2014年9月30日の立田山

今日は曇りでもやがかかったように遠くが見えません。
竹林入口にはマユタテアカネの♀がいました。水辺から離れたところでも見かけます。

mayutateakane_20140930_DSC_5961.jpg

小さなセンダンヒメハマキが飛び回ってます。ど派手な模様はどういう意味があるのでしょうね。小さいのでこれだけ派手でも目立ちません。

sendanhimehamaki_20140930_DSC_5976.jpg

湿性植物園のミソハギにはワタヘリクロノメイガの♂がひっそりと留まってました。お尻は動かしてませんでした。♀を見たいのですが、見つかりません。

wataherikuronomeiga_20140930_DSC_6003.jpg

今日の課題1を見つけました。開帳は23mm程度です。特徴的な模様があるのでわかりやすいでしょう。(キトガリヒメシャクのようです。)

gaSP1_20140930_DSC_6026.jpg

少し下から見ると後翅の全体が見えました。

gaSP1_20140930_DSC_6041.jpg

トンボの池にはコガモが渡ってきてました。遠路ご苦労様でした。

kogamo_20140930_DSC_6058.jpg

帰りのサクラ池では後翅が尖った感じのマエキヒメシャクがいました。開帳は30mm位ありました。

maekihimesyaku_20140930_DSC_6088.jpg

テンクロアツバもいました。この種もあちこちで見かけます。

tenkuroatuba_20140930_DSC_6106.jpg

竹林入口では今日の課題2がいました。前翅長は9mm程度です。模様が全くないので難しそうです。(ヤネホソバのようです。)

gaSP2_20140930_DSC_6140.jpg

横から見ると黒いかわいい目をしてました。

gaSP2_20140930_DSC_6145.jpg
スポンサーサイト

2014年9月29日の立田山

昨日も立田山には来たんですが、孫たちとアスレチックをしただけで帰りました。今日もいい天気ですが、遠くはかすんで見えません。
竹林入口では朝露で葉がびっしょりと濡れてました。今日の課題は朝露に翅がとられて飛べないようでした。前翅長は7mm程度です。

gaSP_20140929_DSC_5778.jpg


湿性植物園のミソハギにはヒメエグリバが飛来しました。じっと留まってれば全く気が付かないでしょう。

himeeguriba_20140929_DSC_5819.jpg

場所を変えておなかが見えました。

himeeguriba_20140929_DSC_5825.jpg

トンボの池の奥の水路の木に見慣れない模様の蝶がいました。

ruritatehaT_20140929_DSC_5830.jpg

翅を少し拡げたので、ルリタテハだとわかりました。

ruritatehaH_20140929_DSC_5848.jpg

サワトラノオの湿地にはクロコノマチョウがいました。この付近でウスイロコノマチョウを昨年写したので探してるんですが、クロコノマチョウでした。

kurokonomatyou_20140929_DSC_5866.jpg

トンボの池にはオオアオイトトンボがいました。春には羽化したばかりの個体をたくさん見たんですが、成熟個体がようやく戻ってきたようです。

ooaoitotonbo_20140929_DSC_5871.jpg

スズメウリの実が熟していい色になってきました。真ん丸で美味しそうです。

suzumeuriB_20140929_DSC_5874.jpg

蛾は葉の裏にばかり留まるので、鏡を持ってきました。マダラミズメイガで練習してみました。背後が空になってしまうので、撮影が難しいですね。

madaramizumeiga_20140929_DSC_5885.jpg

これは鏡を使ってません。ヒメトガリノメイガのようです。

himetogarinomeiga_20140929_DSC_5894.jpg

こちらはタイワンキシタアツバのようです。類似種がいるので撮影して確かめてます。

taiwankisitaatuba_20140929_DSC_5895.jpg

ヤマハッカの花もかたまって咲くときれいです。

yamahakka_20140929_DSC_5908.jpg

戻った竹林入口にはテンクロアツバがいました。9/24に写した個体と地色と線の色が反転しているようです。

tenkuroatuba_20140929_DSC_5949.jpg

2014年9月27日の立田山

一応晴天ですが、雲が多めで気温も高めでした。
竹林入口で蛾を探しました。最初に見つけたのは、模様がはっきりしない課題1です。ヒメシャク亜科と思われますが、模様が薄いのでわかりにくいですね。開帳は19mm程度です。(ギンバネヒメシャクのようです。)

gaSP1_20140927_DSC_5434.jpg

次に、マエキノメイガが葉の裏に留まってました。フラッシュを発光させると写りました。前翅長は12mm程度です。

maekinomeiga_20140927_DSC_5453.jpg

次の課題2は9/24の課題と同じかもしれません。前翅長は7mm程度です。これも模様が無いので難しそうです。

gaSP2_20140927_DSC_5463.jpg

課題3は極小サイズです。前翅長は4mm程度です。(オドリハマキモドキのようです。)

gaSP3_20140927_DSC_5495.jpg

この課題3は翅をかなり立てて留まるので、上から見ると腹部が見えます。

gaSP3_20140927_DSC_5477.jpg

課題4はまた模様がありません。前翅長は8mm程度です。ヒメシャク亜科と思われますが、これも難しそうです。(オオウスモンキヒメシャクのようですが、はっきりとはわかりません。)

gaSP4_20140927_DSC_5509.jpg

小さい奴はセンダンヒメハマキです。よく見かけるようになりました。

sendanhimehamaki_20140927_DSC_5517.jpg

課題5は大きめの蛾でした。開帳は42mm程です。これはわかりやすそうです。(ツマグロエダシャクのようです。)

gaSP5_20140927_DSC_5563.jpg

キアヤヒメノメイガもよく見かけます。

kiayahimenomeiga_20140927_DSC_5573.jpg

トンボの池まで行くと大きなトノサマガエルがいました。でっぷりと太ってます。

tonosamagaeru_20140927_DSC_5618.jpg

キンモクセイも一斉に開花しました。強烈な香りがします。

kinmokusei_20140927_DSC_5627.jpg

アオビタイトンボは少なくなりましたが、556番のマーク個体を見つけました。

aobitai556_20140927_DSC_5654.jpg

アオモンイトトンボは個体数が増えてきました。これから交尾をよく見られるようになるでしょう。

aomonitotonbo_20140927_DSC_5658.jpg

帰りの湿性植物園のミソハギにはナカグロクチバがいました。ナガコガネグモの巣にかかりそうになりましたが、この大きさだと平気なようです。

nakagurokutiba_20140927_DSC_5661.jpg

竹林入口で、本日の課題6がいました。茶色の紋があるのは初めて見ました。前翅長は10mm程度です。(チャバネキボシアツバのようです。)

gaSP6_20140927_DSC_5668.jpg

ツマグロヒョウモンが交尾してました。

tumagurohyoumonP_20140927_DSC_5688.jpg


課題7です。こんな感じの模様は初めて見ました。前翅長は10mm程度です。(ウスモモイロアツバのようです。)

gaSP7_20140927_DSC_5701.jpg

課題7を横から見ると前に毛が出ているようです。

gaSP7_20140927_DSC_5710.jpg

課題8です。これも模様がありません。前翅長は6mm位しかありません。

gaSP8_20140927_DSC_5724.jpg

課題9です。開帳は22mm程度で、課題1と同じようです。いろんな蛾がいるものです。

gaSP9_20140927_DSC_5752.jpg

2014年9月26日の立田山

快晴です。天気がいいとあまり蛾に出会えません。
竹林入口ではようやくキアヤヒメノメイガだけ写すことができました。

kiayahimenomeiga_20140926_DSC_5319.jpg

南展望台からの登り道でであったのは、サツマキノメイガのようです。前翅長は5mmしかない小さな蛾です。山の中でよく会います。

satumakinomeiga_20140926_DSC_5328.jpg

秋の森を抜けた林道ではヒメネジロコヤガを見つけました。

himenejirokoyaga_20140926_DSC_5334.jpg

近くにイトトンボが来ました。リュウキュウベニイトトンボの♀です。尾部の黒班がきれいに写ってました。

ryu_beniito_20140926_DSC_5336.jpg

サクラ池の手前ではマダラミズメイガが沢山います。この種は撮影に協力的です。

madaramizumeiga_20140926_DSC_5343.jpg

トンボの池にいたのは、カメムシの仲間でしょうか。

kamemusiSP_20140926_DSC_5353.jpg

ゲンノショウコは実が大きくなってきました。熟すと面白いはじけ方をします。

gennosyoukoB_20140926_DSC_5359.jpg

羽化したばかりのようなアオビタイトンボの♂がいました。今朝は結構気温が低かったんですが、まだ羽化できるようです。

aobitaiM_20140926_DSC_5368.jpg

湿性植物園横の水路にはコオニヤンマがいました。いつもこの場所で見るので、この水路で繁殖してるのかもしれません。

kooniyanma_20140926_DSC_5398.jpg

D水槽からの道の真ん中にシマヘビがこちらに飛びかかろうとするような攻撃的な感じでした。いつもは逃げていくんですが、何があったんでしょうか。

simahebi_20140926_DSC_5415.jpg

帰りに寄った竹林入口ではタカオシロヒメシャクがそっと留まってました。

takaosirohimesyaku_20140926_DSC_5423.jpg

2014年9月25日の立田山

すがすがしい晴天です。しかし、蛾にはなかなか出会えませんでした。
湿性植物園のミソハギまで行ってようやくチャノコカクモンハマキに出会いました。前翅長は8mm程度です。

tyanokokakumonhamaki_20140925_DSC_5205.jpg

別の場所にもう一個体いました。こちらもチャノコカクモンハマキのようです。

tyanokokakumonhamaki_20140925_DSC_5211.jpg

トンボの池ではミゾソバが満開を迎えてきれいに咲いてました。

mizosoba_20140925_DSC_5226.jpg

キンモクセイももうすぐ開花です。すこしいい匂いがし始めてました。

kinmokusei_20140925_DSC_5230.jpg

ヨモギの花も咲いています。

yomogi_20140925_DSC_5232.jpg

スズメウリの花にワタヘリクロノメイガが来て尻ふりダンスを始めました。動画を撮ろうとしたんですが、撮影ボタンを間違えて飛ばれてしまいました。しかし、少し下向きではありますが、何とか撮れたのをFacebookに投稿しますので見てください。この種もあちこちで見かけます。

wataherikuronomeiga_20140925_DSC_5244.jpg

ようやく新しい蛾を見つけた、と思ったんですが、トビモンアツバのようです。

tobimonatuba_20140925_DSC_5262.jpg

ショウキズイセンがきれいに咲いてました。

syoukizuisen_20140925_DSC_5281.jpg

マユタテアカネの未成熟の♂がいました。まだ赤くなってません。

mayutateakane_20140925_DSC_5294.jpg

このベニスジヒメシャクはあちこちで見られます。

benisujihimesyaku_20140925_DSC_5297.jpg

帰りの竹林入口で大きなアオムシがいました。葉の緑と同じ色です。(ウリキンウワバの幼虫ではないかとのことです。)

aomusi_20140925_DSC_5305.jpg

2014年9月24日の立田山

曇ってたんですが、自転車で行きました。五校の森に着いたら雨がポツポツ降り出したので、昨日の場所で少しだけ蛾を探しました。
小さな蛾がいました。本日の課題です。前翅長は5mm程度の極小サイズです。

gaSP1_20140924_DSC_5156.jpg

葉の裏に留まったのはシロノメイガです。裏側が撮れました。

siromonnomeiga_20140924_DSC_5169.jpg

上に留まってたのは、ホシコヤガのようです。黒い部分が薄くなってるようです。

hosikoyaga_20140924_DSC_5175.jpg

葉が重なった下に留まってたのは、テンクロアツバのようです。うまく見通せる場所を見つけました。

tenkuroatuba_20140924_DSC_5191.jpg

雨の中をカメラだけは濡らさないようにして帰りました。大雨になりそうです。

2014年9月23日の立田山

今日は息子の家でバーベキューなので、少しだけ蛾を探しに行きました。竹林入口で探しました。
小さい蛾が沢山いますが、みんな葉の裏に留まります。なんとか写したのが、本日の課題1です。前翅長は13mm程度で、この大きさだと小さい蛾の中では大きめで飛び回るのを追いかけるのが容易です。赤と黄の模様がなかなかきれいです。(ユウグモノメイガのようです。)

gaSP1_20140923_DSC_4960.jpg

葉の下に留まるのをよこから写せます。

gaSP1_20140923_DSC_4920.jpg

コブノメイガが沢山いるようです。この個体はこぶがある♂のようです。

kobunomeiga_20140923_DSC_4992.jpg

次は別個体でツツジの葉に留まったところを下から写しました。逆光の場合はフラッシュを発光させた方がよく写ることを覚えました。

kobunomeiga_20140923_DSC_5034.jpg

次も別個体で、葉を裏返して写しました。光が当たっているのできれいに写りました。前翅長は10mm程度です。これもこぶがある♂のようです。

kobunomeiga_20140923_DSC_5075.jpg

カラムシの葉の上に芋虫がいました。なかなかきれいです。前にも写した記憶があります。

imomusi_20140923_DSC_4996.jpg

ススキの葉に留まったところをゆっくり裏返して写しました。本日の課題2です。前翅長は10mm程度です。模様が細かいですね。(アワノメイガのようです。)

gaSP2_20140923_DSC_5021.jpg

カラムシの葉と言えば、フクラスズメの幼虫がいます。顔が黒いタイプですね。

hukurasuzume_20140923_DSC_5048.jpg

小さな蛾は、ヒメネジロコヤガのようです。前翅長は9mm程度です。

himenejirokoyaga_20140923_DSC_5069.jpg

葉の上に留まっている蛾がいました。本日の課題3です。開帳は22mm程度です。なかなかきれいな模様です。(オオシロモンノメイガのようです。)

gaSP3_20140923_DSC_5108.jpg

飛んで葉の裏に留まったので、裏面が写せました。

gaSP3_20140923_DSC_5123.jpg

また、葉の上に留まっている蛾がいました。本日の課題4です。前翅長は11mm程度です。シックな色合いです。(ウラジロアツバのようです。)

gaSP4_20140923_DSC_5124.jpg

一か所でじっくり探したほうがたくさん見られるようです。

2014年9月22日の立田山

今日も曇りです。一人で出かけました。
竹林入口のカラムシにはいろんな蛾がいます。今日の課題1です。前翅長は13mm程度です。今日は撮影助手がいないので、飛んだやつを追いかけきれないので、これだけで次へ行きました。(サビイロコヤガのようです。)

gaSP1_20140922_DSC_4631.jpg

ヤマハギが咲いてます。

yamahagi_20140922_DSC_4639.jpg

秋の森ではカツラの落ち葉が多くていい匂いがします。醤油をつけた餅を焼いてる時のような香ばしい匂いです。

katura_20140922_DSC_4643.jpg

サクラ池の手前に来ると、またベニスジヒメシャクがいました。この種は葉の上に留まるので見つけやすいようです。

benisujihimesyaku_20140922_DSC_4658.jpg

白い蛾はタカオシロヒメシャクでしょうか。線の色が薄いのでよくわかりません。

takaosirohimesyaku_20140922_DSC_4692.jpg

アカハネナガウンカもいました。正面顔はひんがら目でかわいいです。

akahanenagaunka_20140922_DSC_4705.jpg

湿性植物園のミソハギにはカレハのような蛾がいました。本日の課題2です。前翅長は21mm程度です。(ヒメエグリバのようです。)

gaSP2_20140922_DSC_4746.jpg

飛んで別の場所に行きました。本当に丸まった枯葉のようです。

gaSP2_20140922_DSC_4766.jpg

上から見ると、本当に丸まってます。

gaSP2_20140922_DSC_4750.jpg

また別の場所に飛びました、、というのは嘘で、これは本物の枯葉でした(笑)。

kareha_20140922_DSC_4909.jpg

ミソハギにはワタヘリクロノメイガが2~3頭いました。ふさふさのお尻をくるくる動かしてます。動画はうまく撮れませんでした。

wataherikuronomeiga_20140922_DSC_4778.jpg

トンボの池のヤマハッカのところでちょうど曇ったので、きれいな色が撮影できました。昨日の写真は日が当たってたので色が飛んでしまってました。

yamahakka_20140922_DSC_4809.jpg

上の方に留まったのはタイワンキシタアツバです。角が見えます。飛んでるときは黄色い後翅が目立ちます。

taiwankisitaatuba_20140922_DSC_4826.jpg

池の堤防の壁に小さな蛾が留まりました。本日の課題3です。前翅長は13mm程度です。白黒のきれいな蛾です。(ホシオビコケガのようです。)

gaSP3_20140922_DSC_4849.jpg

水路横の木に飛び上がったのは、オオルリの♂の若鳥でした。羽の青い色がとてもきれいです。

ooruriMI_20140922_DSC_4855.jpg

帰りに寄ったサクラ池付近では、昨日の課題4だったシロツトガが今日もいました。前翅長は13mm程度です。横から写せました。立派なひげがあります。

sirotutoga_20140922_DSC_4896.jpg

上から写したつもりでしたが、あまり変わりがなかったようです。

sirotutoga_20140922_DSC_4904.jpg

2014年9月21日の立田山

曇ってましたが、自転車で行きました。
竹林入口の広場に小さな蛾がいました。キシタアツバかとも思いましたが、タイワンキシタアツバの古い個体のようです。

taiwankisitaatuba_20140921_DSC_4215.jpg

カラムシの葉の裏に大きめの蛾が留まりました。そっと裏向けると、とてもきれいです。本日の課題1です。開帳は31mm程度です。(ヨツボシノメイガのようです。)

gaSP1_20140921_DSC_4271.jpg

前から写してもきれいです。

gaSP1_20140921_DSC_4245.jpg

近くにギンツバメも留まってました。開帳は33mm程度です。こちらの方が大きいですね。

gintubame_20140921_DSC_4277.jpg

カラムシの葉の上に極小の蛾がいました。本日の課題2です。前翅長は6mm位しかありません。拡大してみるとどぎつい模様に驚きです。(センダンヒメハマキのようです。)

gaSP2_20140921_DSC_4238.jpg

かなり離れた秋の森を過ぎたところのカラムシの葉に課題2と同じ蛾が留まってました。二度も出会うとは驚きです。

gaSP2_20140921_DSC_4326.jpg

横からも写せました。大きな目をしています。

gaSP2_20140921_DSC_4333.jpg

サクラ池の手前では触覚を前に突き出した蛾がいました。本日の課題3です。前翅長は7mmの小さな蛾です。(キイロホソバヒゲナガキバガのようです。ヒゲナガキバガ科は確かなようです。)

gaSP3_20140921_DSC_4360.jpg

横から写すと、角が出ているのがわかります。

gaSP3_20140921_DSC_4364.jpg

近くに白い蛾もいました。本日の課題4です。前翅長は13mm程度で少し大きめです。(シロツトガのようです。)

gaSP4_20140921_DSC_4382.jpg

こちらはタカオシロヒメシャクかその近縁の蛾でしょう。開帳は26mm程度です。

takaosirohimesyaku_20140921_DSC_4397.jpg

面白い形の白い蛾がいました。本日の課題5です。トリバガ科でしょうか。開帳は16mm程度で、キンバネチビトリバよりは大きいようです。(ヨモギトリバのようです。)

gaSP5_20140921_DSC_4442.jpg

やや上から写した写真も掲載します。

gaSP5_20140921_DSC_4430.jpg

湿性植物園のミソハギには目立たない蛾がいました。本日の課題6です。開帳は19mm程度です。

gaSP6_20140921_DSC_4465.jpg

トンボの池ではコセンダングサが咲き始めました。

kosendangusa_20140921_DSC_4488.jpg

こちらはヤマハッカのようです。面白い形の花です。

yamahakka_20140921_DSC_4518.jpg

後翅が尖った感じなので、マエキヒメシャクのようです。開帳は25mm程度です。

maekihimesyaku_20140921_DSC_4533.jpg

ベニスジヒメシャクも毎日のように出現します。開帳は26mm程度です。

benisujihimesyaku_20140921_DSC_4575.jpg

タカオシロヒメシャクが再登場です。開帳は23mm程度と小さめです。

takaosirohimesyaku_20140921_DSC_4579.jpg

キオビベニヒメシャクも二度見ました。開帳は15mm程度です。

kiobibenihimesyaku_20140921_DSC_4590.jpg

最後に野鳥の森で出会ったのは、セミのような顔なので蛾ではなくカメムシ目ハゴロモ科のようです。

hagoromoSP_20140921_DSC_4619.jpg

2014年9月20日の立田山

今朝も雨がポツポツ降ってましたが、昨日も雨で行けなかったので無視して出かけました。
徒歩で行くと菅原神社を通ります。ヒガンバナが咲いてました。本当にお彼岸に咲きますね。

higanbana_20140920_DSC_3820.jpg

そこから森林総研の敷地を通ります。タイワンキシタアツバがいました。これは結構個体数が多いようであちこちで見かけます。

taiwankisitaatuba_20140920_DSC_3822.jpg

サクラ池の手前まで来るとクロコノマチョウがひらりと飛びました。真っ黒な夏型の♂です。なかなかシックな色合いです。

kurokonomatyouM_20140920_DSC_3832.jpg

小さな蛾がいました。本日の課題1です。開帳は17mm程度の小さな蛾です。家内は世界地図みたい、と言ってます。(アヤナミノメイガのようです。)

gaSP1_20140920_DSC_3855.jpg

ベニスジヒメシャクもいました。今日は草かぶりもなく触覚を見せた姿でした。しかし、左の触覚が切れてるようです。開帳は26mm程度です。これも近縁の似た種類が多いので見分けられているかどうかわかりません。

benisujihimesyaku_20140920_DSC_3892.jpg

また極小の蛾がいました。本日の課題2です。前翅長は6mmしかありません。(コクリオビクロヒメハマキのようです。)

gaSP2_20140920_DSC_3942.jpg

次の蛾はキアヤヒメノメイガのようです。

kiayahimenomeiga_20140920_DSC_3960.jpg

よこからも写しておきました。

kiayahimenomeiga_20140920_DSC_3970.jpg

トンボの池に行くと、白い蛾がいました。タカオシロヒメシャクとは横線が少し違うようなので、本日の課題3です。開帳は18mm程度です。

gaSP3_20140920_DSC_3985.jpg

池の奥の方で、目の前にツマグロヒョウモンが留まりました。これくらいの大きさだときれいに写ります。こちらをにらんでる感じでした。

tumagurohyoumon_20140920_DSC_3994.jpg

ゲンノショウコがきれいでした。白花しか知らなかったので、九州に来て阿蘇で初めてこの色のゲンノショウコを見て驚いたことを思い出します。もう18年も前のことです。ここで毎年みられるのが楽しみになってます。

gennosyouko_20140920_DSC_4008.jpg

同じ場所にアカササゲが咲くんです。実が伸びてきました。

akasasage_20140920_DSC_4011.jpg

また、小さな蛾が留まってました。本日の課題4です。前翅長は8mm程度の小さな蛾です。(ハガタキコケガのようです。)

gaSP4_20140920_DSC_4065.jpg

横からも写せました。

gaSP4_20140920_DSC_4088.jpg

黄色いマメ科の花が咲き始めました。ノササゲのようです。

nosasage_20140920_DSC_4106.jpg

帰りの森林総研ではタマスダレが咲いてました。朝来たときは花がしぼんでました。これはヒガンバナ科なんですね。

tamasudare_20140920_DSC_4169.jpg

こちらはニラの花でしょう。

nira_20140920_DSC_4174.jpg

近くにまた小さな蛾がいました。本日の課題5です。開帳は15mmの小さな蛾です。小さな蛾にいろいろ出会えた日でした。(ツマトビコヤガのようです。)

gaSP5_20140920_DSC_4194.jpg

2014年9月18日の立田山

曇りで涼しい朝です。9月後半なのでもう涼しくても当たり前ですね。
豊国台の近くにイヌタデが咲いてました。前からあったと思うんですが、登録漏れです。

inutade_20140918_DSC_3584.jpg

近くに白い蛾がいました。悩む種類ですが、ウスキクロテンヒメシャクのようです。

usukikurotenhimesyaku_20140918_DSC_3590.jpg

サクラ池の近くに白地に黒斑の蛾がいました。交尾を終えたばかりの感じで、ペアのようです。ヒトリガの仲間のようです。腹部の背側は黒いですね。右の大きい方は♀のようで、前翅長は40mm位あります。本日の課題1です。(ゴマフボクトウのようです。)

gaSP1P_20140918_DSC_3678.jpg

左の小さい方が♂のようで、櫛型の触覚を持ってます。前翅長は28mm程度です。

gaSP1S_20140918_DSC_3778.jpg

湿性植物園のミソハギには小さな蛾が留まってました。ウスコカクモンハマキに似ていますが、少し違うようです。本日の課題2です。前翅長は8mm程度の小さな蛾です。(チャノコカクモンハマキのようです。)

gaSP2_20140918_DSC_3692.jpg

トンボの池に着くと、ズボンに小さな蛾が留まりました。膝付近だとかろうじて写せます。ヒメマダラミズメイガでした。

himemadaramizumeiga_20140918_DSC_3700.jpg

アカササゲの残骸付近を調べていると、カナムグラの花が咲いてました。これは雄花のようです。これも知らない花でした。

kanamugura_20140918_DSC_3717.jpg

萩だと思ってた赤い花は、実を付けてみるとアレチヌスビトハギのようです。花がたくさんついてた頃の写真を探さないといけません(汗)。

aretinusubitohagi_20140918_DSC_3730.jpg

ウスバキトンボが珍しく留まりました。まだ羽化して間もない感じです。世代交代しながら北へ渡っていくんですね。

usubakitonbo_20140918_DSC_3737.jpg

アカササゲは実を付けていました。どんな大きな実になるのか楽しみです。

akasasageB_20140918_DSC_3745.jpg

帰りのA水槽への道に白い蛾が留まってました。ほとんど模様が見えないので識別に苦労しそうです。本日の課題3です。開帳は15mm程度の小さな蛾です。(ミジンキヒメシャクのようだが、詳しくは解剖しないとわからないと教えていただきました。Idea属は確かなようです。)

gaSP3_20140918_DSC_3814.jpg

2014年9月17日の立田山

涼しい快晴です。秋晴れですね。
気分を変えて中央展望台への道を登りました。
ハンミョウが2頭並んでました。綺麗な虫です。

hanmyou_20140917_DSC_3446.jpg

少し上ったところで家内が小さな蛾を見つけました。本日の課題1です。この状態で開帳は11mm程度の極小サイズの蛾です。(サツマキノメイガのようです。)

gaSP1_20140917_DSC_3469.jpg

秋の森を抜けたD水槽付近にリスアカネがいました。この場所もよく見かける地点です。

risuakane_20140917_DSC_3479.jpg

D水槽はこんなところです。上の方が秋の森です。

Dsuisou_20140917_DSC_3483.jpg

トンボの池を抜けてサワトラノオの湿地へ行き、アカササゲを接近して写してきました。かなり広い範囲に咲いてました。この場所は希少植物のサワトラノオ、トダスゲ、それにこの絶滅危惧種のアカササゲが咲くなんとも稀な地点です。

akasasage_20140917_DSC_3492.jpg

その湿地で本日の課題2の蛾を見つけました。前翅の先がかぎ型に曲がった特徴的な形態です。開帳は27mm程度です。(マエキカギバのようです。)

gaSP2_20140917_DSC_3513.jpg

トンボの池に戻ったら、シオカラトンボが産卵してました。水面で♀が産卵するのをすぐ上で♂が監視しています。

siokaratonboP_20140917_DSC_3524.jpg

ここで本日の課題3の蛾を見つけました。きれいな色の蛾です。前翅長は14mm程度です。(ゴマフリドクガのようです。成虫にも毒があるそうです。)

gaSP3_20140917_DSC_3540.jpg

横から見ると前翅の全体がよく見えます。

gaSP3_20140917_DSC_3543.jpg

前から顔も写しました。毛むくじゃらですね。

gaSP3_20140917_DSC_3550.jpg

2014年9月16日の立田山

涼しい晴天が続きます。しかし、直射日光下ではまだまだ暑いです。
秋の森ではウバユリに大きな実がなってました。

ubayuriB_20140916_DSC_3265.jpg

サクラ池ではヤハズソウのきちんと咲いている花を見つけました。かなり拡大した写真です。

yahazusou_20140916_DSC_3283.jpg

コジャノメはあいかわらず水辺で見られます。

kojanome_20140916_DSC_3289.jpg

草刈り後ではマダラミズメイガが留まるところをみつけられずに飛び回ってました。疲れて一服しているようです。

madaramizumeiga_20140916_DSC_3293.jpg

湿性植物園のミソハギにはホシホウジャクが来てましたが、あいかわらず静止しません。この写真だけではホシホウジャクの仲間だとはわかりますが、種名まではわからないようです。

hosihoujaku_20140916_DSC_3304.jpg

トンボの池ではキツネノマゴにホシホウジャクの仲間が来てました。なんとか前翅の模様がわかるような写真が撮れました。ホシホウジャクの特徴の前翅先端付近の黒い四角形が見えないので、クロホウジャクではないかと思っています。

kurohoujakuQ_20140916_DSC_3348.jpg

北岸で久しぶりにアオビタイトンボの♀を見ました。角度によっては額が青く光るんですが、写真ではきれいに写ってませんでした。

aobitaitonboF_20140916_DSC_3408.jpg

奥のサワトラノオの湿地の西岸にアカササゲが咲いていると教えていただいたので、見てきました。10個以上は花が咲いてました。広い範囲に咲いていたので、写真では花は点にしか見えません。

akasasage_20140916_DSC_3419.jpg

帰りのサクラ池ではアオサギが思いっきり首を伸ばして空を見上げてました。何を見てたんでしょうね。

aosagi_20140916_DSC_3428.jpg

2014年9月14日の立田山

綺麗に晴れました。しかし、かなり涼しい朝です。
林道入り口ではクロヒカゲが出迎えてくれました。

kurohikage_20140914_DSC_3085.jpg

サクラ池には小さな白い花が咲いてました。ハシカグサというようです。まだまだ知らない花があります。

hasikagusa_20140914_DSC_3124.jpg

湿性植物園のミソハギには小さな蛾が留まってました。今日の課題です。模様がはっきりしないので難しそうです。前翅長は10mm程度の小さな蛾です。(アカマダラメイガのようです。)

gaSP1_20140914_DSC_3137.jpg

後ろはこんな感じです。横からは撮り損ねました。

gaSP1_20140914_DSC_3135.jpg

トンボの池は周囲の草刈りが終わってました。北岸にもアカササゲが咲いてたんですね。切られた花が落ちてました。草刈り前に見つけられなかったので残念です。

akasasage_20140914_DSC_3152.jpg

対岸にはまだまだアカササゲが咲いてます。3個並んで咲いていると花が大きいだけに見事です。

akasasage_20140914_DSC_3162.jpg

帰りのサクラ池ではチョウトンボが留まってました。青く光るのは♂です。光線の加減で神秘的な青い色に見えます。写真ではなかなか表現が難しいようです。

tyoutonboM_20140914_DSC_3206.jpg

トサミズキは実を付けていました。

tosamizuki_20140914_DSC_3208.jpg

テングチョウが見送ってくれました。

tengutyouT_20140914_DSC_3209.jpg

少し見ていると翅を思いっきり拡げてくれました。天狗の鼻がよくわかります。

tengutyouH_20140914_DSC_3234.jpg

2014年9月13日の立田山

早朝は雨が降って、その後も曇ってます。雨がほんの少し降ってましたが、構わず出かけました。
家内がアカササゲを見たいというので一緒にトンボの池まで行きました。
北岸の草刈りをしていたので、奥の方から南岸に向かいました。さっそく小さな蛾を見つけました。本日の課題1です。開帳は13mm程度のきわめて小さな蛾です。(キオビベニヒメシャクのようです。)

gaSP1_20140913_DSC_2944.jpg

北岸の草刈りをしているせいか小さな蛾が沢山います。ヒメネジロコヤガです。

himenejirokoyaga_20140913_DSC_2968.jpg

次はホシコヤガですね。灰色の後翅が見えていました。

hosikoyaga_20140913_DSC_2979.jpg

葉をめくってもじっとしていてくれたのは、課題2です。開帳は21mm程度です。これは似たのが沢山いるので識別に苦労しそうです。昨日の課題2と同じかもしれません。でも順光できれいに写ってます。(マエキノメイガのようです。)

gaSP2_20140913_DSC_3006.jpg

斜面にアカササゲがたくさん咲いていました。大きな目だつ花です。市役所には草刈りで刈らないようにとメールしておいたんですが、そこまで迫ってるので大丈夫かな?

akasasage_20140913_DSC_3010.jpg

近くに翅が黒い大きなトンボが来ました。あちこちでホバリングするんですが、停止時間が短くてうまく写せません。草に留まった一瞬をうまく写せました。マルタンヤンマの♀のようです。前からここにいると聞いてたんですが、ようやくお目にかかれました。

marutanyanmaF_20140913_DSC_3023.jpg

草の間には課題3の蛾が留まってました。草かぶりですが写しました。開帳は19mm程度のようです。このかぶっている草をよけようとすると、飛んでしまいました。まずは草かぶりでも写すこと、というのが教訓です。(ベニスジヒメシャクのようです。)

gaSP3_20140913_DSC_3029.jpg

近くの葉にイトトンボが留まりました。オオアオイトトンボかなと思って写したんですが、腹部先端が全然違います。これも今日の課題になってしまいました。体長は35mm程度です。(アオモンイトトンボの未成熟から成熟に移行中の♀だと教えていただきました。)

itotonboSP1_20140913_DSC_3032.jpg

少し頭を動かしたので、眼後紋がかろうじて写せました。

itotonboSP1_20140913_DSC_3035.jpg

2014年9月12日の立田山

今日は曇りで涼しい朝です。
竹林の入り口にはヒカゲイノコズチが咲いてました。

hikageinokozuti_20140912_DSC_2712.jpg

引くとこんな感じで、種がズボンにくっつきます。

hikageinokozuti_20140912_DSC_2714.jpg

サクラ池ではヤハズソウが咲いてました。花をもっときれいに撮らないといけません。

yahazusou_20140912_DSC_2726.jpg

堤防のところにいた蛾はヒロバウスグロノメイガのようです。昨日の課題1と似てますが、色が茶色です。

hirobausuguronomeiga_20140912_DSC_2730.jpg

トンボの池では真っ白な地に黒点があるきれいな蛾に出会いました。今日の課題1です。交尾写真を8/28に撮影したオビヒトリの近縁でしょう。(アカハラゴマダラヒトリと思われます。)

gaSP1_20140912_DSC_2796.jpg

横から見た写真です。

gaSP1_20140912_DSC_2798.jpg

顔も写しました。脚の付け根が赤くなってます。(脚の赤いのがアカハラ・・の特徴です。)

gaSP1_20140912_DSC_2809.jpg

おなかです。オビヒトリはおなかの上側が赤かったんですが、これではわかりません。

gaSP1_20140912_DSC_2815.jpg

アキノノゲシは種子を付けていました。

akinonogesiB_20140912_DSC_2818.jpg

シロバナマンジュシャゲが咲き始めました。お彼岸が近いですね。

sirobanamanjusyage_20140912_DSC_2824.jpg

南岸に渡って、葉の裏に留まったのは、昨日の課題1と同じのヒメクロミスジノメイガのようです。模様がきれいに写りました。

himekuromisujinomeiga_20140912_DSC_2835.jpg

南側の道路の斜面に大きな花を見つけました。大きいのでヒルガオかと思ったんですが、なんとアカササゲです。この池の北岸で平成8年ころに一度写したきりの花です。環境省の絶滅危惧IB類に指定されています。こんなところでお目にかかれて感激でした。

akasasage_20140912_DSC_2846.jpg

少し引いて葉も写しました。

akasasage_20140912_DSC_2850.jpg

アオビタイトンボはまだ羽化が続いてるようで、新鮮な♀がいました。

aobitaitonboF_20140912_DSC_2875.jpg

また出会った蛾はヒメクロミスジノメイガのようですが、ピントは合ってるんですが模様がはっきりしません。ちょっと違うようなので課題2として調べましょう。(マエキノメイガのようです。)

himekuromisujinomeiga_20140912_DSC_2890.jpg

最後に足元に来たので踏みそうになった蝶は、サトキマダラヒカゲでした。

satokimadarahikage_20140912_DSC_2907.jpg

2014年9月11日の立田山

今日も秋晴れですが、PM2.5のせいか遠くの山が見えません。
サクラ池付近でウラギンシジミがいました。足のオレンジ色の模様がかわいいですね。

uraginsijimiT_20140911_DSC_2574.jpg

見てると翅を少し開いてくれました。綺麗なレンジ色の♂でした。

uraginsijimiH_20140911_DSC_2579.jpg

アオサギがいました。羽をたたむところです。

aosagi_20140911_DSC_2584.jpg

白いスイレンの近くでアオビタイトンボの500番がいました。9/5にトンボの池でマークしたそうです。

aobitaitonbo500_20140911_DSC_2594.jpg

そこへギンヤンマの♀が飛来し、産卵を始めました。腹部をかなり差し込んで葉の裏に産卵しているようです。

ginyanmaF_20140911_DSC_2598.jpg

トンボの池に行くとマルバツユクサの白花が咲いてました。付近の数株がシロバナでした。

marubatuyukusaW_20140911_DSC_2608.jpg

今日の課題1の蛾です。昨日の課題と同じかなと思いましたが、黒線の曲がり方が違うようです。(昨日と同じヒメクロミスジノメイガと思われる。)

gaSP1_20140911_DSC_2628.jpg

課題1の蛾の右側からの写真も撮れました。

gaSP1_20140911_DSC_2632.jpg

スズメウリの実が大きくなってきました。

suzumeuriB_20140911_DSC_2649.jpg

スズメウリの花に留まったのは、今日の課題2の蛾です。裏側ではわかりません。

gaSP2_20140911_DSC_2655.jpg

うまく葉の上に留まりました。なかなかきれいな蛾です。開帳は22mm程度です。お尻の先に毛の房があります。(ワタヘリクロノメイガと思われます。)

gaSP2_20140911_DSC_2681.jpg

別の場所にも課題2の蛾がいました。ふつうはこのように葉の裏に留まります。ゆっくりと腹部を動かして、毛の束でフェロモンを放出か検出かわかりませんが、しているようでした。

gaSP2_20140911_DSC_2692.jpg

オオアオイトトンボの♂がいました。春には羽化したての個体をたくさん見ましたが、成熟した個体は今年初めてのような気がします。

ooaoitotonbo_20140911_DSC_2689.jpg

カラムシの葉にはフクラスズメの幼虫がいます。これは顔がオレンジ色のタイプです。8/21に写したのは顔が黒いタイプでした。足の色も違いますね。

hukurasuzumeJ_20140911_DSC_2694.jpg

ミゾソバが咲き始めました。ちょうどイチモンジセセリが来てました。

mizosoba_20140911_DSC_2708.jpg

2014年9月10日の立田山

晴れが続きます。昼間は暑いですが、朝晩は涼しくて過ごしやすい日々です。
五高の森駐車場横の池にはゴイサギがいました。いつもいるようですが、草が刈られたので見やすくなったようです。

goisagi_20140910_DSC_2379.jpg

豊国台の登り道でヒヨドリジョウゴが咲いてました。この花も知りませんでした。

hiyodorijougo_20140910_DSC_2389.jpg

ヒヨドリジョウゴの葉は切れ込みが生じるのが特徴のようです。

hiyodorijougo_20140910_DSC_2396.jpg

ヒヨドリバナも咲き始めました。これに来るアサギマダラが待ち遠しいですね。この葉を花の図鑑にはさんでたことがあり、20年くらい前だと思うんですが、いまでも図鑑をめくるとクマリンのいい匂いがします。

hiyodoribana_20140910_DSC_2404.jpg

トンボの池ではカヤツリグサが目立つようになりました。

kayaturigusa_20140910_DSC_2425.jpg

花を拡大しても構造はよくわかりません。

kayaturigusa_20140910_DSC_2422.jpg

奥の方はびっしりとオギノツメがはえてます。

oginotume_20140910_DSC_2436.jpg

オギノツメの花が咲きだしました。なかなかきれいな花です。

oginotume_20140910_DSC_2432.jpg

オギノツメを食草とするのはタテハモドキだな、と思ったら、タテハモドキが飛来しました。まだ夏型ですね。

tatehamodoki_20140910_DSC_2446.jpg

リスアカネが目の前に留まりました。顔は少し赤味がかってます。

risuakane_20140910_DSC_2458.jpg

ヒメウラナミジャノメはあっちこっちにたくさんいるのでもうカメラを向けませんが、黄色いリングが目立ったので写しました。

himeuranamijanomeH_20140910_DSC_2464.jpg

裏面もなかなかきれいです。

himeuranamijanomeT_20140910_DSC_2467.jpg

緑色のエノコログサも沢山あります。

enokorogusa_20140910_DSC_2473.jpg

これも拡大すると花が咲いてるようです。

enokorogusa_20140910_DSC_2470.jpg

マユタテアカネは蛾を食べてました。小さな蛾が沢山いるのでトンボの天国のようです。

mayutateakane_20140910_DSC_2482.jpg

ようやく課題の蛾を見つけたと思ったんですが、トビモンアツバのようです。

tobimonatuba_20140910_DSC_2512.jpg

帰りの登り道で写したのは、ハチでしょうか。蛾ではなさそうですね。

hatiQ_20140910_DSC_2543.jpg

ようやく今日の課題の蛾を見つけました。こんな灰色の蛾は初めてです。(ヒメクロミスジノメイガのようです。)

gaSP1_20140910_DSC_2562.jpg

葉の表に光が当たって、色がわかりにくかったので、日向に動かして色を確認しました。ピントが少しあってませんが、これだけしか写せなかったので示しておきます。

gaSP1_20140910_DSC_2566.jpg

2014年9月9日の立田山

今日も晴れました。朝は気温が低いですが、陽射しは強いです。
森の中でコジャノメに出会いました。水辺にはヒメジャノメがいますが、森の中にはコジャノメがいるようです。

kojanome_20140909_DSC_2211.jpg

サクラ池にはアオスジアゲハがいました。岸辺の水が滲み出しているところで給水していました。

aosujiageha_20140909_DSC_2244.jpg

キツネノマゴにはチャバネセセリがいました。模様がほとんど見えません。

tyabaneseseri_20140909_DSC_2249.jpg

翅を開くと細かい模様が少し見えました。

tyabaneseseri_20140909_DSC_2251.jpg

ヤマトシジミが2頭いました。左の♂が右の♀にアタックしようとしているようです。

yamatosijimiP_20140909_DSC_2261.jpg

トンボの池には蚊の親分がいました。ガガンボの仲間のようです。これは蚊のようには刺さないそうです。

gaganbo_20140909_DSC_2266.jpg

水辺なのでヒメジャノメがいました。コジャノメと食草はあまり変わりがないのに不思議です。

himejanome_20140909_DSC_2268.jpg

今日の課題の蛾です。なかなかきれいな色です。開帳は20mm程度と思われます。(ヒメトガリノメイガのようです。)

gaSP1_20140909_DSC_2278.jpg

白い蛾はタカオシロヒメシャクかその仲間のようです。

takaosirohimesyaku_20140909_DSC_2308.jpg

コミスジもいました。コントラストがはっきりしたきれいな個体でした。

komisujiH_20140909_DSC_2315.jpg

翅を閉じた際に裏面が写せました。この茶色もなかなかいい色です。

komisujiT_20140909_DSC_2317.jpg

岸辺でこのところ目立つのがヒナタイノコズチです。よく見ると小さな花が咲いてます。

hinatainokozuti_20140909_DSC_2327.jpg

目の前にマユタテアカネがこちら向きに留まりました。顔の黒班がよく見えます。

mayutateakane_20140909_DSC_2333.jpg

昨日まではアオビタイトンボは翅が古くなったような個体ばかりだったんですが、今日は羽化したばかりの個体が沢山いました。これはまだ粉をふく前の♂のようです。

aobitaitonboM_20140909_DSC_2350.jpg

♀も同じくらいいました。羽化するのは♂も♀も同数くらいのようですが、すぐに♀がどこかへ行って、池には♂ばかり見られるようになるようです。

aobitaitonboF_20140909_DSC_2353.jpg

2014年9月8日の立田山

10年くらい前から台湾のカレンダーを使ってるので、今日は「中秋節」で休日になってます。勤めてる頃は祝日が日本と違うのが困りましたが、今は毎日が日祝なのでなんの問題もありません。いいお天気なので夜には中秋の名月が見られるでしょう。
立田山ではオオブタクサが花を咲かせてました。

oobutakusa_20140908_DSC_1968.jpg

丁度太陽が当たってるところにクロヒカゲが留まりました。フラッシュ撮影とはちょっと違う感じに写ります。後翅に青い色が見えます。

kurohikage_20140908_DSC_1976.jpg

湿性植物園ではホオジロが地面を歩いてました。まだ若鳥のようです。

hojiro_20140908_DSC_2008.jpg

トンボの池の岸辺には面白い花が咲いてました。クワクサのようです。

kuwakusa_20140908_DSC_2024.jpg

タデも咲いてますが、種名がよくわかりません。また図鑑を持参しないといけません。(ボントクタデのようです。)

tadeSP_20140908_DSC_2035.jpg

今日の課題1の蛾です。赤い色がきれいな蛾です。前翅長は9mm程度です。(クロモンキノメイガのようです。)

gaSP1_20140908_DSC_2053.jpg

横からも写せました。赤味がかったきれいな色をしています。

gaSP1_20140908_DSC_2047.jpg

キンエノコロが沢山あるので、花粉が服についてきます。

kinenokoro_20140908_DSC_2064.jpg

今日の課題2の蛾です。前翅長は7mm程度の小さな蛾です。

gaSP2_20140908_DSC_2084.jpg

チヂミザサがたくさん生えてますが、花が咲き始めました。

tijimizasa_20140908_DSC_2094.jpg

こちらはアワノメイガのようです。

awanomeiga_20140908_DSC_2114.jpg

通路上にオオウンモンクチバが留まったので、きれいな写真を撮ることができました。上の方に黒点があるタイプです。

oounmonkutiba_20140908_DSC_2147.jpg

アオビタイトンボも少なくなりましたが、464番を撮影できました。岸辺の上の方に留まったので、下から撮影しました。

aobitaitonbo_20140908_DSC_2152.jpg

今年はキイトトンボの数がずいぶん少ないようです。今日は1頭だけ飛んでました。飛ぶときに体が上下にゆすれるので、ユーモラスな感じに思えます。

kiitotonbo_20140908DSC_2169.jpg

湿性植物園に咲いていた小さな花はウリクサのようです。直射日光下の撮影は疲れます。

urikusa_20140908_DSC_2178.jpg

2014年9月6日の立田山

雲が多いですが、一応晴れてました。
中央展望台付近でザトウムシが沢山いました。動きが激しくて、一頭だけしか写せませんでした。

zatoumusi_20140906_DSC_1785.jpg

ツルボの花が咲いてました。これは昨年写した写真がすでに図鑑に登録されてました。

turubo_20140906_DSC_1791.jpg

サクラ池のキツネノマゴにはブルービー(ルリモンハナバチ)が来ており、ここまで家内と一緒だったので見られて喜んでました。

bluebee_20140906_DSC_1794.jpg

近くに大きなヤゴの抜け殻がありました。長さは50mm位あり、ギンヤンマのものだと思われます。

yago_ginyanma_20140906_DSC_1808.jpg

トンボの池で小さな蛾?と思って写したんですが、翅が2枚なので、アブの仲間のようです。いろんな虫がいるものです。開帳は12mm程度の小さな虫です。

abuSP_20140906_DSC_1827.jpg

白い蛾は、タカオシロヒメシャクのようです。

takaosirohimesyaku_20140906_DSC_1845.jpg

奥の方に、ツルマメの花の近くに同じマメ科のつる性植物が花を咲かせてました。ヤブマメのようです。

yabumame_20140906_DSC_1850.jpg

南岸に進むと、筒状のきれいな花が見られました。サイヨウシャジンのようです。キキョウの仲間ですね。

saiyousyajin_20140906_DSC_1874.jpg

緑の葉の裏に、緑の虫がいました。長さは50mm程度です。何の幼虫でしょうか。

aomusi_20140906_DSC_1884.jpg

イチジクキンウワバがカラムシの葉に留まってました。このところよく見かけます。

itijikukinuwaba_20140906_DSC_1902.jpg

タイワンキシタアツバもほとんど毎日出現します。

taiwankisitaatuba_20140906_DSC_1913.jpg

豊国台から下っていくと、ガンクビソウが咲いてました。地味な花にはなかなか気づきません。

gankubisou_20140906_DSC_1936.jpg

竹林の入り口付近にはヌスビトハギが咲いてました。盗人の足跡のような実ができ始めてました。

nusubitohagi_20140906_DSC_1942.jpg

2014年9月5日の立田山

ようやく晴れました。でも朝の気温が低くなったのか、クマゼミがほとんど鳴いてないので静かな朝です。
サクラ池には今日もカノコガがいました。横腹の黄斑が見えないと感じが変わります。

kanokoga_20140905_DSC_1632.jpg

ミソハギには大きなハチが来てました。トラマルハナバチにしては大きいし、女王蜂でしょうか。

maruhanabatiSP_20140905_DSC_1667.jpg

トンボの池ではオオウンモンクチバがいました。きれいな後翅がかなり見えた状態でした。

oounmonkutiba_20140905_DSC_1681.jpg

キタキチョウは逆光で写すと表面の黒班がきれいに写ります。前翅外縁の黒班がかなり突き出ているので南方のキチョウではないかとも思いましたがこの模様だけでは判断できないようです。

kitakityou_20140905_DSC_1693.jpg

ニジュウヤホシテントウがいました。

nijuuyahositentou_20140905_DSC_1702.jpg

これは何の幼虫でしょうか。ツツドリが喜びそうな毛虫です。長さは40mm位です。

kemusi_20140905_DSC_1710.jpg

可愛いトカゲ?がこちらを見てました。(肌が乾いた感じだとカナヘビとのことです。)

tokage_20140905_DSC_1722.jpg

ミソハギにコチャバネセセリが来てました。

kotyabaneseseri_20140905_DSC_1730.jpg

少し経つと後翅を開いて、セセリチョウらしいポーズになります。

kotyabaneseseri_20140905_DSC_1736.jpg

地色が真っ白できれいな、ルリシジミのようです。

rurisijimi_20140905_DSC_1745.jpg

バニバナボロギクは種ができてました。

benibanaborogiku_20140905_DSC_1757.jpg

その横に咲いていた小さな花はなんでしょうか。直径は5mm程度の小さな花です。

hanaSP_20140905_DSC_1773.jpg

葉は8cm位の心形で、つる植物です。図鑑を見てもわかりませんでした。まだまだ知らない花があるものです。(アオツヅラフジだと教えていただきました。木本だそうです。)

hanaSP_20140905_DSC_1779.jpg

キツネノマゴの白花がありました。ふつうの色の花と並んで咲いてました。

kitunenomago_20140905_DSC_1781.jpg

2014年9月4日の白川付近

朝から大雨です。こういうときはマンションの階段から白川を眺めたり、壁に蛾がとまってないか見て回ります。
本日の課題の蛾がいました。前翅長は21mm程度の細長い蛾です。

gaSP1_20140904_DSC_1607.jpg

横から見ても同じような太さでした。

gaSP1_20140904_DSC_1619.jpg

窓の外からイソヒヨドリの声が聞こえてます。

2014年9月3日の立田山

また曇りです。迷いましたが自転車で行きました。
サクラ池ではフタオビコヤガがいました。横から写すと結構分厚いな、という印象です。

hutaobikoyaga_20140903_DSC_1384.jpg

上から写すと、平らな感じがします。

hutaobikoyaga_20140903_DSC_1412.jpg

ミソハギにはアワノメイガが来てました。この蛾は花に来るんですね。

awanomeigaT_20140903_DSC_1425.jpg

葉の裏に留まるのですが、こういう背の高いところではなんとか写せます。

awanomeigaH_20140903_DSC_1429.jpg

シロオビノメイガもいつもこの花に来ています。

siroobinomeiga_20140903_DSC_1437.jpg

トンボの池ではカノコガがいました。この蛾もほとんど毎日出会います。

kanokoga_20140903_DSC_1442.jpg

アカハネナガウンカがいました。正面顔が面白いんですが、目線をくれません。

akahanenagaunka_20140903_DSC_1463.jpg

今日の課題です。翅を斜めにあげた状態です。(ムラサキツマキリアツバのようです。)

gaSP1_20140903_DSC_1481.jpg

横からも写しました。角があります。

gaSP1_20140903_DSC_1492.jpg

翅の角度に合わせて斜めから写しました。前翅長は15mm程度です。

gaSP1_20140903_DSC_1498.jpg

小さなキチョウが飛んでました。キタキチョウにしては小さかったので、もしやと思いましたが、ホシボシキチョウではなくキタキチョウのようです。

kitakityou_20140903_DSC_1507.jpg

タイワンキシタアツバもいました。

taiwankisitaatuba_20140903_DSC_1523.jpg

マユタテアカネがいい感じで留まりました。胸の模様、額の黒班、尾部付属器の曲がり具合、と3個の特徴点をうまく表現できました。

mayutateakane_20140903_DSC_1538.jpg


ヒメマダラミズメイガが珍しく葉の上に留まってました。

himemadaramizumeiga_20140903_DSC_1550.jpg

水辺に小さな白い花が咲いてました。シソ科の花のようですが、知りませんでした。コシロネのようです。

kosirone_20140903_DSC_1563.jpg

とても小さな白い花です。

kosirone_20140903_DSC_1581.jpg

この後、雨が降り始め、また自転車を濡らしてしまいました。

2014年9月2日の立田山

ようやく晴れました。気温が低いようで、高原に避暑に来ているようです。
C水槽の近くの花はイヌコウジュでした。今日は図鑑持参で調べました。

inukouju_20140902_DSC_1078.jpg

そこへダイミョウセセリがやってきました。

daimyouseseriH_20140902_DSC_1106.jpg

裏面が写せました。表裏が同じ模様のようです。

daimyouseseriT_20140902_DSC_1111.jpg

サクラ池にはホシコヤガがいました。このところ連日に出現しているのでようやく覚えました。

hosikoyaga_20140902_DSC_1130.jpg

今日の課題1の蛾です。前翅長は12mm程度です。櫛状の触覚が写ってます。(スジキリヨトウのようです。)

gaSP1_20140902_DSC_1157.jpg

横から見た写真も撮れました。結構厚みがあります。

gaSP1_20140902_DSC_1171.jpg

リスアカネが飛来しました。シオカラトンボよりかなり小さく感じます。

risuakane_20140902_DSC_1192.jpg

湿性植物園にはハンミョウ(ミチオシエ)がいました。綺麗ですね。水路の向こうに飛んだので、教えてくれる方向には進めませんでした。

hanmyou_20140902_DSC_1199.jpg

ミソハギには昨日初めてであったイチジクキンウワバがいました。花にも来るようです。

itijikukinuwaba_20140902_DSC_1231.jpg

トンボの池の今日の課題2の蛾です。前翅長は7mm程度の小さな蛾です。(ウスコカクモンハマキのようです。)

gaSP2_20140902_DSC_1277.jpg

横からも写せました。

gaSP2_20140902_DSC_1294.jpg

奥の方にマメ科のツル植物が咲いてました。ツルマメ、というそのままの名前でした。

turumame_20140902_DSC_1310.jpg

キマダラセセリが飛来しました。飛来してすぐには翅を閉じています。この種は表裏の模様がかなり違います。

kimadaraseseriT_20140902_DSC_1317.jpg

帰りの北斜面の中腹に初めて見る花が咲いてました。大きなハチが来て花を次々に回って揺らすのでなかなか写真が撮れません。ハチが離れるのを待って花の写真を撮りました。

hinanousutubo_20140902_DSC_1342.jpg

ヒナノウスツボというそうです。せっかく持って行った図鑑には載っておらず、帰ってから別の図鑑でようやく見つけました。

hinanousutubo_20140902_DSC_1350.jpg

目立ちませんがなかなかきれいな花です。

hinanousutubo_20140902_DSC_1357.jpg

花に比べてずいぶん大きな葉です。こんなところにこんな花が咲いているのに初めて気づきました。

hinanousutubo_20140902_DSC_1362.jpg

2014年9月1日の立田山

朝は雨が降ってましたが、アサイチを見ているうちに雨が上がったので出かけました。
菅原神社付近でクロセセリに久しぶりに出会いました。

kuroseseriH_20140901_DSC_0794.jpg

斜めから裏面も写せました。表裏が同じ模様のようです。

kuroseseriT_20140901_DSC_0797.jpg

サクラ池ではカノコガがいました。あいかわらず葉の裏に留まります。

kanokoga_20140901_DSC_0818.jpg

ミソハギには幼虫その1がいました。太くて短い、40mm位です。

imomusi1_20140901_DSC_0826.jpg

やはりミソハギに幼虫その2がいました。模様が無いので見分けは難しそうです。これも長さは40mm位です。

imomusi2_20140901_DSC_0831.jpg

トンボの池に着くと、リスアカネの♀がホバリングしてお尻を上げたり下げたりしてました。どういう行動かわかりませんが、写真はお尻を下げて垂直になった状態です。

risuakaneF_20140901_DSC_0832.jpg

アキノノゲシの葉の裏にカノコガがいました。左手で裏返すと、きれいな写真が撮れました。

kanokoga_20140901_DSC_0877.jpg

葦の茎にオニヤンマが休んでました。大きいですね。

oniyanma_20140901_DSC_0886.jpg

近くの水たまりでオオシオカラトンボの♀が水面に尾部先端を打ち付けて産卵しているようでした。

oosiokaratonboF_20140901_DSC_0952.jpg

オオシオカラトンボの♂は大体は上空で警戒していましたが、時々写真のように留まって一服していました。

oosiokaratonboM_20140901_DSC_0958.jpg

この頃、キマダラセセリによく会うようになりました。

kimadaraseseri_20140901_DSC_0981.jpg

この種も表裏が同じ模様のようです。

kimadaraseseri_20140901_DSC_0984.jpg

今日の課題の蛾です。頭の上に角があるような形です。

gaSP1_20140901_DSC_1012.jpg

横から見ると面白い形でした。(イチジクキンウワバのようです。)

gaSP1_20140901_DSC_1016.jpg

これはこのところよく出現しますが、ホシコヤガという名前がなかなか覚えられません。

hosikoyaga_20140901_DSC_1030.jpg

幼虫その3です。カラムシの葉にいました。フクラスズメの幼虫に似てますが、小さくて模様が少し違うので、若齢なのかもしれません。

imomusi3_20140901_DSC_1037.jpg

次の花はヒメジソでしょうか。イヌコウジュとの見分け方を忘れてました。明日行ってよく調べないといけません。

himejisoQ_20140901_DSC_1051.jpg
プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR