2014年8月31日の立田山

久しぶりに晴れました。
トンボの池まで行くとキンバネチビトリバがいました。こんな蛾がいると知ってから見つかるようになりました。

kinbanetibitoriba_20140831_DSC_0624.jpg

よこからの写真も撮れました。小さいので飛び立つと目で追うことができずに見失ってしまします。

kinbanetibitoriba_20140831_DSC_0606.jpg

今日の課題1です。こういう感じの蛾は難しいですね。前翅長は10mm位だと思います。(テンクロアツバのようです。)

gaSP1_20140831_DSC_0626.jpg

マメ科の花だと思いますが、思い出せません。(ナンテンハギでした。)

mameSP_20140831_DSC_0639.jpg

引いた写真です。

mameSP_20140831_DSC_0641.jpg

マユタテアカネは顔を写せたので、確認できました。

mayutateakane_20140831_DSC_0657.jpg

ウラナミジャノメがいました。これは少ないので、久しぶりです。

uranamijanome_20140831_DSC_0671.jpg

すぐ近くにリスアカネがとまりました。翅を上げた状態なので胸の模様がきれいに写るかとおもいましたが、光線が悪いですね。

risuakane_20140831_DSC_0675.jpg

クサネムはまだ花も咲いてますが、大きな実ができてました。

kusanemu_20140831_DSC_0688.jpg

本日の課題2です。蛾だと思いますが、どうでしょうか。前翅長は8mm位の小さな蛾です。色はきれいですね。(キスジホソマダラのようです。)

gaSP2_20140831_DSC_0707.jpg

いい高さにいたので、横からも写せました。留まっている葉はタテハモドキの食草のオギノツメです。

gaSP2_20140831_DSC_0715.jpg

リュウキュウベニイトトンボがベッコウハゴロモを捕まえてました。咥えたまま楽々飛んでいきました。

ryu_beniito_20140831_DSC_0732.jpg

帰りの北斜面の中腹でまだウラナミジャノメに出会いました。珍しいことです。

uranamijanome_20140831_DSC_0777.jpg
スポンサーサイト

2014年8月30日の立田山

朝は雨がぱらついてましたが、予報を信じて自転車で出かけたら晴れてきました。
イヌビワの実が熟してきました。食べてみたら甘くておいしかったので、雌株のようです。

inubiwaB_20140830_DSC_0404.jpg

サクラ池では難しい蛾に出会いました。フタオビコヤガとしていますが、どうなんでしょうか。

hutaobikoyaga_20140830_DSC_0408.jpg

次は昨日も出会ったヒメネジロコヤガですね。

himenejirokoyaga_20140830_DSC_0415.jpg

斜めから写したほうが羽の模様がよくわかります。

himenejirokoyaga_20140830_DSC_0423.jpg

南岸で草刈りをやってたので北岸を歩くと、サクラ池では珍しいアオモンイトトンボがいました。

aomonitotonbo_20140830_DSC_0431.jpg

トンボの池に行くとヒメアカタテハがいました。破れのないきれいな個体でした。

himeakatateha_20140830_DSC_0437.jpg

次は顔が見えなかったのですが、尾部付属器が上に反ってるのでマユタテアカネと思われます。

mayutateakane_20140830_DSC_0462.jpg

次の蛾は今日の課題です。葉が邪魔で斜めからしか写せませんでした。斜めなのでサイズもよくわかりませんが、前翅長は12mm程度と思われます。(フタテンヒメヨトウと思われます。)

gaSP1_20140830_DSC_0475.jpg

トンボの池にバンが帰ってきました。大きくなった子供を連れてきたようです。どこで子育てしたんでしょうね。

ban_20140830_DSC_0482.jpg

だいぶ翅が擦り切れてますが、ホシコヤガのようです。

hosikoyaga_20140830_DSC_0491.jpg

カラムシの葉の上を黄色いきれいな芋虫が歩いてました。尺取歩きをしてました。長さは25mm程度でした。

imomusi_20140830_DSC_0501.jpg

もっと小さいのもいました。真っ白できれいです。こちらの長さは15mm程度です。

imomusi_20140830_DSC_0513.jpg

なんだかわかりませんが赤い色がきれいので写しておきました。(アカサシガメのようです。)

musi_20140830_DSC_0505.jpg

次はトビモンアツバのようです。この個体は翅頂部付近の黒い模様がはっきりしているので、トビモンアツバでいいようです。昨日の個体はこんなにはっきりしていなかったので違う種かもしれません。

tobimonatuba_20140830_DSC_0526.jpg

つぎはタイワンキシタアツバのようです。茶色っぽい後翅が見えています。

taiwankisitaatuba_20140830_DSC_0546.jpg

このあたりにいつもいる蛾がだいぶわかってきました。

2014年8月29日の立田山

今日も曇りで涼しくて静かな朝です。
サクラ池で地面近くに小さな蛾が止まってました。オートで焦点が合わないので手動で合わせました。今日の課題です。前翅長は11mm程度です。

gaSP1_20140829_DSC_0230.jpg

絞りを絞ると、前に草の葉がかぶってました。焦点が合わないはずです。ファインダーでは気づきませんでした。まだまだ修行が足りません。(ツトガのようです。)

gaSP1_20140829_DSC_0234.jpg

ここのキツネノマゴの花にもブルービーが来てました。

bluebee_20140829_DSC_0248.jpg

ミソハギの花には昨日の芋虫に似た色で二回りほど小さい芋虫がいました。昨日の芋虫はナカグロクチバの幼虫だと教えていただいたので、おそらくこれもナカグロクチバの若齢の幼虫のようです。

nakagurokutibaJJ_20140829_DSC_0273.jpg

タテハモドキの夏型が下向きにじっと留まってました。本当にきれいな色です。

tatehamodokiT_20140829_DSC_0282.jpg

一回りすると翅を開いてました。翅が破れてて残念、とその時は思ったんですが、手前の葉がかぶっていただけでした。やはり修行が足りません!

tatehamodokiH_20140829_DSC_0288.jpg

トンボの池で出会った小さい蛾は、ホシコヤガのようです。

hosikoyaga_20140829_DSC_0300.jpg

似た蛾がいました。こちらはトビモンアツバのようです。

tobimonatuba_20140829_DSC_0329.jpg

リュウキュウベニイトトンボがまた赤いイトトンボを食べてました。共食いかベニイトトンボを食べていたのかはわかりません。

ryu_beniito_20140829_DSC_0361.jpg

葉を裏返してもじっとしている蛾は、アワノメイガのようです。葉の上に留まったり、葉を裏返しても飛ばずにいてくれる種は限られているようで、既出の蛾ばかりでした。

awanomeiga_20140829_DSC_0387.jpg

2014年8月28日の立田山

朝から曇ってますが、気温が低めで涼しいです。クマゼミが鳴かずに静かな朝でした。
立田山ではツクツクボウシが少し鳴いてるだけでした。
秋の森まで来るとアブラゼミがたくさん鳴いて騒がしくなりました。
いつも立ち寄るナラカシワの木の近くにクロヒカゲもいつもいます。フラッシュ撮影でも絞りを開いておけばバックがあまり不自然にならないようです。この後雨が降ってきたので雨宿りをしました。

kurohikage_20140828_DSC_0075.jpg

雨が上がって再開です。ミソハギに大きな芋虫がいました。何の幼虫でしょうか。長さは60mm位です。とてもきれいな模様です。(ナカグロクチバのようです。)

imomusi_20140828_DSC_0085.jpg

トンボの池ではまたダイミョウセセリに出会いました。

daimyouseseri_20140828_DSC_0103.jpg

昨日の課題、コブノメイガを写せました。下から見上げる形なので、色がくすんだようになるようです。

kobunomeiga_20140828_DSC_0108.jpg

このあたりではヒメジャノメにもよく出会います。

himejanome_20140828_DSC_0114.jpg

キタキチョウがキツネノマゴの花に来てました。黄色味が強いきれいな個体です。

kitakityou_20140828_DSC_0122.jpg

白い変な形のものがあるな、と思ったら、蛾が交尾しているんでした。今日の課題です。(オビヒトリのようです。)

gaSP1_20140828_DSC_0154.jpg

交尾中は逃げないようなのでスケールと一緒に写してみました。前翅長は20~25mmの大きめの蛾です。

gaSP1_20140828_DSC_0170.jpg

下側から写すと、胸のところに赤味があって足は黒くおしゃれな蛾です。

gaSP1_20140828_DSC_0184.jpg

また、いつもの場所にリスアカネがいました。

risuakane_20140828_DSC_0195.jpg

南岸ではコブノメイガが細い枝に留まっているところを写せました。光の当たり方が違うせいか、上の写真とかなり違う感じがします。

kobunomeiga_20140828_DSC_0206.jpg

2014年8月27日の立田山

晴れが続きます。湿度が低いのか、さわやかな感じです。
いつもの場所にサトキマダラヒカゲがいましたが、色が違う感じだったので近寄ってみると翅が破れていて表面が見えていたためのようです。この種も翅を開いては留まらないのでラッキーだと思いましょう。

satokimadarahikage_20140827_DSC_9913.jpg

サクラ池のスイレンの花にモンキアゲハが来てました。きれいな色です。

monkiagehaT_20140827_DSC_9927.jpg

連写してなんとか表面も写しました。

monkiagehaH_20140827_DSC_9937.jpg

近くへ来て留まったので表面が写せると喜んだんですが、きれいな目立つ部分を隠して留まりました。

monkiagehaH_20140827_DSC_9952.jpg

キツネノマゴにシロオビノメイガが留まりました。この蛾は蝶と同じような行動をしています。

siroobinomeiga_20140827_DSC_9964.jpg

今日の課題です。葉の裏にしか留まらないのでなかなか撮影できなかった蛾です。背の高いススキの葉に留まったので、下から見上げて写すことができました。葉の幅は15mm程度なので、それより小さな蛾です。黄色地に黒線のなかなかきれいな蛾でした。(コブノメイガのようです。)

gaSP1_20140827_DSC_9980.jpg

近くの同様の葉にマダラミズメイガが留まりました。こちらは左手で葉を裏返しても留まったままなのでこんな感じに写せます。

madaramizumeiga_20140827_DSC_9987.jpg

ミソハギの花には今日もオオハキリバチが来てました。

oohakiribati_20140827_DSC_9993.jpg

トンボの池ではリュウキュウベニイトトンボが小さな蛾を食べてました。ヒメマダラミズメイガのようです。

ryu_beniito_20140827_DSC_0007.jpg

少し行ったところで今度はベニイトトンボが何かを食べてました。自分と同じような足です。リュウキュウベニイトトンボを食べていたようです。のんびり飛んでるように見えるイトトンボ類ですが、厳しい生存競争が繰り広げられているようです。

beniito_20140827_DSC_0010.jpg

もうベッコウハゴロモを蛾と間違えることはありません。

bekkouhagoromo_20140827_DSC_0023.jpg

スズメウリの雌花も写しておきました。この時点で結構大きな実がついてます。

suzumeuriF_20140827_DSC_0034.jpg

久しぶりにマークされたアオビタイトンボを見つけました。この種も個体数がずいぶん少なくなりました。

aobitai410_20140827_DSC_0047.jpg

これはカメムシの仲間のようです。

kamemusiSP_20140827_DSC_0056.jpg

コチャバネセセリも姿を見せてくれました。

kimadaraseseri_20140827_DSC_0066.jpg

2014年8月26日の立田山

少し雲は多いのですが、一応晴れてました。
豊国台への登り道でナツフジが咲いてました。こんなところで夏に花が咲くとは知りませんでした。

natuhuji_20140826_DSC_9758.jpg

トンボの池でどんな花が咲くか楽しみにしていたつぼみが開いてました。ボタンヅルより花が少し大きいセンニンソウのようです。

senninsou_20140826_DSC_9773.jpg

近くにタテハモドキの夏型が飛来しました。今季の初認のようです。裏面にも目玉模様があります。

tatehamodokiT_20140826_DSC_9775.jpg

近くに来て翅を開いてとまりました。れっきとしたタテハチョウの仲間なのにタテハモドキとは変な名前です。

tatehamodokiH_20140826_DSC_9784.jpg

スズメウリが小さな花を咲かせてました。

suzumeuri_20140826_DSC_9802.jpg

すぐ近くでイヌホオズキも咲いてました。今日は花を4種類も新しく見つけました。

inuhoozuki_20140826_DSC_9815.jpg

今日の課題です。なかなか面白い模様です。前翅長は9mm程度の小さな蛾です。(ヒメネジロコヤガでした。)

gaSP1_20140826_DSC_9829.jpg

ナカグロクチバはいつも写しづらい場所に留まります。しっかり前翅を閉じると二等辺三角形ですが、直角より鋭い角度でした。

nakagurokutiba_20140826_DSC_9841.jpg

水路でコオニヤンマを見かけました。この種はこの場所でしか見たことがないというのも不思議です。

kooniyanma_20140826_DSC_9877.jpg

2014年8月25日の立田山

早朝は晴れてたんですが、すぐに曇ってきたので歩いて出かけました。
昨日見つけたマルバルコウにツバメシジミがいました。表面が青い♂でした。

tubamesijimi_20140825_DSC_9585.jpg

登りで暗い藪に飛び込んだ鳥がいたので写してみたらヒヨドリでした。おなかがまだら模様です。くちばしを見ると幼鳥とも思えません。シャッター速度1/13なのに、手振れもせずにちゃんと写りました。

hiyodori_20140825_DSC_9600.jpg

豊国台ではクロヒカゲがいました。いつもトイレの近くにいるので写さないんですが、今日は少し離れてたので写してあげました。水色が濃くてきれいな色をしてました。

kurohikage_20140825_DSC_9602.jpg

湿性植物園のミソハギにはオオハキリバチが来てました。昨年のマルハナバチ調査の際にハチの名を教えてもらいました。

oohakiribati_20140825_DSC_9630.jpg

飛んでるのに翅が写った不思議な写真です。シャッター速度は1/2500ですが、これだけきちんと翅が写るためには羽ばたきがスローな瞬間だったのでしょう。

oohakiribati_20140825_DSC_9631.jpg

トンボの池ではカノコガがいました。

kanokoga_20140825_DSC_9641.jpg

この蛾も葉の下に止まりたがります。

kanokoga_20140825_DSC_9642.jpg

ツクツクボウシがジョロウグモにつかまってました。ピクリとも動かなかったので、もう毒液が注入されてたのでしょう。

tukutukubousi_20140825_DSC_9664.jpg

今日の課題1です。といっても蛾かどうかわかりません。

gaSP1_20140825_DSC_9682.jpg

課題1を横からも撮りました。後翅は退化しているようです。アニメのキャラクターのような面白い顔をしています。前翅長は8mm程度の小さな虫です。(アカハネナガウンカのようです。蛾ではありませんでした。)

gaSP1_20140825_DSC_9686.jpg

今日の課題2です。実際は左の頭を下に留まってました。前翅長19mm程度です。枯葉のようです。(アカエグリバのようです。)

gaSP2_20140825_DSC_9704.jpg

池ではトンボがほとんど見られませんでしたが、湿性植物園でショウジョウトンボの羽化直後のきれいな個体に出会いました。

syoujoutonbo_20140825_DSC_9720.jpg

また、北斜面の中腹ではアオビタイトンボに出会いました。

aobitaitonbo_20140825_DSC_9728.jpg

クリの実がずいぶん大きくなりました。ここでは競争が激しくてなかなか食べられるような実を入手できません。

kuriB_20140825_DSC_9743.jpg

花図鑑のためには花の写真がいるのに、忘れてたな、と思っていたら、狂い咲きでクリの花が咲いてました。これで花図鑑に追加できます。

kuri_20140825_DSC_9748.jpg

ムラサキシジミが見送ってくれました。飛んでるときは表面の紫色が見えてきれいですが、止まった時もシックな色合いではあります。

murasakisijimi_20140825_DSC_9733.jpg

2014年8月21日の立田山

雨ばかり降ってましたが、久しぶりに晴天です。
サクラ池の手前でクロヒカゲに出会いました。見た感じは真っ黒でした。

kurohikage_20140821_DSC_9375.jpg

サクラ池で小さな蛾に出会いました。本日の課題1です。前翅長は10mm位と思われます。(ホシコヤガと思われます。)

gaSP1_20140821_DSC_9384.jpg

枯葉に見える大きな蛾がいました。本日の課題2です。カキバトモエと似た感じです。両方の先端が欠けてますが、この状態で開帳は70mm程度です。大きいですね。(カキバトモエのようです。)

gaSP2_20140821_DSC_9405.jpg

お祭り広場は人がおらず、キジバトが悠然と歩いてました。

kijibato_20140821_DSC_9425.jpg

トンボの池では小さな蛾に出会いました。本日の課題3です。最初は蛾だとは思わなかったんですが、写してみると蛾のようです。開帳は9mm程度の小さな蛾です。(マドガのようです。)

gaSP3_20140821_DSC_9440.jpg

ナカグロクチバがいました。後翅をかなり見せた状態で、これでは直角二等辺三角形になりません。

nakagurokutiba_20140821_DSC_9443.jpg

カラムシの葉に大きな幼虫がいました。70mm程度の大きな幼虫です。(フクラスズメの幼虫のようです。)

kemusi_20140821_DSC_9468.jpg

またリスアカネがいました。♀は見かけないのに、この♂は何をしているのでしょうか。

risuakane_20140821_DSC_9469.jpg

また小さな蛾がいました。本日の課題4です。前翅長は7mm程度です。(ウスコカクモンハマキのように思われます。)

gaSP4_20140821_DSC_9495.jpg

課題4が別の葉に移動しました。後翅が少し見えてます。リンゴコカクモンハマキと似ています。

gaSP4_20140821_DSC_9507.jpg

キツネノマゴの花にダイミョウセセリが来てました。先日、蛾と間違えました。

daimyouseseri_20140821_DSC_9532.jpg

面白い模様の甲虫がいました。葉の上を蛾が止まってないかずっと見回ってるので、面白いものを見つけます。

koutyuu_20140821_DSC_9546.jpg

トンボの池の水面にマダラミズメイガが止まりました。ヒシの葉の上ではなく水面に浮いて止まってるようで驚きました。

madaramizumeiga_20140821_DSC_9553.jpg

最後に自転車を止めてある水飲み場のところに黄色い蛾がいました。本日の課題5です。ヒメウコンエダシャクに似ています。開帳は28mm程度です。(ヒメウコンエダシャクのようです。)

gaSP5_20140821_DSC_9576.jpg

2014年8月18日の立田山

早朝には晴れてたんですが、すぐに曇ってきました。
サクラ池では小さな蛾に出会いました。昨日の課題1と似てますが、少し違うので本日の課題1としておきます。前翅長は10mm程度で昨日の課題1と同じです。

gaSP1_20140818_DSC_9292.jpg

似たような蛾がいました。少し翅を開いて止まってました。おかげで後翅が見えます。課題1と少し模様が違うようですが、同種かもしれません。これも一応課題2としておきます。(1も2もフタオビコヤガと思われます。)

gaSP2_20140818_DSC_9300.jpg

課題2が少し飛んで翅を閉じて止まりました。前翅長は11mm程度で、ほんの少し大きい蛾です。

gaSP2_20140818_DSC_9308.jpg

ヒメムカシヨモギが咲いてました。これは意外とあまり見かけません。

himemukasiyomogi_20140818_DSC_9315.jpg

シロモンノメイガが逆さに止まってました。

siromonnomeigaT_20140818_DSC_9331.jpg

飛んで、うまく上向きに止まりました。きれいな蛾です。開長は20mm程度の小さな蛾です。

siromonnomeigaH_20140818_DSC_9340.jpg

イトトンボを写しました。足に赤味があったので、未成熟のベニイトトンボかとも思ったんですが、腹部がかなり黒っぽいので違うようです。結局これもなんだかわかりませんでした。

itotonboSP_20140818_DSC_9346.jpg

この後、雨が激しく降り出したのですごすごと引き上げました。また自転車を濡らしてしまいました。

2014年8月17日の立田山

今朝は久しぶりに晴れました。日照があると暑くなるな、と思いましたが、ときどき雲も広がってそれほど暑くはありませんでした。
トンボの池には小さな蛾が沢山います。これだけいると、たまに葉の上に止まっているのもいるわけです。本日の課題1です。前翅長は10mm程度です。

gaSP1_20140817_DSC_9121.jpg

本日の課題2です。模様がはっきりしないので識別が難しそうです。ウスフタスジシロエダシャクと似てますが、これは開長が18mm程度でかなり小さいです。(ウスキクロテンヒメシャクと思われます。)

gaSP2_20140817_DSC_9143.jpg

本日の課題3です。これも模様がほとんどないので難しそうです。前翅長は9mm程度の小さな蛾です。

gaSP3_20140817_DSC_9163.jpg

本日の課題4は直角二等辺三角形です。オオウンモンクチバに似ており、近縁でしょう。(オオウンモンクチバの別タイプと思われます。)

gaSP4_20140817_DSC_9198.jpg

本日の課題5です。模様の特徴があるのでわかりやすいかもしれません。前翅長は11mm程度です。(トビモンアツバと思われます。)

gaSP5_20140817_DSC_9207.jpg

いつもの場所にリスアカネがいました。なぜこの場所がすきなのか不明です。

risuakane_20140817_DSC_9226.jpg

これはタイワンキシタアツバですね。後翅が茶色なのを確認しました。

taiwankisitaatuba_20140817_DSC_9247.jpg

次もタイワンキシタアツバで、別個体です。これは茶色の後翅が少し見えてます。

taiwankisitaatuba_20140817_DSC_9253.jpg

ヤマナシの実が熟してきたようなので、試食してみました。みずみずしい感じでしたが甘くなく、美味しくはありませんでした。食べられないほどまずいというわけでもありません。

yamanasi_20140817_DSC_9261.jpg

翅がボロボロのイシガケチョウがいました。激しく争ったんでしょうか。

isigaketyou_20140817_DSC_9265.jpg

2014年8月15日の立田山

今朝は雨が降っており、あきらめて蛾の検索ををしていたら雨が止んだので出かけました。
昨日のオレンジ色の小さな虫は蛾ですよ、とメールをもらっていたので、ちゃんとした写真が撮りたいと思って昨日の場所に行ってみました。いました、いました、キンバネチビトリバです。しっかり翅を拡げても開長は10mm程度です。

kinbanetibitorigaH_20140815_DSC_8974.jpg

横から見るとこんな写真になります。こういう小さい虫のためにはマクロレンズが必要ですね。それにしても不思議な蛾です。

kinbanetibitorigaT_20140815_DSC_8988.jpg

トンボの池に着くと、蛾を見つけたと思ったんですが、翅の感じはベッコウハゴロモと同じ感じなのでカメムシの仲間なんでしょう。シックな色です。(アミガサハゴロモのようです。)

hagoromoSP_20140815_DSC_9033.jpg

裏から見ると体はセミのようです。

hagoromoSP_20140815_DSC_9037.jpg

ちいさい蛾が葉の上に止まってました。本日の課題その1です。前翅の長さが6~7mmの小さな蛾です。(ヒメネジロコヤガのようです。)

gaSP1_20140815_DSC_9059.jpg

今日も二等辺三角形がいました。本日の課題その2です。なお、昨日の二等辺三角形(8/14課題1)はオオウンモンクチバのようで、これもその近縁でしょう。(ナカグロクチバと思われます。)

gaSP2_20140815_DSC_9071.jpg

また、ちいさい蛾が葉の上に止まってました。本日の課題その3です。前翅の長さが7~8mmの小さな蛾です。(リンゴコカクモンハマキか同じ属のどれかの蛾と思われます。)

gaSP3_20140815_DSC_9088.jpg

ゴロゴロと雷が鳴り、雨が降る中を帰りました。

2014年8月14日の立田山

今朝も曇りです。ぱらぱら降る雨も気にせず出かけました。
湿性植物園のミソハギにはホシホウジャクが来てました。ハチドリのような感じです。

hosihoujaku_20140814_DSC_8727.jpg

トンボの池で直角二等辺三角形がいました。本日の課題その1です。アシブトクチバに似てますね。(オオウンモンクチバのようです。)

gaSP1_20140814_DSC_8739.jpg

キタキチョウが交尾してました。このまんま飛び立ちました。

kitakityouP_20140814_DSC_8752.jpg

近くにクロコノマチョウがいました。きれいな♀のようです。

kurokonomatyou_20140814_DSC_8754.jpg

昨日のスズメバチ騒動で奥の林道が通行禁止になってました。池に戻ると昨日の課題と同じ、アワノメイガがいました。葉の裏に止まってたのを左手で裏返しながらの撮影です。

awanomeigaH_20140814_DSC_8761.jpg

この蛾も裏面は普通に写せます。

awanomeigaT_20140814_DSC_8757.jpg

ママコノシリヌグイが枝を伸ばしてきました。結構痛いトゲです。

mamakonosirinugui_20140814_DSC_8779.jpg

これも初見ですが、ベッコウハゴロモに似た透き通った翅がとてもきれいな虫がいました。蛾ではなくカメムシの仲間のようで、スケバハゴロモというそうです。(これはヒトツメハゴロモかもしれません。)

sukebahagoromo_20140814_DSC_8781.jpg

本日の課題その2です。横から見た写真です。前翅の長さは13mm程度です。(タイワンキシタアツバのようです。)

gaSP2_20140814_DSC_8801.jpg

飛んで葉の上に止まってくれました。上から見た写真です。

gaSP2_20140814_DSC_8824.jpg

次は本日の課題その3です。葉の裏なのでうまく写せませんでした。黒地に白い班がきれいな蛾でした。開長は5cm位ありそうでした。(これはダイミョウセセリのようです。蝶も蛾のように思ってしまうほど蛾にはまってるようです!)

gaSP3_20140814_DSC_8828.jpg

去年はアオモンイトトンボが沢山いたのにな、と考えていると、アオモンイトトンボが交尾してました。この種は交尾時間が大変長いそうです。

aomonitoP_20140814_DSC_8832.jpg

サクラ池の東側でホオアカに出会いました。立田山では初撮影です。

hooaka_20140814_DSC_8844.jpg

最後に出会ったこの虫は何でしょうか。本日の課題その4です。キツネノマゴの花から飛び立って笹の葉の裏に止まりました。せいぜい5mm位の小さな虫です。4枚出てるのは羽のようですがよくわかりません。こんなものがいるんですね。(キンバネチビトリガという蛾のようです。8/15のブログを見てください。)

musi_20140814_DSC_8896.jpg

2014年8月13日の立田山

今朝も曇っており、雨も少し降ってましたが、晴れの予報を信じて自転車で出かけました。
サクラ池に着くころには日が照り始めました。シロオビノメイガが葉の上に止まってました。模様がはっきりしているので目立つ蛾です。

siroobinomeiga_20140813_DSC_8544.jpg

イチモンジセセリもいました。久しぶりに見たような気がします。

itimonjiseseri_20140813_DSC_8553.jpg

今日の課題を見つけました。葉の裏に止まっているのを左手で裏返しつつ写したので、私の指が写ってます。既出かもしれません。前翅長は14mm程度です。

gaSP_20140813_DSC_8568.jpg

トンボ池の手前でゴイシシジミがいました。笹ではない葉の上に止まっているのは初めてのような気がします。真ん丸な感じの♀のようですね。なんともかわいい蝶です。

goisisijimiF_20140813_DSC_8588.jpg

トンボの池のキツネノマゴに今日もトラマルハナバチが来てました。今朝見たインターネットに関するスーパープレゼンテーションの中で、「トラマルハナバチは太った体に比べてとても小さな翅で飛べるわけがないとされていたのにその飛行の秘密が3年ほど前に解明された、要するに猛スピードで羽ばたいてるんだ。」という話があったのを思い出しました。インターネットとの関わりが説明されてなかったんですが、パケット転送が猛スピードでなされていると言いたかったのでしょうか?

toramaruhanabati_20140813_DSC_8609.jpg

昨日撮影してトラマルハナバチの写真を改めて見ると、翅が全く見えません。シャッター速度は1/1600です。ヘリコプターなら回転翼が静止して写るシャッター速度です。このハチの羽ばたき速度は凄いようです。

maruhanabatiL_20140812_DSC_8420.jpg

ヒメマダラミズメイガが葉の上に止まってました。この状態だとカメラを両手で持って写せるのできれいに撮れます。

himemadaramizumeiga_20140813_DSC_8628.jpg

突然、けたたましいサイレンの音がして消防車と救急車が来ました。3人もハチに刺されて倒れている人もいるとのことです。気を付けないといけません。

kyukyuusya_20140813_DSC_8633.jpg

マダラミズメイガも葉の上に止まってました。これもいい写真が撮れました。

madaramizumeiga_20140813_DSC_8642.jpg

シダレザクラのところでまたリスアカネがいました。なぜこの場所を好むのかよくわかりません。

risuakane_20140813_DSC_8656.jpg

カラムシの葉に毛虫がいました。これは何の幼虫でしょうか。

kemusi_20140813_DSC_8661.jpg

帰りの湿性植物園で変わった色のトンボがいました。未成熟から成熟状態に変化中のショウジョウトンボのようです。

syoujoutonboQ__20140813_DSC_8696.jpg

2014年8月12日の立田山

今朝も曇っており、出がけに雨がぱらぱら降ってきました。しかし、すぐに止み、雲も薄くなりました。
最初はゴイシシジミかと思ったほど黒班が濃くて大きなヤマトシジミがいました。

yamatosijimi_20140812_DSC_8332.jpg

サクラ池ではまたマダラミズメイガが葉の裏に止まってました。

madaramizumeigaT_20140812_DSC_8340.jpg

葉をねじってやると蛾が葉の表に移ったので、そっと手を放すとうまく表面が撮影できました。なかなかきれいな色をしています。

madaramizumeigaH_20140812_DSC_8352.jpg

湿性植物園のミソハギには今日もブルービーが来てました。

biuebee_20140812_DSC_8373.jpg

昨日も撮影したシロオビノメイガも来てました。

siroobinomeiga_20140812_DSC_8376.jpg

少し先にツバメシジミがいました。蝶は葉の表に止まるので写しやすいですね。

tubamesijimiM_20140812_DSC_8386.jpg

トンボの池で葉の裏に蛾が止まってたので、茎ごと倒して写したら、ヒメマダラミズメイガでした。止まってる葉を多少動かしても飛ばないのはこれとマダラミズメイガだけのようです。

himemadaramizumeiga_20140812_DSC_8409.jpg

キツネノマゴの花にトラマルハナバチが来てました。花が小さすぎてアンバランスな気がしました。

toramaruhanabati_20140812_DSC_8420.jpg

葉の上に止まっていた白い蛾は、後翅が尖った感じのするマエキヒメシャクのようです。右の前翅が葉に引っかかって、後翅が全部見えてます。生態写真で後翅が全部見えるのはめったに撮れないでしょう。

maekihimesyaku_20140812_DSC_8438.jpg

この黄色い蛾は、これも昨日写したマエウスモンキノメイガのようです。

maeusumonkinomeigaH_20140812_DSC_8459.jpg

ハンゲショウは実を付けてました。

hangesyou_20140812_DSC_8463.jpg

真っ白な蛾がいました。本日の課題です。模様がほとんど見えないので識別が難しそうです。開長は29mm程度と思われます。

gaSP1_20140812_DSC_8507.jpg

トンボの池でよく見るヒメジャノメがいました。茶色の目がかわいいです。

himejanome_20140812_DSC_8510.jpg

きれいなクモがいました。

kumoSP_20140812_DSC_8514.jpg

帰り道でベニバナボロギクが咲いてました。ダンドボロギクという名前が記憶の底から出てきたんですが、少し違ってました。

benibanaborogiku_20140812_DSC_8518.jpg

最後にムラサキシジミが見送ってくれました。表面はきれいですが、裏面はこんな色です。

murasakisijimi_20140812_DSC_8529.jpg

道端にオオバナコマツヨイグサがたくさん咲いてました。これもコマツヨイグサだと思ってたんですが、図鑑を見るとオオバナコマツヨイグサのようです。

oobanakomatuyoigusa_20140812_DSC_8537.jpg

2014年8月11日の立田山

台風一過で晴れるかと思いきや、曇ってました。おかげで涼しい朝でした。
いつものルートは草刈りをしていたので、中央展望台への道を登りました。南展望台への分岐付近でマユタテアカネがいました。未成熟の♂で、羽化からあまり時間がたってないようで翅がきらきら光ってました。

mayutateakaneM_20140811_DSC_8187.jpg

近くに萩の花が咲いてました。ヤマハギでしょうか。季節は秋ですね。

yamahagi_20140811_DSC_8192.jpg

いつものナラガシワの大木のまわりにサトキマダラヒカゲが3頭ほど飛び回ってました。止まって樹液を吸ってるようでした。

satokimadarahikage_20140811_DSC_8204.jpg

サクラ池の横でマダラミズメイガが裏面を見せて宙に浮いてました。蜘蛛の糸に止まっているようです。生きてる蛾の完全な裏面を写せるのはめったにないでしょう。表面も写してやろうと糸に手を伸ばすと飛び立ったので、蜘蛛の糸にかかっていたわけではないようです。

madaramizumeigaT_20140811_DSC_8213.jpg

湿性植物園ではスイレンがきれいに咲いてます。夏の暑い時期に目を楽しませてくれます。

suiren_20140811_DSC_8220.jpg

ミソハギに蛾もきます。しかしたいてい下向きに止まります。これでは何かわかりません。

gaSP1T_20140811_DSC_8240.jpg

この蛾は珍しく花の上に止まりました。本日の課題その1です。前翅長11mm程です。(シロオビノメイガと思われます。)

gaSP1H_20140811_DSC_8253.jpg

トンボの池では小さな蛾が細い蔓に止まったので、つまんでねじってやると表面が見えました。ヒメマダラミズメイガもようです。

himemadaramizumeigaH_20140811_DSC_8278.jpg

ねじりを戻して裏面も写しておきました。この裏面では識別は難しいですね。マダラミズメイガは裏面でもだいたいわかりましたが、そんな蛾は珍しいのでしょう。

himemadaramizumeigaT_20140811_DSC_8280.jpg

クサネムが咲きました。これは花が咲くのを待ってました。

kusanemu_20140811_DSC_8295.jpg

また蛾が葉の裏に止まりました。

gaSP2T_20140811_DSC_8312.jpg

葉の先をつまんでそっと裏返すと、表面が撮れました。本日の課題その2です。こういう模様がはっきりしない種は難しいですね。前翅長10mm程です。(マエウスモンキノメイガと思われます。)

gaSP2H_20140811_DSC_8314.jpg

サクラ池を過ぎたところで昨日も写したフタテンオエダシャクがいました。昨日は一部が葉に隠れてたので、今日は全体が撮れたと思って喜んだんですが、一部の翅が欠けてました。残念!

hutatenoedasyaku_20140811_DSC_8322.jpg

2014年8月10日の立田山

昨日は台風が来てるというので、レーダーナウキャストを見ると赤いスポットが熊本に近づいてくるので、自宅でおとなしくしていました。ところが、台風はどんどんと東へそれていき、熊本ではほとんど雨も降らず風も吹きませんでした。
秋の森で出会った蛾です。本日の課題その1です。開長は19mm程度の小さな蛾です。ヒトリシズカの葉に止まってました。(ウラベニエダシャクのようです。)

gaSP1_20140810_DSC_8044.jpg

サクラ池ではヒシの花が咲き始めました。池の全面をヒシが覆っているのでこれからたくさん花が咲くでしょう。

hisi_20140810_DSC_8062.jpg

トンボの池では小さなイトトンボが止まってました。見慣れないな、と思ったんですが、クロイトトンボの♀のようです。♂はよく見るんですが、♀単独というのはあまり見かけません。

kuroitotonboF_20140810_DSC_8083.jpg

少し先でクロイトトンボが交尾してました。目の高さくらいのところだったので、交尾の様子がよくわかります。

kuroitotonboP_20140810_DSC_8095.jpg

リスアカネがいました。シダレザクラの枝に止まってました。

risuakane_20140810_DSC_8125.jpg

この花は、人の名前がついてたような覚えがありました。帰ってキク科を調べるとタカサブロウでした。蛾も見ただけで科がわかればいいんですが。

takasaburou_20140810_DSC_8129.jpg

蛾がいました。本日の課題その2です。先日写したタカオシロヒメシャク?とよく似ています。開長は27mm程度です。(マエキヒメシャクのようです。)


gaSP2_20140810_DSC_8145.jpg

トンボの池から道路を渡ったところにオオキツネノカミソリが咲いてました。キツネノカミソリだと思ったんですが、この花のように雄蕊と雌蕊が花弁の外に突き出しているのはオオキツネノカミソリだそうです。

ookitunenokamisori_20140810_DSC_8159.jpg

サクラ池の方でも蛾がいました。本日の課題その3です。右端が葉に隠れてます。開長は24mm程度と思われます。(フタテンオエダシャクだと思われます。)

gaSP3_20140810_DSC_8167.jpg

サクラ池の東の湿地にガマがたくさん生えてます。茶色い花の部分は15cm位ありとても大きいです。やはり先日湿性植物園で見たのはコガマのようです。

gama_20140810_DSC_8171.jpg

秋の森を登っていくとツブラジイの結構大きい木が倒れてました。枯れ木ではないんですが、かなり弱ってた木のようです。

touboku_20140810_DSC_8178.jpg

昨日はやはり家でおとなしくしていたのが正解だったようです。

2014年8月8日の立田山

台風のせいで曇り空です。自転車に乗ろうとしたらパンクしていたので歩いて行きました。豊国台付近で雨が降り出しましたが、そのうちやむだろうと思って傘をさして歩いていたら、サクラ池の手前で止みました。
さっそく、サトキマダラヒカゲを見つけました。このあたりにいつもいるようです。しかし、樹液が出ている付近にはスズメバチも来るので長居は無用です。

satokimadarahikage__20140808_DSC_7958.jpg

湿性植物園の水面を飛んで行ったのは、カワセミでした。手頃な魚をくわえてます。

kawasemi_20140808_DSC_7982.jpg

首をねじって魚を木に打ち付けます。

kawasemi_20140808_DSC_7984.jpg

やわらかくなった魚を頭から呑み込みます。

kawasemi_20140808_DSC_7995.jpg

近くにガマがありました。これも花ですね。小さいようなのでコガマかもしれません。

gama_20140808_DSC_7998.jpg

トンボの池の岸辺にツユクサ(左)とマルバツユクサ(右)が並んで咲いてました。花の大きさの違いがよくわかります。水色の色相も少し違うようですね。

tuyukusa_20140808_DSC_8013.jpg

このあたりには大きなナガコガネグモがあちこちに網を張ってます。

nagakoganegumo_20140808_DSC_8021.jpg

ミソハギにいたオオチャバネセセリが飛び立ったところです。空中姿勢が面白いですね。

ootyabaneseseri_20140808_DSC_8023.jpg

ボタンヅルが気になったので再度見てきました。昨日は花がまだ開ききってなかったようです。しっかり咲くとボタンヅルのように見えました。

botanduru_20140808_DSC_8028.jpg

2014年8月7日の立田山

久しぶりの晴天です。しかし、晴れれば暑くなります。
竹林の入り口付近でツル植物の花が咲いてました。ボタンヅルでしょうか。感じが違う気がしてます。

botannduruQ_20140807_DSC_7820.jpg

このところ雨が多かったので、秋の森ではキノコがたくさん生えてます。

kinoko_20140807_DSC_7824.jpg

サクラ池にモノサシトンボがいました。こちらの池ではあまり見かけません。

monosasitonbo_20140807_DSC_7838.jpg

水路ではキセキレイが餌を探しているようでした。

kisekirei_20140807_DSC_7865.jpg

トンボの池ではリュウキュウベニイトトンボが小さなハエのようなものを食べてました。毎日のように何かを食べている場面に出くわします。

ryu_beniito_20140807_DSC_7880.jpg

奥の方にアキノノゲシが咲いてました。これから夏本番ですがもう立秋なので季節は秋に移りつつあるようです。

akinonogesi_20140807_DSC_7887.jpg

緑色のきれいな蜘蛛が網を張ってました。空中の小さい蜘蛛を写すのは難しいですね。(ワキグロサツマノミダマシのようです。)

kumoSP_20140807_DSC_7893.jpg

リスアカネがいました。成熟したアカトンボ類を今季初めて見ました。

risuakane_20140807_DSC_7922.jpg

トンボの池の上にはウスバキトンボがたくさん飛んでますが、これもうまく写せません。

usubakitonbo_20140807_DSC_7929.jpg

足元にはエノキグサがありました。

enokigusa_20140807_DSC_7939.jpg

葉腋に小さな花を咲かせてます。もう実ができているようです。

enokigusa_20140807_DSC_7937.jpg

チョウトンボの交尾です。

tyoutonboP_20140807_DSC_7941.jpg

一瞬の後に離れます。後ろ(左)の雌が後ろに飛んで離れた様子がわかります。トンボは後ろには飛ばないと言われてますが、必要があれば後ろ向きにも自由に飛べるようです。

tyoutonbo_20140807_DSC_7942.jpg

ワルナスビは沢山実を付けてます。

warunasubi_20140807_DSC_7946.jpg

サクラ池の近くの林道で「蛾がいるよ!」と呼んでいただきました。ちょっと前に「最近、蛾にはまってる」と言ってあったのがよかったようです。暗いところに大きな蛾が止まってました。開帳を測ろうとしたら飛んでしまいましたが、100mmはあるような大きな蛾でした。今日の課題その1です。(カキバトモエだと教えていただきました。)

gaSP2_20140807_DSC_7953.jpg

ついでに自宅で写した蛾です。今日の課題その2です。こちらは小さくて前翅の長さは10mm程度です。(カシノシマメイガのようです。)

gaSP1_20140807_DSC_7811.jpg

2014年8月6日の立田山

曇りですが、久しぶりに雨が降りそうにない天気でした。
森林総研の近くのノゲシの花にヤマトシジミが来てました。表面が黒っぽい♀のようです。

yamatosijimi_20140806_DSC_7702.jpg

ヤブミョウガの実が熟してきました。何かのエサになるのでしょうか。

yabumyouga_20140806_DSC_7706.jpg

サクラ池の手前の林でサトキマダラヒカゲが2~3頭群れ飛んでました。♂♀がわかりません。

satokimadarahikage_20140806_DSC_7713.jpg

コジャノメも一緒でした。

kojanome_20140806_DSC_7715.jpg

湿性植物園のミソハギにはオオチャバネセセリが止まってました。セセリチョウはこれから増えてくるのでしょう。

ootyabaneseseri_20140806_DSC_7736.jpg

トンボの池の周りには小さな蛾が沢山います。しかし、みんな葉の裏に止まるのでなかなか写せません。葉や茎をつまんでねじっても飛ばないものしか写せません。やっと写したら、一昨日写したヒメマダラミズメイガのようです。

himemadaramizumeiga_20140806_DSC_7757.jpg

鳥の糞かと思いましたが、よく見ると蛾のようです。前翅の長さは23mm程度でした。今日の課題その1です。(これはモンクロシャチホコだと教えていただきました。)

gaSP1_20140806_DSC_7778.jpg

横から見るとこんな感じで、確かに足が見えてます。

gaSP1_20140806_DSC_7785.jpg

全然逃げないので正面からも写しました。こんな顔です。

gaSP1_20140806_DSC_7789.jpg

葉の上に止まっている小さな蛾がいました。拡大してみるとヒメマダラミズメイガと似た模様ですが色は違います。今日の課題その2です。開帳は12mm程の小さな蛾です。

gaSP2_20140806_DSC_7793.jpg

近くにきれいな蜘蛛がいました。気が向いたらこれも調べましょう。

kumoSP_20140806_DSC_7799.jpg

リュウキュウベニイトトンボが蛾を食べてました。課題その2の蛾のようです。

ryu_beniito_20140806_DSC_7805.jpg

2014年8月5日の立田山

どんよりと曇っていましたが、とりあえず立田山に向かいました。立田山の入り口付近で雨が降り始め、豊国台に着くころには本降りになりました。少し雨宿りをして様子を見てたんですが、やみそうにもなかったのですごすごと帰りました。
マンションの階段で黄色のきれいな蛾を見つけました。開帳を測るのを忘れましたが、原画像のピクセル数から換算すると約27mmと思われます。(ヒメウコンエダシャクと思われます。)

gaSP_20140805_DSC_7682.jpg

上下反転したら影が上にできるのでなんか不自然ですね。

2014年8月4日の立田山

朝起きたら雨がかなり降ってました。このところ台風の影響で雨ばかりなので、雨がやむとすぐに立田山に出かけました。
はがきを出しに行ったので、いつもとは違うコースで立田山に入ろうとしたら、大きなトロロアオイの花が咲いてました。花にカマキリが止まってました。花に来る虫を狙ってるのでしょう。

tororoaoi_20140804_DSC_7512.jpg

少し先にはフヨウが咲いてました。ムクゲかと思いましたが、この葉はフヨウの葉のようです。

mukuge_20140804_DSC_7521.jpg

秋の森の下部で苔の上に蛾が止まってました。今日の課題の蛾その1です。開帳を測るのを忘れましたが、20~30mmの小さな蛾です。(ヒメクロホシフタオかクロホシフタオのようです。)

gaSP1_20140804_DSC_7527.jpg

湿性植物園のミソハギには幸せを呼ぶ(?)ブルービー(ルリモンハナバチ)が来てました。足にも青い毛があります。花の色とよく合ったきれいな色調です。幸せのおすそわけです!

bluebee_20140804_DSC_7548.jpg

連写するとこういう飛んでるところがたまに写ります。

bluebee_20140804_DSC_7550.jpg

トンボの池ではチョウトンボの交尾を写せました。この種は交尾時間が短いので1枚だけしか写せません。直後に分かれて♀は産卵してました。

tyoutonboP_20140804_DSC_7574.jpg

体も翅も黄色いのは羽化したばかりのショウジョウトンボでしょう。きれいです。

syoujoutonbo_20140804_DSC_7586.jpg

トンボの池の中の草に大きな蛾が止まりました。池の中なので角度を選べません。これでも少し池の中に踏み込んで写しました。今日の課題の蛾その2です。開帳は測れませんでしたが、50mm以上はあると思います。(オスグロトモエのようです。)

gaSP2_20140804_DSC_7591.jpg

池辺にはヤブランが咲いてました。これもなかなかきれいな花です。

yaburan_20140804_DSC_7601.jpg

今日の課題の蛾その3です。これも開帳を測れませんでしたが、20~30mmの小さな蛾です。(モンウスグロノメイガのようです。)

gaSP3_20140804_DSC_7606.jpg

今日の課題の蛾その4です。これはきれいなオレンジ色です。翅の長さは20mm程度です。(スジベニコケガのようです。)

gaSP4_20140804_DSC_7627.jpg

今日の課題の蛾その5です。なんともシックな模様で、洋服に採用できそうです。開帳は36mmでした。(ギンツバメと思われます。)

gaSP5_20140804_DSC_7647.jpg

今日の課題の蛾その6です。翅の長さは12mm程の小さな蛾です。トンボの池はトンボだけでなくいろんな蛾もいて面白い場所です。(ヒメマダラミズメイガ と思われます。)

gaSP6_20140804_DSC_7658.jpg

2014年8月1日の立田山

家を出ようとしたら雨がざっと降ってきたので、とりあえずごみを捨てに行ったら雨が止んだので歩いて立田山に行きました。
シジミチョウが翅を開いて止まってました。水色がとてもきれいです。小さな尾が見えるのでツバメシジミのようです。

tubamesijimiMH_20140801_DSC_7425.jpg

シロツメクサの花に移動したので裏面も写せました。確かにツバメシジミです。

tubamesijimiMT_20140801_DSC_7431.jpg

ノゲシの花が咲いてました。もうシーズンも終わりだと思いますが、いい写真が無かったので丁度良かったです。

nogesi_20140801_DSC_7440.jpg

オオアレチノギクが咲いてました。先週、東京に行った際に世田谷の遊歩道で咲いてるのを見てたので、こちらでも咲いてるはずだと思ってたんですが、ようやく見つけました。

ooaretinogiku_20140801_DSC_7445.jpg

暗いところでミズヒキが咲いてました。拡大してみるととてもきれいな花です。フラッシュで撮影してます。

mizuhiki_20140801_DSC_7463.jpg

ミズヒキの葉はとても大きいですね。

mizuhiki_20140801_DSC_7464.jpg

クサギの花も咲き始めました。この花にはアゲハチョウの仲間がたくさん来るので楽しみです。今日はモンキアゲハが来てましたが写せませんでした。

kusagi_20140801_DSC_7470.jpg

豊国台付近で雨が降り出したのですごすごと帰りました。
プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR