2015年7月31日の立田山

今日も暑いですが、雲があるので少しはましです。
中腹を歩いていると、透き通るような白い翅の蛾に出会いました。今日の課題1で、前翅長は10mm程度です。

gaSP1_20150731_DSC_9551.jpg

少し先で大型の蛾に出会いました。なんか変だなと思ったら、裏向きにぶら下がってました。

gaSP2_20150731_DSC_9566.jpg

少し待つと別の場所へ移動して、表が見えました。7/26に写したオオゴマダラエダシャクとは模様が少し違います。本日の課題2で、前翅長は26mm程度です。

gaSP2_20150731_DSC_9569.jpg

葉の先が尖っているのがミヤマフユイチゴで、これも花が咲いてました。

miyamahuyuitigo_20150731_DSC_9575.jpg

トンボの池の周りのソウシチョウがずいぶん増えた感じがします。

sousityou_20150731_DSC_9593.jpg

奥の方にはインドハマユウのピンクの花がまた咲いてました。

indohamayuu_20150731_DSC_9597.jpg

草陰にアシブトクチバが留まってました。珍しく前翅を拡げてたので、直角二等辺三角形ではありません。

asibutokutiba_20150731_DSC_9603.jpg

崖の上には今日もマユタテアカネがいました。しかし、今日の個体は翅の先端が黒くはなってませんでした。

mayutateakane_20150731_DSC_9605.jpg

アオビタイトンボがこちらを向いて留まってましたが、なかなか額が青く光っては写りません。

aobitaitonbo_20150731_DSC_9614.jpg

草陰に直角二等辺三角形がいました。オオウンモンクチバのようです。

oounmonkutiba_20150731_DSC_9627.jpg

サクラ池のいつもの場所にはウチワヤンマがいました。タイワンウチワヤンマもいて、どちらかが留まっている、という感じのようです。

utiwayanma_20150731_DSC_9657.jpg

下りの道ではハンミョウが別名のミチオシエという名前の通り、先へ先へと飛び移ってました。

hanmyou_20150731_DSC_9658.jpg
スポンサーサイト

2015年7月30日の立田山

北海道から戻ってみると梅雨が明けたそうでとにかく蒸し暑いです。
竹林の入り口のゴイシシジミの繁殖場所を調べると、クマザサの葉の裏に卵が産みつけられてました。しかし、成虫は近くにいませんでした。

goisisijimi_egg_20150730_DSC_9399.jpg

サクラ池のいつもの場所には、今日はタイワンウチワヤンマがいました。

taiwanutiwayanma_20150730_DSC_9405.jpg

トンボの池の崖の上の方には翅の先端が黒いトンボがいました。胸の模様から見てマユタテアカネの♀のようです。この種の♀は翅の先端が黒くなることがあるそうです。

mayutateakaneF_20150730_DSC_9450.jpg

見覚えのないトンボが留まりました。今日の課題になってしましました。

tonboSP_20150730_DSC_9473.jpg

胸の模様に特徴があります。図鑑を見てもわかりませんでした。

tonboSP_20150730_DSC_9498.jpg

登り道にはフユイチゴの花が咲いてました。ずいぶん早い開花のようです。

huyuitigo_20150730_DSC_9510.jpg

帰りの竹林の前でサツマニシキに出会いました。きれいので写してしまいます。

satumanisiki_20150730_DSC_9534.jpg

竹林入口にはフタホシシロエダシャクがいました。

hutahosisiroedasyaku_20150730_DSC_9539.jpg

2015年7月26日の立田山

台風の影響で黒い変な雲が浮いていて蒸し暑い朝です。
曇っているせいか、カラスウリのまだ開いている花がありました。

karasuuri_20150726_DSC_9058.jpg

トンボの池ではアブラゼミが留まってました。子供のころ自宅の木にたくさんいた懐かしいセミです。

aburazemi_20150726_DSC_9100.jpg

真っ黒なトンボ、と思いましたが、写真を見ると濃紺のきれいな色が写ってました。額も青く光ってます。成熟したハラビロトンボの♂ですね。

harabirotonboM_20150726_DSC_9110.jpg

カラムシの葉の裏に蛾がいました。アワノメイガかと思いましたが、少し違うようです。本日の課題1で、前翅長は9mm程度です。(クロモンキノメイガと思われます。)

gaSP1_20150726_DSC_9129.jpg

サクラ池のいつもの場所にまたウチワヤンマがいる、と思って写したんですが、タイワンウチワヤンマでした。今年はウチワヤンマの2種が揃いました。

taiwanutiwayanma_20150726_DSC_9139.jpg

その横のスイレンはこちらを向いて咲いてる花がありました。きれいです。

suiren_20150726_DSC_9153.jpg

中央展望台からの下り坂で大物を見つけました。前翅長は38mm位ある大型の蛾です。本日の課題2です。こんなのを見つけると疲れが吹き飛びます!(オオゴマダラエダシャクと思われます。)

gaSP2_20150726_DSC_9173.jpg

2015年7月25日の立田山

快晴で太陽がギラギラ照り付けます。気温も急上昇です。
竹林入口ではコチャバネセセリがいましたが、後翅裏面の白斑がずいぶんくっきりと見えており、違う種かと思いました。

kotyabaneseseriT_20150725_DSC_9024.jpg

熊本城がずいぶんくっきりと見えてました。

kumamotocastle_20150725_DSC_9034.jpg

秋の森の道に留まったのは、ソトウスベニアツバでした。最近写したのでなんとなく記憶がありました。

sotousubeniatuba_20150725_DSC_9040.jpg

トンボの池付近にアオビタイトンボの♀がいました。額が青く光る写真がなかなか撮れません。

aobitaitonboF_20150725_DSC_9043.jpg

カラスウリの花は昼になるとしぼんでしまいます。なかなか早朝に来る気がしません。

karasuuri_20150725_DSC_9050.jpg

2015年7月24日の立田山

梅雨が明けた感じですが、台風の影響があるのか雲が多い空模様です。
竹林入口でシックな模様の蛾を見つけました。寄る前に飛ばれたので寸法が正確ではありませんが、前翅長は13mm程度のようです。本日の課題です。(ヨモギエダシャクのようです。)

gaSP1_20150724_DSC_8887.jpg

別のカラムシの葉に留まってたのは、以前写したヒメクロバかと思いましたが、よくよく見るとタケノホソクロバのようです。前翅長は12mm程度です。

takenohosokuroba_20150724_DSC_8889.jpg

トンボの池ではリュウキュウベニイトトンボが蛾を食べてました。肉食なんですね。

ryu_beniito_20150724_DSC_8923.jpg

ニイニイゼミが飛んできました。子供のころよく捕まえたので懐かしいセミです。

niiniizemi_20150724_DSC_8933.jpg

このトンボはウスバキトンボだと思って写してたんですが、腹部の背部に模様がないので、違うようです。

mayutateakaneM_20150724_DSC_8934.jpg

横から写すと、尾部先端が上に反ってるので、マユタテアカネの未成熟♂のようです。

mayutateakaneM_20150724_DSC_8939.jpg

同じトンボを写してるつもりでしたが、帰って見たら違うトンボでした。こちらはマユタテアカネの♀のようです。

mayutateakaneF_20150724_DSC_8945.jpg

近くにイシガケチョウが飛来しました。

isigaketyou_20150724_DSC_8979.jpg

ずっと見かけなかったのでどうしたのかと思っていたキイトトンボにようやく出会いました。成熟した♂のようです。この種は準絶滅危惧(NT)です。

kiitotonbo_20150724_DSC_8996.jpg

帰り道でサツマシジミに出会いました。今年はこの種をよく見かけます。

satumasijimi_20150724_DSC_9002.jpg

2015年7月23日の立田山

また、朝から強い雨が降ってましたが、9時過ぎには上がり、レーダーナウキャストでチェックして大丈夫そうだったので出かけました。
竹林入口ではゴイシシジミを見つけました。今年初めてです。

goisisijimi_20150723_DSC_8734.jpg

一度翅を開いたんですが、一瞬遅くて写せませんでした。焦げ茶色一色の地味な表面です。

goisisijimi_20150723_DSC_8732.jpg

秋の森ではミズヒキがひっそりと咲いてました。清楚な花です。

mizuhiki_20150723_DSC_8740.jpg

サクラ池の横のいつもの場所にまたマドガがいました。いい場所に留まったので裏面が写せました。

madogaT_20150723_DSC_8763.jpg

表面も写しておきました。

madogaH_20150723_DSC_8775.jpg

トンボの池の近くの地面にカラスアゲハがいました。残念ながら翅が傷んでますが、きれいな色です。

karasuagehaH_20150723_DSC_8787.jpg

裏面も写せました。地面の水分を吸ってるようです。

karasuagehaT_20150723_DSC_8792.jpg

池が増水してるので長靴を履いていきました。トンボの池にはクロイトトンボもいます。

kuroitotonbo_20150723_DSC_8809.jpg

ママコノシリヌグイが咲いてました。これもきれいな花なんですが、ネーミングがよくないですね。

mamakonosirinugui_20150723_DSC_8811.jpg

直角二等辺三角形の蛾を見つけました。今日の課題です。前翅長は18mm程度で、ナカグロクチバ等より小さめのようです。(ウンモンクチバのようです。)

gaSP1_20150723_DSC_8842.jpg

帰り道ではヤマトシジミが交尾してました。

yamatosijimiP_20150723_DSC_8878.jpg

2015年7月21日の立田山

九州北部だけが梅雨明けから取り残されたようで、今朝も雨が降ってました。9時ころに止んだので出かけました。
サクラ池の近くでマドガに出会いました。この状態で開帳が11mm程度の小さい蛾です。マドガ科の他の種はこのマドガとは全然違う感じの蛾ばかりなので覚えてました。

madoga_20150721_DSC_8630.jpg

いい位置にいたので、横から写せました。漫画に出てくるキャラクターのような風貌です。

madoga_20150721_DSC_8642.jpg

雨上がりなのでサクラ池のスイレンは水滴がついてとてもきれいです。

suiren_20150721_DSC_8652.jpg

その横の定位置と少し離れた場所にウチワヤンマが留まってました。

utiwayanma_20150721_DSC_8657.jpg

湿性植物苑にはオオチャバネセセリがいました。今年初めてだと思います。

ootyabaneseseri_20150721_DSC_8658.jpg

翅を拡げてました。

ootyabaneseseri_20150721_DSC_8664.jpg

サクラ池の岸辺ではマルバツユクサが咲いてました。2個ならんで咲くのはツユクサと同じようですが、色が白っぽくて花が小さいです。

marubatuyukusa_20150721_DSC_8676.jpg

2015年7月20日の立田山

朝は晴れてましたが、昼前に雨になるというので歩いて行きました。
菅原神社の下のカンナの花にナガサキアゲハが来てました。花の赤さが強烈なので、ナガサキアゲハの赤い色が目立ちません。

nagasakiagehaM_20150720_DSC_8501.jpg

林の中では白いヤブミョウガの花が目立ちます。拡大してみるとなかなかきれいな花です。

yabumyouga_20150720_DSC_8544.jpg

トンボの池のカラムシの茎にスケバハゴロモが留まってました。これもきれいな虫です。

sukebahagoromo_20150720_DSC_8558.jpg

湿性植物苑のニガナの花にはスジグロシロチョウがいました。表面がうまく写りました。ヤマトスジグロシロチョウというのもいるそうですが、図鑑を見てもどこが違うのかよくわかりません。

sujigurosirotyouH_20150720_DSC_8582.jpg

裏面は容易に写せます。

sujigurosirotyouT_20150720_DSC_8597.jpg

2015年7月18日の立田山

早朝は曇ってましたが、すぐに快晴となり涼しくて気持ちのいい朝でした。
いつも蛾を探す竹林入口のカラムシの葉に面白い蛾がいました。イチジクキンウワバに似てますが、前翅長が12mm位しかなく、イチジクキンウワバは17mm位あるので、違う種のようです。今日の課題です。

gaSP1_20150718_DSC_8424.jpg

近くにコミスジが来ました。日が当たると背中が金色に光ってます。

komisuji_20150718_DSC_8426.jpg

湿性植物苑ではヨメナが咲いてました。よく見ると小さなアリがたかってます。

yomena_20150718_DSC_8460.jpg

ミソハギの中に鳥の巣がありました。何の巣だったのでしょうか。

nest_20150718_DSC_8462.jpg

道の真ん中でキジバトが日光浴をしていました。こちらに気づいて立ち上がってしまいました。

kijibato_20150718_DSC_8492.jpg

久しぶりに五高の森を歩いてみたら、カラスアゲハに出会いました。

karasuageha_20150718_DSC_8497.jpg

2015年7月17日の立田山

台風一過で暑くなるかと思ったんですが、どんより曇って寒い風が吹いてました。半袖では肌寒いくらいです。
サクラ池の近くにはセンダンヒメハマキがいました。小さいですが存在感があります。

sendanhimehamaki_20150717_DSC_8289.jpg

アカメガシワは実が目立つようになりました。

akamegasiwa_20150717_DSC_8299.jpg

ツユクサも咲いてます。上の花はもうしおれたようです。

tuyukusa_20150717_DSC_8309.jpg

カヤツリグサ、と思ったんですが、

kogomegayaturi_20150717_DSC_8315.jpg

拡大してよく見るとコゴメガヤツリのようです。

kogomegayaturi_20150717_DSC_8311.jpg

近くにヤマトシジミが留まってました。

yamatosijimiMT_20150717_DSC_8321.jpg

気温が低いせいか、翅を拡げました。水色がきれいです。

yamatosijimiMH_20150717_DSC_8333.jpg

このところ目立っている黄色い花はニガナです。舌状花は5個と図鑑にはありますが、左端の花は6個あります。

nigana_20150717_DSC_8337.jpg

トンボの池にはアオビタイトンボがいました。いつもは岸辺の草に水の方を向いてとまるので、なかなか正面顔が写せません。たまたま岸辺ではない草に留まったので、正面顔が写せました。額はメタリックに輝いてますが、青くは見えないですね。

aobitaitonboF_20150717_DSC_8363.jpg

サクラ池の並んだ石にクサガメとアオサギがいました。

aosagi_kame_20150717_DSC_8377.jpg

菅原神社の近くにモノサシトンボがいました。池から離れた場所にもいるんですね。

monosasitonboF_20150717_DSC_8400.jpg

2015年7月16日の立田山

台風の影響で曇って少し強い風が吹いてますが、涼しくて気持ちがいい朝でした。
サツマニシキがイタヤカエデの葉に留まってました。水色が輝いてとてもきれいです。

satumanisiki_20150716_DSC_8145.jpg

サクラ池では定位置にウチワヤンマが留まってました。バックにスイレンの花が入りました。

utiwayanma_20150716_DSC_8167.jpg

羽化直後と思われるチョウトンボがいました。金色に輝いてますね。

tyoutonbo_20150716_DSC_8174.jpg

ヒメシャクの仲間もいました。模様がきれいに見えてるので、種がわかるかもしれません。

himesyakuSP_20150716_DSC_8186.jpg

ベニイトトンボもいます。足まで赤くなってます。

beniitotonbo_20150716_DSC_8190.jpg

トンボの池ではスズメノヒエが咲いてました。たくさんあるのになぜか図鑑に未登録でした。

suzumenohie_20150716_DSC_8194.jpg

インドハマユウは白い花が枯れたと思ったら、ピンクの花が咲き始めました。

indohamayuu_20150716_DSC_8222.jpg

ツバメシジミは後翅をすりすりしていたので、黒い表面が見えて♀だとわかりました。

tubamesijimiF_20150716_DSC_8255.jpg

ミソハギにはナカグロクチバがいました。ここではナカグロクチバの幼虫をよく見てたんですが、成虫をようやく見られました。

nakagurokutiba_20150716_DSC_8261.jpg

2015年7月15日の立田山

猛暑になりました。昨日まで雨で涼しかったので、この暑さはこたえます。日陰を選んで歩きました。
サクラ池には変わった色のトンボがいました。オオキトンボじゃないかと思ったんですが、

syoujoutonbo_20150715_DSC_8102.jpg

よこから写せたので、未成熟のショウジョウトンボだとわかりました。オオキトンボなら首のところに長い毛が生えてるそうです。

syoujoutonbo_20150715_DSC_8109.jpg

ウバユリがたくさん咲いてると教えてもらったんですが、近寄れない場所なので、なかなかいい写真になりません。

ubayuri_20150715_DSC_8111.jpg

ツクツクボウシがあちこちで鳴いてます。ツクツクボウシの声を録音したつもりでしたが、ニイニイゼミの方が強く録音されてます。ニイニイゼミの周波数帯はもう聞こえづらくなってるようです。

tukutukubousi_150715_01.mp3

電線にツバメが等間隔でずらりと並んでました。巣立ち雛が多いようです。

tubame_20150715_DSC_8114.jpg

2015年7月14日の立田山

朝は雨が降ってましたが、8時過ぎに止んだので出かけました。
オオハンゲの葉の上にクロセセリが留まってました。花を見つけてからはあちこちにオオハンゲが生えてることに気が付きます。

kuroseseri_20150714_DSC_8017.jpg

ムラサキニガナはいつも暗いところに生えてるので、うまく写りません。

murasakinigana_20150714_DSC_8018.jpg

湿性植物苑のガマは開花が進んで、雄花が枯れ始めて雌花が開いてきたのでしょうか。ルーペで見ないとよくわかりませんが、花に近づけないので見られません。

gama_202150715_DSC_8026.jpg

アオギリは満開になりました。ようやく雌花も咲きました。途中が膨れてるのが雌花ですね。雄花の雄しべが合着して1本になってるので、紛らわしいです。

aogiriF_20150714_DSC_8038.jpg

トンボの池にはシマスズメノヒエが咲いてました。イネ科はもっと見つかるかと思ってましたが、なかなかないものです。

simasuzumenohie_20150714_DSC_8063.jpg

咲き始めたミソハギの花にはキタキチョウが来てました。これからこの花が楽しませてくれますが、この場所は日陰ではないので大変です。

kitakityou_20150714_DSC_8069.jpg

サクラ池のいつもの場所にウチワヤンマが留まってました。スイレンの横のこの場所がよほどお気に入りのようです。

utiwayanma_20150714_DSC_8075.jpg

カラムシの葉は裏面に白い綿毛がびっしりと生えてるので白く見えますが、この綿毛が無くて緑色に見える葉は変種でアオカラムシと呼ばれてるとのことです。今写真を見たら何かの卵がたくさん産みつけられてます。

aokaramusi_20150714_DSC_8085.jpg

丁度、アオカラムシの花が咲いてました。

aokaramusi_20150714_DSC_8084.jpg

2015年7月12日の立田山

台風の影響か、曇りですがかなり蒸し暑い日です。
立田山ではもうツクツクボウシが鳴き始めました。
サンゴジュが赤い実をつけてました。茎も赤くなるので、珊瑚のようです。

sangoju_20150712_DSC_7907.jpg

暗い林の中で葉の裏に留まる蛾は、モンウスグロノメイガのようです。

monnusuguronomeiga_20150712_DSC_7915.jpg

大きな葉の上にはセンダンヒメハマキがいました。

sendanhimehamaki_20150712_DSC_7937.jpg

この花は、カラスビシャクという名前が浮かび上がったんですが、よく調べてみると近縁のオオハンゲのようです。初めて見る花で、なぜこんな名前が記憶の底から浮かび上がったのかは不明です。

oohange_20150712_DSC_7942.jpg

オオハンゲは葉の高さと花の高さが同じくらいになってます。

oohange_20150712_DSC_7945.jpg

アベリアの花にはキタキチョウが来てました。半逆光で写すと黒い縁取りの形状がよくわかります。

kitakityou_20150712_DSC_7991.jpg

2015年7月10日の立田山

今日もカンカン照りの猛暑です。
ニンジンボクの花には蝶はおらず、クマバチが何匹か来てました。

kumabati_20150710_DSC_7819.jpg

秋の森に入ったところで道路をコジュケイが歩いてました。キジバトだと思って写す気がなく歩いてたので、シャッターチャンスを逃してしまいました。

kojukei_20150710_DSC_7822.jpg

スポットライトのような場所にイシガケチョウが飛来しました。地色が黄色い個体は♀だそうです。

isigaketyouF_20150710_DSC_7845.jpg

白い蛾がいた、と思って写したら黄色でした。ヒメウコンエダシャクですね。

himeukonedasyakuF_20150710_DSC_7838.jpg

サクラ池の横にもヒメウコンエダシャクがいました。裏面を見せてくれました。

himeukponedasyakuF_20150710_DSC_7855.jpg

夏の森ではまだタイサンボクが咲いてます。いい匂いがします。ナガサキアゲハが来たんですが、すぐに飛び去ったので、あまり蜜がないのでしょうか。

taisanboku_20150710_DSC_7869.jpg

足元に昨日の課題と同じ蛾がいました。やはり前翅長は13mmです。昨日の写真は模様がわかり易いように少しコントラストを上げてたんですが、この写真が自然な感じです。

gaSP1_20150710_DSC_7873.jpg

自宅に帰ったら、毛むくじゃらの蛾がいました。本日の課題です。前翅長が25mmの大きな蛾です。

gaSP2_20150710_DSC_7897.jpg

顔も写しました。

gaSP2_20150710_DSC_7899.jpg

横からの写真です。けっこう厚みがあります。

gaSP2_20150710_DSC_7902.jpg

2015年7月9日の立田山

ギラギラ太陽で真夏がやってきました。トンボの季節です。
サクラ池の近くにはオオシオカラトンボの♀が留まってました。

oosiokaratonboF_20150709_DSC_7678.jpg

サクラ池にはウチワヤンマがいました。5月に18年ぶりで見て、また出現してくれました。

utiwayanma_20150709_DSC_7687.jpg

歓迎できないコシアキトンボもいました。額が白いんですね。

kosiakitonboM_20150709_DSC_7700.jpg

トンボの池ではオオシオカラトンボが交尾してました。

oosiokaratonboP_20150709_DSC_7724.jpg

アオビタイトンボは日差しが強いとよく尻を上げます。

aobitaitonbo_20150709_DSC_7735.jpg

モノサシトンボがふわふわと飛んできました。

monosasitonboM_20150709_DSC_7745.jpg

夏の森で蛾を見つけました。前翅長は13mm程度で、今日の課題です。

gaSP1_20150709_DSC_7751.jpg

下りの自動車道沿いのアベリアにはアサギマダラが来てました。これまでは9月以降の秋に見かけましたが、7月に見たのは初めてです。

asagimadaraF_20150709_DSC_7789.jpg

ふわりと飛び上がったところが写りました。♀のようです。

asagimadaraF_20150709_DSC_7800.jpg

裏面も写しました。本当に綺麗な蝶です。

asagimadaraFT_20150709_DSC_7807.jpg

2015年7月8日の立田山

 久しぶりに日が照りました。おかげで気温が急上昇し、朝からクマゼミがうるさく鳴いてます。

kumazemi_150708_01.mp3

ツバメシジミが揺れる葉の上に留まって、上下動に合わせて翅を開いたり閉じたりしてました。おかげで綺麗な表面が見られました。

tubamesijimiM_20150708_DSC_7497.jpg

この白い花はなんでしょうか。拡大するとわからないもので、ミツバの花です。

mituba_20150708_DSC_7501.jpg

ニンジンボクの花に来ていたのはオナガアゲハの♀だと思ってたんですが、ジャコウアゲハの♂だと教えていただきました。残念ながら右側が少し破れてますが、ジャコウアゲハは立田山では初撮影です!

onagaagehaFH_20150708_DSC_7509.jpg

裏面も写せました。胴がずいぶん赤いのに驚きました。

onagaagehaFT_20150708_DSC_7536.jpg

頂上付近のボロボロノキの実が色づいてきました。たくさん花が咲いてたんですが、実は少ししかついてません。

boroboronokiB_20150708_DSC_7548.jpg

サクラ池ではアオサギが飛び立ちました。こんな風に飛んでみたいものです。

aosagi_20150708_DSC_7563.jpg

湿性植物苑のガマの花が咲き始めました。黄色いのが雄花の花粉のようです。

gama_20150708_DSC_7581.jpg

トンボの池の岸辺に蛾がいました。ヒメシャクの仲間のようですが、模様がないので難しそうです。一応本日の課題にしておきます。

gaSP1_20150708_DSC_7591.jpg

面白い模様の甲虫がいました。初めて見たような気がしますが、忘れてるだけかもしれません。

koutyuuSP_20150708_DSC_7604.jpg

ツマグロヒョウモンが交尾してました。このペアは♀が♂をぶら下げて飛び回ってました。

tumagurohyoumonP_20150708_DSC_7614.jpg

アベリアの花にはクロセセリが来てました。

kuroseseri_20150708_DSC_7632.jpg

近くの葉に留まって翅を拡げたので、表を写すことができました。

kuroseseriH_20150708_DSC_7648.jpg

野鳥の森ではウバユリが咲いてました。

ubayuri_20150708_DSC_7653.jpg

2015年7月7日の立田山

 朝は雨が降ってたんですが、9時過ぎに止んだので出かけました。
ニンジンボクの花にはホシホウジャクの仲間が蜜を求めて来てましたが、前翅先端の模様から、クロホウジャクのようです。

kurohoujaku_20150707_DSC_7369.jpg

ベニバナボロギクが一斉に咲き始めました。

benibanaborogiku_20150707_DSC_7394.jpg

豊国台のシャシャンボの花にはサツマシジミが来てました。こんな花にも蜜があるようです。

satumasijimi_20150707_DSC_7398.jpg

サクラ池の横ではクロコノマチョウが留まってました。この色は♀のようです。

kurokonomatyou_20150707_DSC_7410.jpg

ハマキガの仲間もいました。なかなかきれいな蛾です。今日の課題1です。前翅長は14mm程度で、ハマキガの仲間としては大きいほうですね。

hamakigaSP_20150707_DSC_7439.jpg

トンボの池にはベニイトトンボがいます。目が赤黒くなった成熟♂です。

beniitotonbo_20150707_DSC_7453.jpg

枝先にツバメの巣立ち雛が留まっており、ときおり親が餌を与えてました。親はホバリングで器用に餌やりをします。

tubame_20150707_DSC_7471.jpg

トンボの池の最奥部に毎年インドハマユウが咲きます。雨などで来られなかった間に一気に咲いたようです。

indohamayuu_20150707_DSC_7475.jpg

夏の森のナツツバキの花が咲くのを待ってたんですが、これはつぼみではなく花が終わった後の実のようです。これも花期を逃してしましました。

natutubakiB_20150707_DSC_7479.jpg

2015年7月3日の立田山

続きを読む

2015年7月2日の立田山

昨日は白川がかなり増水しましたが、立派な堤防ができてるので安心でした。
立田山では雑草の中にヤブカンゾウが咲いてました。

yabukanzou_20150702_DSC_7176.jpg

ニンジンボクの花にはサツマシジミが飛来しました。黒斑の大きさがばらばらです。

satumasijimiMT_20150702_DSC_7182.jpg

少しだけ翅を開いたので、表面が少し見えました。美しい表面をしっかり見たいものです。

satumasijimiMH_20150702_DSC_7186.jpg

ダイミョウセセリも来てました。

daimyouseseri_20150702_DSC_7191.jpg

アオスジアゲハは停止しませんが、なんとか写りました。

aosujiageha_20150702_DSC_7194.jpg

サクラ池は増水して濁ってましたが、大きな鯉が水面に浮かんできてました。自動補正すると水中の鯉もきれいに見えるようになります。

koi_20150702_DSC_7202.jpg

トンボの池の横にはホタルガが留まってました。

hotaruga_20150702_DSC_7213.jpg

その上の東屋付近のアオギリの花が咲き始めました。キリの木とは科も違ってアオギリ科だそうです。この花は雄花のようなので、雌花も探さないといけません。

aogiri_20150702_DSC_7216.jpg

クロヒカゲが葉の上に留まりました。明るい場所だと、ナミヒカゲのような色に見えますが、この付近にはナミヒカゲはいないようです。

kurohikage_20150702_DSC_7241.jpg

サクラ池横の道路の崖が崩れてました。この写真を市役所の道路整備課に送りましたが、どうするでしょうか。

gakekuzure_20150702_DSC_7244.jpg
プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR