気に入らなかったので再度写しました。今度は雄蕊がきちんとうつりましたが、まだピントがきちんとあってません。こういう小さい花はマクロレンズを使わないと撮影困難です。

kokeotogiri_20140716_DSC_6194.jpg

コケオトギリはもう実が割れて種子が見えてます。

kokeotogiri_20140716_DSC_6197.jpg

湿性植物園ではミソハギが咲き始めました。もっと咲けば蝶や蜂類が集まってくるので楽しみです。

misohagi_20140716_DSC_6202.jpg

トンボの池の奥の方で大きな花が咲いてました。テッポウユリかと思ってたんですが、ヒガンバナ科のインドハマユウのようです。アフリカハマユウとも言うそうです。

indohamayuu_20140716_DSC_6225.jpg

上の方にアオビタイトンボがこちらを向いて止まってました。メタリックブルーがとてもきれいです。

aobitaitonbo_20140716_DSC_6239.jpg

ちかくにいたリュウキュウベニイトトンボは小さなハエを食べてました。肉食なんですね。

ryu_beniito_20140716_DSC_6244.jpg

堰堤のちかくに十字架にかかっているような花がありました。ヒメクグというそうです。カヤツリグサ科の花です。

himekugu_20140716_DSC_6250.jpg

帰りの林道出口付近でアオスジアゲハが止まってました。いつもせわしげに飛び回ってるのに、こんなにじっとしているのは珍しいことです。

aosujiageha_20140716_DSC_6274.jpg

春の森にはムクドリが50羽くらい群れてました。今年生まれの子供たちのようです。

mukudoriG_20140716_DSC_6283.jpg

昨日はツクツクボウシが鳴いてたんですが、今日は聞けませんでした。かわりにアブラゼミが鳴いてました。

2014年7月14,15日の立田山

昨日(7/14)は曇りだったので出かけましたが雨が降ってきたので、花を探して夏の森に行ってみました。アベリアが咲いてました。ハナツクバネウツギとかハナゾノツクバネウツギとも言うようです。天気が良ければ蝶が来るんですが、残念でした。

abelia_20140714_DSC_6135.jpg

今日(7/15)も雨が上がってたので出かけました。春の森の近くで大きな花を見つけました。サフランモドキのようです。誰かが植えたんでしょうか。もう花期が終わっている見苦しい写真ですね。

safuranmodoki_20140715_DSC_6141.jpg

図鑑には7/11に道端で撮影したこちらのきれいな写真を使うことにしました。

safuranmodoki_20140711_DSC_5878.jpg

ヤマナシの実が色づいてナシの実らしい色になってきました。これは美味しくないらしいのですが一度試食してみないといけません。

yamanasi_20140715_DSC_6154.jpg

トンボの池ではずいぶん色が薄いベニイトトンボが交尾してました。この色で成熟してるのか疑問です。

beniitotonboP_20140715_DSC_6163.jpg

いかにもキノコという形のキノコを見つけました。シロオニタケのようで、毒キノコなので蹴飛ばしておきました。けっこう重みを感じました。

siroonitake_20140715_DSC_6169.jpg

ここで雨が強くなったのですごすごと帰宅しました。

2014年7月12日の立田山

今日も曇りで涼しい朝でした。
駐車場の近くの池にオシロイバナがたくさん咲いてました。こんな花をなぜ見落としてたのか不思議です。この花は野草とは思われてないようで図鑑に載ってませんでした。

osiroibana_20140712_DSC_5884.jpg

竹林を過ぎたところで小さな蝶が葉に止まったと思って写しましたが、触覚の先端が太くなってないのでどうやら蛾のようです。種類はわかりません。(2014.7.13記:雨で暇なのでネットで調べたら、ベニイカリモンガのようです。)

gaSP_20140712_DSC_5904.jpg

サクラ池ではチョウトンボが盛んに産卵していました。水面に腹部先端を打ち付けて産卵しているようです。

tyoutonbo_20140712_DSC_5919.jpg

岸辺に小さな黄色の花を見つけました。コケオトギリのようですが、初めて気づいたので違うかもしれません。やはり図鑑を持ち歩いてこまかくチェックしないと確実に見分けられません。

kokeotogiri_20140712_DSC_5929.jpg

湿性植物園ではニガナの花にヒメウラナミジャノメが来ていました。とてもきれいな個体です。

himeuranamijanomeT_20140712_DSC_5939.jpg

うまく翅を拡げて表面も写せました。後翅の下部に中ぐらいの眼状紋2個以外に、とても小さな眼状紋が2個あるのに初めて気づきました。

himeuranamijanomeH_20140712_DSC_5946.jpg

トンボの池ではセリが咲いてました。

seri_20140712_DSC_5986.jpg

岸辺の木の葉の上に小さなカエルがいました。シュレーゲルアオガエルでしょうか。見分けのポイントがわかりません。

syu_aogaeruQ_20140712_DSC_6018.jpg

モノサシトンボの♂がいました。水色がなんともきれいです。

monosasitonboM_20140712_DSC_6037.jpg

帰りのサクラ池の岸辺にツバメシジミがいました。後翅をスリスリしたので、表面は黒い♀だとわかりました。これもきれいな個体です。

tubamesijimiF_20140712_DSC_6084.jpg

ヤブガラシも咲き始めました。これで立田山の花は195種になりました。

yabugarasi_20140712_DSC_6099.jpg

2014年7月11日の立田山

今日は台風一過でしたが曇りです。涼しいのはいいのですが自転車がパンクして短縮バージョンになりました。いつもとはコースを変えて未登録の花を探しました。
暗いところで咲いてたのはハエドクソウです。記憶の片隅から名前が浮かんできました。

haedokusou_20140711_DSC_5822.jpg

トンボの池ではアメリカネナシカズラが咲いてました。これまでここではトンボばかり見ていたので、こんな花があるとは気が付いてませんでした。

amerikanenasikazura_20140711_DSC_5858.jpg

森林総研の近くではミツバが咲いてました。

mituba_20140711_DSC_5866.jpg

ヘクソカズラも咲いてます。ちょっとかわいそうな名前です。サオトメカズラというきれいな別名があるので、これで呼ぶようにしようと言ったことがあるような気がします。

hekusokazura_20140711_DSC_5869.jpg

アキノタムラソウも咲いてます。これは名前がすぐには出てきませんでしたが、シソ科だとはわかったので、調べるのも簡単です。

akinotamurasou_20140711_DSC_5873.jpg

ムラサキカタバミは見つけてましたが、こちらのイモカタバミも咲いてました。こちらの方がたくさん花が咲くようです。

imokatabami_20140711_DSC_5881.jpg

これで立田山の花は191種類になりました。これから秋の花が咲き始めるのでどんどん増えるでしょう。

2014年7月10日の立田山

凄い台風が来るというので、一昨日からベランダの鉢植えや荷物をすべて室内に入れてたのに、朝起きたら全く風が吹いてないのに驚きました。一応、強風域には入ってるようですが、南側を通るとほとんど風が吹きません。雨もほとんど降ってなかったのでベランダに荷物を出してから立田山に行きました。
豊国台の登り道ではクロコノマチョウに出会いました。とても黒い今年生まれの夏型の♂のようです。

kurokonomatyouM_20140710_DSC_5700.jpg

秋の森ではウバユリが一気に咲きました。花のない時期だけにとても目立ちます。

ubayuri_20140710_DSC_5709.jpg

トンボの池ではベニイトトンボが沢山いました。交尾中のペアの前に♂が止まってました。機会を伺っているようです。

beniitoP_20140710_DSC_5733.jpg

カラスアゲハが飛来しました。水たまりで給水しているようです。

karasuageha_20140710_DSC_5755.jpg

金色に輝く黒っぽい蝶が、、と思ったらチョウトンボでした。羽化後間もない感じですが、こんなに金色に輝くのは初めて見ました。

tyoutonbo_20140710_DSC_5767.jpg

オニユリも咲き始めました。クズのつるに巻きつかれているのでかわいそうです。

oniyuri_20140710_DSC_5786.jpg

林道入り口ではキアゲハが見送ってくれました。

kiageha_20140710_DSC_5801.jpg

2014年7月8日の立田山

久しぶりの晴天ですが、嵐の前の静けさで、強烈な台風がこちらに向かっているようです。
台風のせいか、とても蒸し暑く感じます。
豊国台ではシャシャンボが咲いてました。探せばいろんな花が咲いてるものです。

syasyanbo_20140708_DSC_5522.jpg

花のアップはなかなかかわいい花です。

syasyanbo_20140708_DSC_5523.jpg

サクラ池では久しぶりにコシアキトンボがいました。この種は幼虫が汚い水を好むようなので、この場所には歓迎できない種です。

kosiakitonboM_20140708_DSC_5532.jpg

トンボの池では池辺から羽化してまもないイトトンボがふわりと飛び上がってくるので、体にとまることがよくあります。左手の先に止まってくれると撮影可能となります。これはクロイトトンボでしょうか。未成熟個体はまだまだよくわかりません。

kuroitotonboMJQ_20140708_DSC_5576.jpg

林道ではイシガケチョウが飛来しました。緑の葉の上に止まってくれるときれいに写ります。

isigaketyou_20140708_DSC_5626.jpg

トンボの池辺では前にも見た覚えがあるんですが、なぜか図鑑の素材から抜け落ちていたハグロソウが咲いてました。見た感じはもう少し赤味が強いんですが、こういう色は再現性がいまいちです。

hagurosou_20140708_DSC_5639.jpg

葉はこんな感じで、黒くは見えないんですが、なぜかハグロソウです。

hagurosou_20140708_DSC_5645.jpg

この花はわかりません。こんな変わった形をしていれば図鑑を見ればすぐにわかるだろうと思ったんですが、まだ見当たりません。

hanaSP_20140708_DSC_5651.jpg

葉はこのようで、蔓性植物です。

hanaSP_20140708_DSC_5653.jpg

帰りの登り道ではヤマガラが餌を探してました。咥えてるのはツブラジイの種子のようです。

yamagara_20140708_DSC_5677.jpg

2014年7月5日の立田山

今日も曇り空ですが、家内と出かけました。家内はいつも短縮バージョンで、少しぱらぱらと雨が降ってたので私も短縮バージョンにしようかとも思ったんですが、日が射してきたので家内と別れて池の方まで行きました。
昨日は書き忘れましたが、昨日も今日もニイニイゼミが鳴いてます。
花が少ない時期なので、実も探しています。これはエゴノキの実ですね。

egonoki_20140705_DSC_5421.jpg

トンボの池では薄茶色のトンボがおり、腹部もほっそりしているのでウスバキトンボかと思って写したんですが、腹部背面に模様が無いので違うようです。翅がつやつやして羽化後間もないようなので未成熟と思われますが、図鑑に該当種がみつかりません。

tonbo_humei_20140705_DSC_5467.jpg

白いネジバナが咲いてました。上下の少しだけは色がついてます。

nejibana_20140705_DSC_5469.jpg

ウラナミジャノメがいましたが、翅がボロでした。

uranamijanomeH_20140705_DSC_5471.jpg

しかし、裏面はきれいです。

uranamijanomeT_20140705_DSC_5476.jpg

キイトトンボの成熟♂は今季初撮影です。

kiitotonboM_20140705_DSC_5487.jpg

このイネ科の花はチゴザサのようです。

tigozasa_20140705_DSC_5497.jpg

ガが止まってました。直角二等辺三角形のようです。

gaSP_20140705_DSC_5502.jpg

ツユクサは花が2個並んで咲くのを撮りたかったんですが、もう一つは萎れてました。もっと早く来ないといけないようです。

tuyukusa_20140705_DSC_5510.jpg

マルバツユクサは花が2個並んで咲いているのを見つけました。

marubatuyukusa_20140705_DSC_5512.jpg

2014年7月4日の立田山

昨日は熊本県全域に大雨洪水警報が出ましたが、ひどくは降らなかったので一安心です。今日も曇り空ですが、雨が降ってなかったので出かけました。
サクラ池の横ではアジサイがきれいに咲いてました。梅雨空によく合います。

ajisai_20140704_DSC_5312.jpg

近くでツマグロヒョウモンが飛んできました。♀は青い色が入ってるのでシックな色合いです。

tumagurohyoumonF_20140704_DSC_5319.jpg

トンボの池にはアオビタイトンボが沢山いました。♂ばかりであちこちで縄張り争いをしているようで、バチバチと翅の当たる音がしていました。ようやく一頭だけマークされた個体を見つけました。マーク個体を見つけるのは宝探しのようで楽しみです。

aobitai172_20140704_DSC_5344.jpg

ハゼノキは沢山実を付けてました。つやつやした実です。

hazenoki_20140704_DSC_5371.jpg

大きな葉のカラムシも花が咲き始めました。

karamusi_20140704_DSC_5377.jpg

花のアップですが、みんな緑色なので構造がよく見えません。

karamusi_20140704_DSC_5375.jpg

立田山の花図鑑が一応完成したので、イネ科の花にも目が行きだしました。これはキシュウスズメノヒエのようです。スズメノヒエ、シマスズメノヒエとの見分けが難しいようで、図鑑にアンダーラインが引いてありました。

kisyuusuzumenohie_20140704_DSC_5405.jpg

キツネノボタンにベニシジミが止まってました。きれいな色です。

benisijimi_20140704_DSC_5411.jpg

2014年7月1日の立田山

今日も曇り空で薄日が差しています。
湿性植物園では大輪のスイレンが咲いてました。ピンク色が最もきれいです。

suiren_20140701_DSC_5167.jpg

こんな赤黒い色のスイレンは初めて見ました。

suiren_20140701_DSC_5169.jpg

トンボの池ではアオモンイトトンボがいました。5月には何度か見ましたが6月は一度も見ておらず久しぶりです。

aomonitotonbo_20140701_DSC_5171.jpg

水辺から道路側の木の方へアオビタイトンボの♀がふわりと移動しました。翅がつやつや輝いてるので羽化からあまり時間がたってないようです。

aobitaiF_20140701_DSC_5182.jpg

ベニイトトンボが翅を中くらい開いてとまりました。アオイトトンボの仲間はいつもこんな感じですが、ベニイトトンボのこんな姿はあまり見ません。この後、別の場所に移動した際は普通に翅を閉じて止まりました。

beniito_20140701_DSC_5201.jpg

チョウトンボも翅が輝いてきれいです。青光りしているのは♂ですね。

tyoutonbo_20140701_DSC_5217.jpg

ニホンアカガエルが飛び出してきました。これ以上は大きくならないのかな?

nihonakagaeru_20140701_DSC_5244.jpg

ツユクサの花がずいぶん大きく感じました。

tuyukusa_20140701_DSC_5275.jpg

6/28に紹介したツユクサはマルバツユクサで花がずいぶん小さいようです。

marubatuyukusa_20140701_DSC_5282.jpg
プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR