2014年11月27日の立田山

昨日は雨が少し降りましたが今日はいいお天気です。
竹林入口ではコゲラが忙しげに木をつついてました。

kogera_20141127_DSC_6338.jpg

サクラ池のドウダンツツジはいい色になりました。今が見ごろですね。

doudantutuji_20141127_DSC_6356.jpg

トンボの池ではシロハラがエサ探しをしていました。

sirohara_20141127_DSC_6392.jpg

枯葉の下からうまく虫を見つけました。かなり近寄っても逃げなくなってきました。

sirohara_20141127_DSC_6412.jpg

湿性植物園のセグロセキレイです。関東地方では少なくなってきたそうなので注目しましょう。

segurosekirei_20141127_DSC_6426.jpg

マンサクの黄葉は見ごろになりました。シナマンサクはほとんど散りました。

mansaku_20141127_DSC_6429.jpg
スポンサーサイト

2014年11月22日の立田山

昨夜は雨が降ったんですが、朝には晴れており気温がかなり高いようでした。
豊国台の手前でソウシチョウが囀り風の声を出してたので録音していたら、頭の上を2羽のソウシチョウが大きな地鳴きをして飛んでいきました。

Red-billed_Leiothrix_SOng_Call_141122_01

豊国台ではルリビタキが大きな声で地鳴きしてました。1羽だけだとこのくらいのピッチで鳴きます。

Red-franked_Bushrobin_Call_141122_03

トンボの池にはクロコノマチョウがいました。成虫越冬なので、暖かいので飛び始めたのでしょうか。

kurokonomatyou_20141122_DSC_6170.jpg

キタキチョウも飛んでました。これも成虫越冬ですね。

kitakityou_20141122_DSC_6178.jpg

湿性植物園にはスミレが咲いてました。春の花を見つけるのが楽しみです。

sumire_20141122_DSC_6188.jpg

サクラ池にはクサシギがいました。飛んだ時の真っ白な腰を写したかったんですが、失敗でした。

kusasigi_20141122_DSC_6217.jpg

ときどききれいなモミジの木があります。

momiji_20141122_DSC_6234.jpg

2014年11月21日の立田山

朝は晴れてましたが、徐々に曇ってきました。
竹林入口ではアオジが3羽ほどで地面で餌を探しているようでした。

aoji_20141121_DSC_6073.jpg

マンサクの葉はまだ緑が残っています。

mansaku_20141121_DSC_6091.jpg

しかし、隣のシナマンサクの葉はすっかり黄葉しました。

sinamansaku_20141121_DSC_6093.jpg

冬の森ではガビチョウがうるさく鳴いてました。北京では多くの人がこの鳥を飼っていると留学生が言ってましたが、うるさくないのでしょうか。

Chinese-Hwamei_Song_141121_06

豊国台への登り道のサクラの木では今日もホオジロが元気に囀ってました。

hojiro_20141121_DSC_6108.jpg

いつまで囀るのでしょうか。

Siberian-Meadow-Bunting_Song_141121_07

ルリビタキは囀り風の声を出してましたが、すぐに地鳴きになりました。地鳴きのテンポが変な感じなのは2羽で鳴いてるようでした。

Red-franked_Bushrobin_Song_Call_141121_09

立田山には常緑樹が多いので全体の紅葉は期待できないので、所々にあるモミジの木の紅葉を楽しむしかありません。サクラ池横のモミジの木はいい色になってきました。

momiji_20141121_DSC_6117.jpg

トンボの池にはキアヤヒメノメイガが飛んでました。触覚も折れて翅も傷んでますが、まだ生き延びてます。

kiayahimenomeiga_20141121_DSC_6128.jpg

帰り道でシロハラが近くに飛来してこちらに気づいたんですが、向こうからも人が歩いてきたので、どうしたものか戸惑っているようでした。

sirohara_20141121_DSC_6145.jpg

2014年11月20日の立田山

朝は曇ってましたが徐々に晴れてきました。まだまだ暖かいです。
野鳥の森にはルリビタキの♂がいました。青い鳥はきれいですね。今年はルリビタキが多く来ているようです。

ruribitakiM_20141120_DSC_5879.jpg

羽つくろいをしながらもこちらを見ているようでした。

ruribitakiM_20141120_DSC_5887.jpg

豊国台の近くの道路の杭にはルリビタキの♀タイプが留まってました。「早く見ないと飛んでしまってクイが残ります!」という使い古したジョークを言いたくなります。

ruribitakiF_20141120_DSC_5898.jpg

近くでソウシチョウが騒いでました。この写真はシャッター速度1/10秒ですがきれいに撮れてます。手振れ補正技術が凄いんですね。

sousityou_20141120_DSC_5901.jpg

豊国台のカキが熟れてきたようで、メジロが集まってつついてました。

mejiro_20141120_DSC_5906.jpg

トンボの池の次のコガモは♂だったようで、顔の半分が生殖羽に変わりつつあります。

kogamoM_20141120_DSC_5961.jpg

次のコガモはほぼ換羽が終了のようで、黄色いパンツになってます。

kogamoM_20141120_DSC_5982.jpg

今日はハシビロガモも1羽いました。

hasibirogamo_20141120_DSC_5990.jpg

まだ敏感で飛び去りました。このカモは翼鏡が地味ですね。

hasibirogamoF_20141120_DSC_6003.jpg

サクラ池ではアオサギがふわりと飛びました。飛んでる鳥の羽根はとてもきれいです。

aosagi_20141120_DSC_6032.jpg

春の森のモミジはまだ緑の色が残っているのでグラデーションがきれいです。真っ赤になればいいのですが、このまま茶色くなって散ってしまう場合もあります。

momiji_20141120_DSC_5871.jpg

2014年11月19日の立田山

今日も快晴無風のいいお天気です。
竹林入口でシジュウカラの御出迎えです。丁度飛んだところが写りました。

sijukara_20141119_DSC_5794.jpg

コゲラも木をつついてました。

kogera_20141119_DSC_5801.jpg

メジロはヤマハゼの実をつついてるようでしたが、こんな実を食べるのでしょうか。

mejiro_20141119_DSC_5832.jpg

ヒヨドリバナも種子がすっかり熟しました。

hiyodoribanaB_20141119_DSC_5837.jpg

11月のいいお天気の日にはルリビタキが囀り風の声をよく聞かせてくれます。今日もあちこちで鳴いてました。近くでは二声だけ録音できました。その後は「カツ、カツ」という地鳴きになりました。

Red-franked-Bushrobin_141119_01

湿性植物園にはまだツマグロヒョウモンが飛んでました。ずいぶんきれいな翅です。

tumagurohyoumon_20141119_DSC_5858.jpg

登り道ではルリビタキの♀タイプに出会いました。暗いのと尾を振っていたので青いところが写ってません。

ruribitakiF_20141119_DSC_5863.jpg

春の森で大きなトンボか?と興奮したんですが、よく見るとバッタでした。時々留まったまま翅をバタバタさせており、何の意味があるのでしょうね。

batta_20141119_DSC_5866.jpg

2014年11月18日の自宅付近

いいお天気でしたが、孫の発表会のため自宅付近を観察しました。
隣のアンテナには毎日のようにジョウビタキの♂が留まってます。

jobitakiM_20141118_DSC_5644.jpg

駐車場のハナミズキの紅葉が見ごろです。

hanamizuki_20141118_DSC_5647.jpg

我が家の南側のサクラの木にはヒヨドリが来てました。これは室内からの撮影です。なかなかかわいい顔をしています。

hiyodori_20141118_DSC_5658.jpg

家を出ようとしたら隣のアンテナにイソヒヨドリの♂が留まってました。4階に上がると背景が空ではなくなるので、青い色がきれいに見えました。

isohiyodoriM_20141118_DSC_5672.jpg

県立劇場でマーチングの演技です。5歳にもなると結構難しいことをやってました。

marting_20141118_DSC_5701.jpg

次に留学生のお祭りに関するプレゼンがあり、ネパールのお祭りの第1日目はカラスに食事をあげるそうです。カラスは「人間の悪いこと」を神様に伝える鳥だそうです。用心しましょう。

karasu_20141118_DSC_5737.jpg

2014年11月17日の立田山

今朝は晴れ間も見えてましたが、すぐに曇ってしまいました。
シロハラがずいぶん多く道路に出てくるようになりました。しかし、まだ近づくと逃げるようです。

sirohara_20141117_DSC_5564.jpg

コナラと思う木に丸いものがくっついてました。硬かったので、キノコの一種のようです。

kinokoSP_20141117_DSC_5565.jpg

豊国台の芝生にアサギマダラが休んでました。近づくとふわりと、ゆっくり飛び上がりました。

asagimadara_20141117_DSC_5580.jpg

青いルリビタキの♂が大きな声で鳴いてました。姿が見えて鳴いているときは撮影しようか録音しようかといつも悩みます。

ruribitakiM_20141117_DSC_5581.jpg

少し撮影した後に録音もしました。ルリビタキは4.5kHz位の鳴き声が多いんですが、この個体は4.9kHz位の高めの声でした。ときどき囀り風の声も出してたので最後に一声だけつけておきました。

Red-franked_Bushrobin_Call_141117_02

キセキレイが帰りの竹林入口で見送ってくれました。

kisekirei_20141117_DSC_5626.jpg

2014年11月15日の立田山

今日は快晴無風で気持ちの良い朝でした。
秋の森では南天の実が赤く色づいてました。この花を写すのを忘れてました。

nantenB_20141115_DSC_5430.jpg

トンボの池ではアキアカネがいました。今日見たトンボはこれだけです。

akiakane_20141115_DSC_5440.jpg

日が照っているとタテハモドキが日光浴をしていました。

tatehamodoki_20141115_DSC_5458.jpg

キタキチョウがいましたが、前翅裏面に大きな茶色い紋がありました。こういう模様は初めて見ました。

kitakityou_20141115_DSC_5465.jpg

足元にひっそりとムラサキケマンが咲いてました。この時期は春の花がちらほらと咲くようです。

murasakikeman_20141115_DSC_5473.jpg

池にはカイツブリが泳いでました。

kaituburi_20141115_DSC_5509.jpg

オーストラリアのノドグロカイツブリと比較すると、確かにこちらはのどが黒いようです。

nodogurokaituburi_20141023_DSC_3039.jpg

帰り道でヤマガラが道を教えるように「ニーニー」鳴きながら足元を飛び跳ねてました。

yamagara_20141115_DSC_5543.jpg

鳴き声は次をクリックしてください。

Varied-Tit_Call_141115_02



2014年11月14日の立田山

今日は曇り時々晴れ、という感じです。
竹林入口でシロハラに出会いました。

sirohara_20141114_DSC_5344.jpg

近くにアオジもいました。

aoji_20141114_DSC_5354.jpg

そこへミヤマホオジロも出てきました。

miyamahojiro_20141114_DSC_5358.jpg

山の上の方でルリビタキにも出会いました。冬鳥が勢ぞろいしたようです。

ruribitaki_20141114_DSC_5411.jpg

ここでも紅葉を探しました。

momiji_20141114_DSC_5329.jpg

トンボの池のモミジは黄色くなります。

momiji_20141114_DSC_5372.jpg

奥の池のモミジは赤くなりかかって枯れるようです。

momiji_20141114_DSC_5381.jpg

池にはバンが泳いでました。

ban_20141114_DSC_5392.jpg

オーストラリアにはネッタイバンというのがいます。よく似ています。

netaiban_20141020_DSC_8967.jpg

サクラ池にはベニシジミがいました。

benisijimi_20141114_DSC_5403.jpg

別個体が日光浴をしていました。

benisijimiH_20141114_DSC_5410.jpg

2014年11月12日の五家荘

紅葉見物に五家荘のバスツアーに行きました。道が狭いのでマイクロバスでした。
熊本から南東方向で、最初のせんだん轟の滝まで2時間くらいかかりました。ずいぶん山奥ですが、ここも八代市だそうです。

map20141112.jpg

轟というのは滝のことだそうです。紅葉は見ごろでした。

sendantodoro_20141112_CIMG3166.jpg

せんだん轟の滝の降り口の紅葉です。

sendanhukin_20141112_CIMG3171.jpg

昼食は山女魚荘で山女魚のさしみ、塩焼、甘露煮と山女魚尽くしでした。
入り口のドウダンツツジも見事な紅葉でした。

yamamesou_20141112_CIMG3174.jpg

山女魚が水槽にたくさん泳いでました。

yamame_20141112_CIMG3177.jpg

次は樅の木吊橋で、橋の下に支えのワイヤーがある珍しい構造だそうです。観光用に2本かけられており、1周するようになってます。

mominoki_20141112_CIMG3181.jpg

平家の落人が住んでいたような家屋を移築して平家の里が作られていました。ここも紅葉がきれいでした。

heikenosato_20141112_CIMG3186.jpg

最後は梅ノ木吊橋でここの紅葉も絶景でした。

umenokituribasi_20141112_CIMG3197.jpg

梅ノ木轟(滝)もいい滝でした。

umenokitaki_20141112_CIMG3200.jpg

2014年11月11日の立田山

晴れたり曇ったりの天候です。
竹林入口ではこのところいつもヤマガラが出迎えてくれます。虫こぶのようなところをつついてるようでした。

yamagara_20141111_DSC_5211.jpg

湿性植物園にはカワラヒワがいました。羽根の黄色が鮮やかです。

kawarahiwa_20141111_DSC_5227.jpg

トンボの池にはハシビロガモが3羽いました。今季の初認です。でもすぐに飛び去りました。

hasibirogamo_20141111_DSC_5229.jpg

サザンカが満開になり、いい香りがします。

sazanka_20141111_DSC_5253.jpg

サクラ池の横ではオドリコソウが咲いてました。

odorikosou_20141111_DSC_5272.jpg

そこへジョウビタキが来ました。向こう向きに留まると白い紋が目立ちます。

jobitaki_20141111_DSC_5316.jpg

尾羽を拡げると明るい茶色です。

jobitaki_20141111_DSC_5296.jpg

2014年11月10日の立田山

薄曇りでしたが、徐々にいい天気になり気温も高めのようでした。
湿性植物園にはセグロセキレイがいました。背中がグレーがかって見えます。

segurosekirei_20141110_DSC_5144.jpg

ミソハギには幼虫がいました。ナカグロクチバの幼虫のようです。なかなかきれいな模様です。

nakagurokutibaJ_20141110_DSC_5147.jpg

クスノキには実がなってます。もっとたくさんなってると思ってたんですが、もう落ちてしまったのか、食べられてしまったのでしょうか。

kusunokiB_20141110_DSC_5150.jpg

トンボの池の奥の方には早めに紅葉するモミジの木がありますが、赤くなる前に茶色くなって落葉してしまいます。

momiji_20141110_DSC_5160.jpg

池にはオオバンが2羽いました。

ooban_20141110_DSC_5164.jpg

オーストラリアのオオバンは全く同じようです。

ooban_20141023_DSC_2776.jpg

岸辺にはイヌガラシが咲いてます。春の花がいろいろ咲いてます。

inugarasi_20141110_DSC_5172.jpg

コガモが飛びました。まだこの時期は人なれしていないので、近くを通ると飛んでしまいます。

kogamo_20141110_DSC_5174.jpg

ツマグロヒョウモンが交尾してました。越冬できる幼虫にまで成長できるんでしょうか。

tumagurohyoumonP_20141110_DSC_5184.jpg

今日見た唯一のトンボはマユタテアカネでした。

mayutateakane_20141110_DSC_5195.jpg

登りの北斜面ではガビチョウが大きな声で鳴いてました。このところよく鳴いており、これは8日の録音です。

Chinese-Hwamei_141108_03

豊国台にはイシガケチョウがいました。

isigaketyou_20141110_DSC_5205.jpg

2014年11月07日の立田山

今日は立冬だそうですが、そんなに寒くはありません。
湿性植物園にはタンポポが咲いてました。

tanpopo_20141107_DSC_5024.jpg

ミソハギにはアキアカネが留まってました。

akiakane_20141107_DSC_5023.jpg

トンボの池にはマユタテアカネがいました。こちらは腹部が真っ赤です。

mayutateakane_20141107_DSC_5045.jpg

今日はキアヤヒメノメイガが前翅を上げて留まりました。日光浴でしょうか。

kiayahimenomeiga_20141107_DSC_5026.jpg

タテハモドキも日光浴のようです。

tatehamodoki_20141107_DSC_5036.jpg

サザンカが満開になりました。

sazanka_20141107_DSC_5048.jpg

エナガの群れがヤマハゼの実の周りで何やらついばんでました。

enaga_20141107_DSC_5060.jpg

エナガの声は次をクリックしてください。

Long-tailed_Tit_Call_141107_01

オオバンガ2羽いました。ずっと1羽だけだったので寂しそうでしたが、今年は寂しくなければいいのですが。

ooban_20141107_DSC_5092.jpg

コガモの♂が飛んだのできれいな翼鏡が見えました。

kogamoM_20141107_DSC_5104.jpg

サクラ池ではクサガメが甲羅干しをしていました。

kusagame_20141107_DSC_5109.jpg

豊国台付近ではキジバトが足元を歩いてました。

kijibato_20141107_DSC_5116.jpg

よく似たオーストラリアのハトはカノコバトです。尾が長いですね。

kanokobato_20141022_DSC_2305.jpg

シンガポールでもカノコバトを写しました。オーストラリアのと同じようです。

spotted_dove_07_053.jpg

2014年11月06日の立田山

天気予報の画面では晴れでしたが急に予報が変わって曇りになったそうで、実際には曇りでたまに日が射す程度でした。
豊国台のジョウビタキは♀が縄張りを持っているようです。

jobitaki_20141106_DSC_4924.jpg

頂上付近のカキは今年は豊作のようでびっしりと実がなってました。

kaki_20141106_DSC_4934.jpg

久しぶりに頂上に行きました。昭和33年の天皇皇后両陛下の来訪記念碑がたってます。

tyoujou_20141106_DSC_4936.jpg

ここは常緑樹が主体なので紅葉はあまり期待できませんが、たまに紅葉している木があります。この木はなかなかきれいです。

kouyou_20141106_DSC_4938.jpg

トンボの池ではベニイトトンボがまだいました。

beniitotonbo_20141106_DSC_4953.jpg

飛び回ってる蛾はこのキアヤヒメノメイガだけです。

kiayahimenomeiga_20141106_DSC_4957.jpg

アオモンイトトンボは屈伸運動をしていました。

aomonitotonbo_20141106_DSC_4980.jpg

クロガネモチもびっしりと実を付けています。

kuroganemoti_20141106_DSC_4985.jpg

五高の森の駐車場横の池にはカルガモが居ついてます。オーストラリアのマミジロカルガモより優しい顔の感じです。

karugamo_20141106_DSC_4995.jpg

マミジロカルガモの写真を並べてみました。目の周りの黒っぽい線がこちらの方が太いので、きつい顔の感じになるようです。

mamijirokarugamo_20141020_DSC_8945.jpg

ちなみに、インドで写したカルガモも示すと、こちらは日本のカルガモと同種のようですが、くちばしの付け根が赤かったり、翼鏡も緑色で別亜種のようです。

karugamo_ind_6104.jpg

2014年11月04日の立田山

快晴でずいぶん寒くなりました。ケアンズ旅行記の作成に熱中していたのでブログを書いてませんでした。旅行記がせっかく完成したのにサーバがメンテ中でアップロードできません。
立田山ではホトケノザがあちこちで咲いてます。

hotokenoza_20141104_DSC_4813.jpg

ホオジロが木のてっぺんにいましたが、囀らずに地鳴きしてました。

hojiro_20141104_DSC_4815.jpg

トンボの池ではタテハモドキが日光浴をしてました。この種は成虫が越冬するようです。

tatehamodoki_20141104_DSC_4822.jpg

コガモの♂の顔は繁殖羽のようになってますが、体の方はまだエクリプス風でした。

kogamoM_20141104_DSC_4858.jpg
プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR