2015年9月30日の立田山

曇りでやや涼しくなりました。
竹林入口では先日自宅でみつけたウスミドリナミシャクがいました。葉の上にいる方が綺麗に見えます。

usumidorinamisyaku_20150930_DSC_4374.jpg

近くにいたのはヒメシャクの仲間と思われます。本日の課題1です。前翅長9mm程度の小さい蛾です。

gaSP1_20150930_DSC_4382.jpg

A水槽のちかくには見覚えのない花が咲いてました。コウヤボウキの仲間のようですがよくわかりません。

kouyaboukiSP_20150930_DSC_4391.jpg

トンボの池ではトンボはめっきりと減りましたが、シオカラトンボが交尾してました。

siokaratonboP_20150930_DSC_4428.jpg

ウラギンシジミが留まって、すっと翅を拡げました。オレンジ色がとてもきれいです。

uraginsijimiM_20150930_DSC_4439.jpg

土手にアザミの仲間が咲いてましたが、これも見分けが難しいです。ヒメアザミかなと思いました。

himeazami_20150930_DSC_4449.jpg

お祭り広場にはヒトのペアが(笑)。前撮りのようです。

hitoP_20150930_DSC_4463.jpg

サクラ池ではヒメシャクの仲間がいました。これも前翅長が9mm程度の小さい蛾です。

scopulaSP_20150930_DSC_4468.jpg

ガマの湿地には白い花が咲いてました。キカラスウリの花のようです。正午を過ぎてるのに花が開いてるのには驚きました。

kikarasuuri_20150930_DSC_4489.jpg
スポンサーサイト

2015年9月29日の立田山

曇りで気温は高めでした。
最初にホシアサガオを見に行きました。きれいな花です。マメアサガオとは少し花の形が違うようです。

hosiasagao_20150929_DSC_4175.jpg

ホシつながりでホシホウジャクが来てるかと思いましたが、翅が写ったのでクロホウジャクのようです。

kurohoujaku_20150929_DSC_4197.jpg

サクラ池まで来ると、シロモンノメイガがキツネノマゴの花に留まってました。いつも葉の裏にしか留まらないので珍しいことです。

siromonnomeiga_20150929_DSC_4212.jpg

湿性植物苑のミゾソバにはアオスジアゲハが来てました。

aosujiageha_20150929_DSC_4245.jpg

翅を止めないので表面はなかなか写せません。連写すると偶然撮れることがあります。

aosujiageha_20150929_DSC_4262.jpg

お祭り広場にはコゲラが2羽いました。この2羽の関係はわかりません。

kogera2_20150929_DSC_4299.jpg

トンボの池ではリスアカネが連結して飛んでました。この状態で♀が産卵する感じで腹部先端を下げるしぐさをしてましたが、水面でやらないのが不思議です。

risuakane_20150929_DSC_4311.jpg

マダラミズメイガも葉の裏にしか留まりませんが、たまたま垂直に立っている葉の裏に留まってました。

madaramizumeiga_20150929_DSC_4331.jpg

花を写した引っ付き虫は実が大きくなってきました。オナモミではなくオオオナモミのようです。

ooonamomiB_20150929_DSC_4334.jpg

2015年9月28日の立田山

晴れで早朝は涼しかったんですが、気温が急上昇で厳しい暑さになりました。
昨日はホシアサガオがしおれてたのかと思ってたんですが、花がかなり大きくてマルバアサガオのようです。

marubaasagao_20150928_DSC_3988.jpg

台風の影響でずっと歩いてなかった場所にはヌスビトハギが実をつけてました。

nusubitohagi_20150928_DSC_3995.jpg

その近くにはダンドボロギクが咲いており、種になってるのもありました。これは未登録です。

dandoborogiku_20150928_DSC_4001.jpg

ヒメクグがちょうど満開のようです。

himekugu_20150928_DSC_4015.jpg

豊国台ではキビタキが盛んに地鳴きしてましたが、姿を見つけられませんでした。

Narcissus_Flycatcher_Call_150928_01

ムラサキツバメがいましたが、久しぶりなのにすぐに飛び立ってしまいました。

murasakitubame_20150928_DSC_4019.jpg

ガンクビソウも咲いてます。秋の花が一斉に開花したようです。

gankubisou_20150928_DSC_4023.jpg

湿性植物苑の水路にはミゾソバが花を咲かせており、集まる蝶を上から見下ろすことができます。ヒメアカタテハがいました。いつもはたくさんいるんですが、今年は久しぶりでした。

himeakatateha_20150928_DSC_4066.jpg

裏面もなかなかきれいです。

himeakatatehaT_20150928_DSC_4070.jpg

キタテハもいます。

kitateha_20150928_DSC_4096.jpg

この裏面は面白い模様です。

kitatehaT_20150928_DSC_4092.jpg

向かいの木にメボソムシクイがいました。正面顔です。頭央線が無いのがわかります。

mebosomusikui_20150928_DSC_4109.jpg

「ジジッ」という感じで地鳴きしてました。

mebosomusikui_20150928_DSC_4112.jpg

地鳴きを録音しようとしたら、モズが大きな声で邪魔しました。

Arctic_Warbler_Call_150928_02

トンボの池のこのイトトンボはなんでしょう。わかりませんでした。

itotonboSP_20150928_DSC_4122.jpg

ショウジョウトンボはとても暑いせいか尻上げしてました。

syoujoutonbo_20150928_DSC_4130.jpg

タテハモドキは夏型がいました。先日秋型を見たばかりなのに、暑くなったのでまた夏型が発生したのか、ずっと前に発生した個体なのかはわかりません。

tatehamodokiSu_20150928_DSC_4131.jpg

ホシアサガオの場所を教えてもらって行ってみたら、もう花はしぼんでました。朝に行かないとだめですね。ホシホウジャクの仲間が来てました。

hosihoujakuSP_20150928_DSC_4143.jpg

かろうじて1個の花の中が見えました。きれいな花ですね。明朝が楽しみです。

hosiasagao_20150928_DSC_4155.jpg

昨日の白い花はマメアサガオだとFBで教えてもらいました。この花は昼過ぎでもまったく萎まないのが驚きです。

mameasagao_20150928_DSC_4165.jpg

2015年9月27日の立田山

曇りですが、暑い朝でした。
竹林入口にはヨツボシノメイガがいましたが、葉の裏にしか留まらないので撮影に苦労しました。白い部分が虹色に輝いてとてもきれいです。

yotubosinomeiga_20150927_DSC_3872.jpg

顔も写せました。

yotubosinomeiga_20150927_DSC_3874.jpg

小さな舌状花があるのは、アメリカセンダングサで未登録でした。

amerikasendangusa_20150927_DSC_3894.jpg

豊国台にある花を見損なったのでいまだに不明の木の実が黒く色づいてきました。

humeiB_20150927_DSC_3901.jpg

久しぶりに中腹を歩きました。カラの混群がいましたが、コゲラだけ写せました。

kogera_20150927_DSC_3911.jpg

足元のヤマトシジミがきれいです。

yamatosijimi_20150927_DSC_3921.jpg

クロヒカゲも飛来しました。先端の白い部分が目立つ個体でした。

kurohikage_20150927_DSC_3924.jpg

いい匂いがすると思ったらキンモクセイが咲いてました。この花は色が薄めです。

kinmokusei_20150927_DSC_3928.jpg

サクラ池の近くではヒヨドリジョウゴの実ができてました。

hiyodorijougoB_20150927_DSC_3941.jpg

サクラ池には今日もタテハモドキの秋型がいました。色が濃い感じがしました。

tatehamodoki_20150927_DSC_3945.jpg

トンボの池ではミゾソバがたくさん咲いてました。きれいです。

mizosoba_20150927_DSC_3953.jpg

ホシアサガオが咲いてると教えてもらったので、この気になってた花はホシアサガオの白花だと思いました。淡紅色の花は全部しぼんでました。朝のうちに見ないといけないようです。(マメアサガオだと教えていただきました。)

hosiasagao_20150927_DSC_3964.jpg

2015年9月26日の立田山

晴れで暑い朝です。もう9月下旬なのになんと暑いのでしょうか。
それでも秋の花、ハギが咲いてます。

hagi_20150926_DSC_3742.jpg

秋の森を過ぎたあたりでサツマニシキが飛来しました。いつみてもきれいな蛾です。

satumanisiki_20150926_DSC_3754.jpg

サクラ池の近くでいつも見かけるシロツトガが写せる場所に留まってくれました。いつも葉の裏に素早く留まるのでなかなか写せません。

sirotutoga_20150926_DSC_3764.jpg

しばらく見かけなかったんですが、タイワンウチワヤンマがいました。

taiwanutiwa_20150926_DSC_3775.jpg

岸辺にはヒメムカシヨモギが咲いてました。

himemukasiyomogi_20150926_DSC_3789.jpg

トンボの池にはあまりいなくなりましたが、少し離れたところにベニイトトンボが留まってました。すべての部分が真っ赤です。

beniitotonbo_20150926_DSC_3809.jpg

トンボの池の岸辺にはウラベニエダシャクが留まってました。緑の苔の上にいたのできれいに見えました。

urabeniedasyaku_20150926_DSC_3831.jpg

ミゾソバもきれいに咲いてます。

mizosoba_20150926_DSC_3840.jpg

帰りのサクラ池でタテハモドキに出会いました。翅の形は秋型です。

tatehamodokiAuH_20150926_DSC_3843.jpg

裏も写したいんだけど、と考えてたら、翅を閉じてくれました。確実に秋型です。このところ暑い日が続きますが、朝夕は涼しいのでもう秋型が発生するような気温なのでしょう。

tatehamodokiAuT_20150926_DSC_3852.jpg

2015年9月25日の立田山

朝は快晴で夏が戻ったような暑さです。
登り道で足元にイシガケチョウが飛来しました。やはり、緑の葉の上の方が見栄えがします。

isigaketyou_20150925_DSC_3667.jpg

ススキの花が咲いてます。こうやって拡大してみると綺麗な花です。

susuki_20150925_DSC_3670.jpg

湿性植物苑のミソハギにはチャノコカクモンハマキが留まってました。ここによくいます。

tyanokokakumonhamaki_20150925_DSC_3692.jpg

トンボの池横のアカササゲには実ができてました。アリが集まってるので蜜が出てるのでしょうか。蝶が来てるのは見ないですね。

akasasage_20150925_DSC_3694.jpg

カラムシの葉にいる幼虫は、クロキシタアツバのようです。足のつき方で科がわかるそうです。

kurokisitaatubaJ_20150925_DSC_3712.jpg

大きなフクラスズメの幼虫もたくさんいます。人の気配で体をゆすって威嚇してるようです。足の黒いタイプの方が色合いがいいのになと思いました。

hukurasuzumeJ_20150925_DSC_3716.jpg

チャバネセセリが飛来しました。後翅の表面には斑点がありません。

tyabaneseseri_20150925_DSC_3722.jpg

中央展望台からの下り道ではいつもハンミョウが前へ前へと飛んで道を教えてくれます。

hanmyou_20150925_DSC_3734.jpg

2015年9月24日の立田山

曇りですが蒸し暑い感じの朝でした。また半袖にして出かけました。
引っ付き虫(オナモミ)の花がこのようだとは知りませんでした。小さな花がたくさん集まってるのでキク科だそうです。

onamomi_20150924_DSC_3553.jpg

今年はあちこちでマユタテアカネをたくさん見かけます。

mayutateakane_20150924_DSC_3558.jpg

ヒヨドリバナも咲き始めてます。

hiyodoribana_20150924_DSC_3560.jpg

湿性植物苑のミソハギで枯葉のような蛾がいたな、と考えてたら、そのヒメエグリバがいました。左が頭です。

himeeguriba_20150924_DSC_3568.jpg

真上から見ると形状が想像できません。

himeeguriba_20150924_DSC_3573.jpg

ヒガンバナにはカラスアゲハが来てました。両者の対比した色がとてもきれいです。

karasuageha_20150924_DSC_3590.jpg

裏面も写せました。

karasuageha_20150924_DSC_3597.jpg

ノササゲの花がびっしりとついてました。この花の名前も忘れてました。

nosasage_20150924_DSC_3605.jpg

スジグロシロチョウが飛び回ってましたが、うまくピントが合いました。

sujigurosirotyouH_20150924_DSC_3617.jpg

サクラ池に複雑な模様の蛾がいました。前翅長は19mm程度で今日の課題1です。

gaSP1_20150924_DSC_3630.jpg

真上からも写しました。

gaSP1_20150924_DSC_3633.jpg

2015年9月20日の立田山

快晴で気持ちの良い涼しい朝でした。
自宅の外階段の壁に緑の蛾がいました。緑色の蛾は少ないのですぐわかり、ウスミドリナミシャクのようです。前翅長は14mm程度です。

usumidorinamisyaku_20150920_DSC_3338.jpg

C水槽の手前でクワゴマダラヒトリが産卵しているのを見つけました。この間も同じものを見ましたが、その場所は次の日に草刈りでなくなってしまったので、こちらの卵をこれからも観察できればいいのですが。

kuwagomadarahitori_20150920_DSC_3356.jpg

頂上付近に黄色い花を見つけました。写してるときは名前がわかりませんでしたが、歩いているうちに、ふいにキンミズヒキという名前が思い浮かびました。

kinmizuhiki_20150920_DSC_3371.jpg

頂上から斜めに下る道は倒木がジャングルジムのようになってる場所があります。

tree1_20150920_DSC_3375.jpg

サクラ池ではチカラシバの花が咲いてました。これはすぐに名前が浮かんできました。

tikarasiba_20150920_DSC_3390.jpg

トンボの池に来るといつもヤマガラが出迎えてくれます。正面顔は可愛いですね。

yamagara_20150920_DSC_3396.jpg

リスアカネがいました。留まって少しの間だけこの写真のように翅を上げた状態で、すぐ下に下げます。このような写真はすばやく写さないと写せません。

risuakane_20150920_DSC_3412.jpg

秋ですね、萩の花が咲き始めました。これはアレチヌスビトハギのようです。

aretinusubitohagi_20150920_DSC_3418.jpg

葉の落ちた木を見て、ここに鳥が来たら見やすいんだが、と考えてたら大きめの鳥がやってきました。腹の黒い線が太くてたくさんあるので、ツツドリのようです。幼鳥のようです。

tutudori_20150920_DSC_3427.jpg

ちょっと離れた木に移動して背中も見せてくれました。この時期は鳴かないので難しいですね。

tutudori_20150920_DSC_3443.jpg

2015年9月19日の立田山

早朝は曇ってましたが、すぐに晴れてきてウロコ雲が浮いてました。
竹林入口で、ツマグロヒョウモンかと思ったんですが、色合いが違うのであわてて近づきました。模様も違います。

midorihyoumonF_20150919_DSC_3249.jpg

裏面もなんとか1枚だけ写せました。ミドリヒョウモンです。この種は初めて見ました。

midorihyoumonF_20150919_DSC_3250.jpg

マユタテアカネの♀もいました。翅の先が黒いタイプです。

mayutateakaneF_20150919_DSC_3254.jpg

久しぶりに探鳥会の下りコースを南休息所に向かって登ってみました。倒木は台風直後とほとんど変わってませんが、う回路がそれぞれにできてました。

tree1_20150919_DSC_3262.jpg

赤いヒガンバナもたくさん咲き始めました。シロバナより花期が遅いようです。

higanbana_20150919_DSC_3285.jpg

横に留まったのは、オオシオカラトンボの♀のようです。

oosiokaratonboF_20150919_DSC_3287.jpg

今年はトンボの池のアカササゲは全滅かと思ってましたが、北岸の道路の向こうの小さな崖のところに10個程花が咲いてました。この場所は初めて気づきました。

akasasage_20150919_DSC_3291.jpg

トンボの池の岸辺にいたのは、ウスイロコノマチョウのようです。しわしわの模様が特徴です。

usuirokonomatyou_20150919_DSC_3308.jpg

帰りの春の森にはクロイトトンボがいました。腹部先端に2個の青い筋がちゃんとあります。

kuroitotonbo_20150919_DSC_3323.jpg

2015年9月18日の立田山

晴れですがすがしい感じの朝でした。
トンボの池の奥で白い花がたくさん咲いているのを見つけました。ハート形の葉が特徴です。アカネのようです。

akane_20150918_DSC_3192.jpg

花の拡大写真です。まだまだ知らない花があります。

akane_20150918_DSC_3194.jpg

ベニイトトンボはまだたくさんいます。目まで真っ赤な成熟♂ですね。

beniitotonbo_20150918_DSC_3197.jpg

大物の蛾を見つけましたが、残念ながら裏向きです。前翅長は22mm程度で、スズメガの仲間と思われますが、裏向きの写真はあまりないので種名にたどり着くのは困難なようです。

suzumegaSP1_20150918_DSC_3208.jpg

サクラ池にはオオウンモンクチバがいました。黒い線の模様がくっきりと見えて面白い線画です。

oounmonkutiba_20150918_DSC_3223.jpg

先日撮影してわからなかったチョウジタデです。この写真のように花を横から写すと花の下が長い特徴がわかります。

tyoujitade_20150918_DSC_3227.jpg

小さいトンボ!と思ったんですが、測ってみると38mm位ありました。マユタテアカネ♀のなかでは平均的な大きさのようです。

mayutateakaneF_20150918_DSC_3241.jpg

2015年9月17日の立田山

曇りで蒸し暑い朝でした。11時ころから雨の予報でしたが、自転車で行きました。
竹林入口にいたトンボは翅の先が黒いのでリスアカネかと思いましたが、胸に模様がないのでマユタテアカネの♀でした。

mayutateakaneF_20150917_DSC_3045.jpg

サクラ池でタテハモドキに出会いました。今年初めてのような気がします。まだ夏型ですね。

tatehamodokiSu_20150917_DSC_3063.jpg

ウルシの仲間が花を咲かせてました。春に花が咲くものと思ってたので驚きましたが、このヌルデだけは晩夏に咲くそうです。

nurude_20150917_DSC_3076.jpg

その下にいたのは、ヒメマダラエダシャクのようです。前翅長は17mm程度です。これは初撮影です。

himemadaraedasyaku_20150917_DSC_3101.jpg

トンボの池の岸にはオギノツメが咲いてました。これはタテハモドキの幼虫の食草です。

oginotume_20150917_DSC_3110.jpg

近くにイボクサが咲いてました。この名前は現地では思い出せなかったんですが、パソコンで見たときにはふっと思い出しました。人の記憶は面白いものです。

ibokusa_20150917_DSC_3123.jpg

色が黒っぽいカヤツリグサの仲間がありました。イガガヤツリのようです。固まって咲いてる花をクリのイガに見立てたようです。

igagayaturi_20150917_DSC_3126.jpg

トンボの池にはギンヤンマがたくさん飛び回ってました。静止しないと撮影は困難です。

ginyanma_20150917_DSC_3133.jpg

あまりにもたくさんいるので、いても写さないのがヒメウラナミジャノメです。今日は交尾してたので写しました。

himeuranamijanomeP_20150917_DSC_3141.jpg

キツネノマゴにアオスジアゲハが来てました。小さな花ですがたくさん咲いてるのでこんな大きな蝶の食欲を満たすのでしょうか。

aosujiageha_20150917_DSC_3164.jpg

結局雨は降らずに日が照って暑い思いをしました。

2015年9月16日の立田山

曇りで肌寒い朝でした。
豊国台方面はまだ立ち入り禁止なので、中央展望台方面に向かいました。「ギギッ」というサンコウチョウの声が聞こえました。さえずり風の声も交じってます。

Japanese_Paradise_Flycatcher_Call_150916_02

声の方を探すと、サンコウチョウがいました。セミがあまり鳴かなくなると声で鳥を探すことができるようになります。

sankoutyou_20150916_DSC_2999.jpg

湿性植物苑のミソハギにはナカグロクチバがいました。ここは幼虫の食草なので産卵に来てるのかもしれません。

nakagurokutiba_20150916_DSC_3015.jpg

トンボの池の奥の湿地にアカササゲが咲いてると教えていただいたので、見に行きました。昨日も対岸から覗いたんですが、気づきませんでした。

akasasage_20150916_DSC_3017.jpg

トンボの池に戻るとリスアカネがこちら向きに留まってました。

risuakane_20150916_DSC_3026.jpg

帰りの林道のクサギの花にはモンキアゲハが来てました。

monkiageha_20150916_DSC_3031.jpg

2015年9月15日の立田山

今日も薄曇りで、ついに長袖を着ました。
自宅から見た朝の阿蘇山です。噴煙はかなり収まってるようです。しかし、熊本空港発着の飛行機がいつ欠航するかわからないのでとても不便になります。

aso_20150915_DSC_2865.jpg

竹林入口で見つけたのは、スジベニコケガと思ったんですが、模様が違っててハガタベニコケガでした。前翅長は11mm程度の初撮影でした。

hagatabenikokega_20150915_DSC_2868.jpg

サクラが狂い咲きしてます。

sakura_20150915_DSC_2875.jpg

サクラ池の近くのヒヨドリジョウゴがたくさん咲いてました。きれいな花です。

hiyodorijougo_20150915_DSC_2879.jpg

鱗粉がこすれ落ちたような蛾がいました。アツバの仲間Hypena属だと思って調べましたが、模様がはっきりしないので決められませんでした。前翅長15mm程度で課題1にしておきます。

gaSP1_20150915_DSC_2884.jpg

キツネノマゴに来ていたセセリチョウは、後翅の白斑がはっきりせず、オオチャバネセセリのようですが違うようでもあります。

ootyabaneseseriQ_20150915_DSC_2886.jpg

サクラ池の岸辺にたくさん咲いてたのは、ハシカグサのようです。去年調べた花は思い出せません。20年くらい前に横須賀で調べていた花はほとんど覚えてるのに、短期記憶能力が衰えてるようです。

hasikagusa_20150915_DSC_2890.jpg

地面にいたのは見覚えのない蛾です。前翅長は9mm程度で、課題2です。

gaSP2_20150915_DSC_2908.jpg

なにかの幼虫が湿性植物苑の芝生の上を歩いてました。きれいな色です。長さは40mm程度です。

kemusi_20150915_DSC_2911.jpg

トンボの池の奥の方にはゲンノショウコが咲いてました。関東では白い花しか見なかったので、この色を阿蘇で初めて見たときは驚きました。

gennosyouko_20150915_DSC_2937.jpg

足元に咲いてたこの黄色い花は調べてもわかりませんでした。また「みんなの花図鑑」で聞いてみましょう。(サワオトギリとのことです。すばやく教えていただきました。)

hanaSP1_20150915_DSC_2943.jpg

背中が黄色く見えたので、キバラゴマダラヒトリかと思いましたが、

akaharagomadarahitori_20150915_DSC_2945.jpg

光をよくあてると色は赤なので、アカハラゴマダラヒトリのようです。

akaharagomadarahitori_20150915_DSC_2962.jpg

サクラ池の岸辺のこの黄色い花もわかりませんでした。ストレスが溜まります。(チョウジタデとのことです。こちらもすばやく教えていただきました。)

hanaSP2_20150915_DSC_2964.jpg

ウスバキトンボが垂直に留まってました。羽化間もないのでしょう。これから長旅に出るのでしょうか。

usubakitonbo_20150915_DSC_2973.jpg

こんな蛾がいたので、つい写しましたが、これは枯れ枝です。

eda_20150915_DSC_2976.jpg

帰りの竹林入口でまた蛾を見つけました。白い線が目立ちます。前翅長は14mm程度で課題3です。

gaSP3_20150915_DSC_2981.jpg

このあたりで最近よく見るイトトンボですが、クロイトトンボの未成熟♂のようですが、腹部第8節が青くないのが疑問です。

kuroitotonboMJ_20150915_DSC_2982.jpg

小さな蛾もいました。9/13の課題1と同じで未解決です。

gaSP4_20150915_DSC_2988.jpg

2015年9月14日の立田山

薄曇りで肌寒く感じる朝でした。
五高の森駐車場横の池にはゴイサギがいましたが、アオサギに追い立てられて二階の窓くらいの高さに留まりました。

goisagi_20150914_DSC_2709.jpg

岸にはマルバルコウが咲いてました。きれいな花です。

marubarukou_20150914_DSC_2713.jpg

竹林入口にはムラサキシジミが留まってましたが、きれいな表面は見せてくれませんでした。

murasakisijimi_20150914_DSC_2717.jpg

キシタホソバも留まってましたが、近くに小さな虫も写ってました。

kisitahosoba_20150914_DSC_2722.jpg

サクラ池横の電柱にツクツクボウシが留まりました。セミはこればっかりになりました。

tukutukubousi_20150914_DSC_2730.jpg

草刈りで少なくなったキツネノマゴを見つけてブルービーが来てました。これが寄生する蜂を見かけません。

bluebee_20150914_DSC_2742.jpg

トンボの池にはリスアカネがいました。

risuakane_20150914_DSC_2775.jpg

奥の水路でイチモンジチョウを見ましたが、初撮影なのにこんな写真しか撮れませんでした。

itiminjityouF_20150914_DSC_2783.jpg

最近写したメアゼテンツキよりかなり大きいのでテンツキの花のようです。

tentuki_20150914_DSC_2792.jpg

崖にはヤマキマダラヒカゲが留まってました。少し破れてるのが残念です。

yamakimadarahikage_20150914_DSC_2809.jpg

黒い線が目立ってましたが、写してみるとヒメシャクの仲間ですね。

himesyakuSP_20150914_DSC_2821.jpg

F水槽の近くにキアゲハが飛んでました。花も咲いてないのに何を探してたのか不明です。

kiageha_20150914_DSC_2830.jpg

裏面も写しましたが、花のないところをうろうろしてました。

kiageha_20150914_DSC_2842.jpg

竹林入口でツマグロヒョウモンのペアがじゃれてるように見えました。♀が地面に留まったところ、♂が♀の翅の上を歩いてきました。

tumagurohyoumonP_20150914_DSC_2857.jpg

そして交尾するのかと思ってみてたら、このまま♂は飛び去りました。♀を気に入らなかったようです?

tumagurohyoumonP_20150914_DSC_2858.jpg

2015年9月13日の立田山

晴れが続きます。9月中旬はいつもはもっと暑いんですが、この程度の涼しさで過ごしやすいです。
竹林入口には小さな蛾がいました。前翅長は5mm程度しかありません。今日の課題1です。

gaSP1_20150913_DSC_2610.jpg

マユタテアカネの♀もいました。

mayutateakaneF_20150913_DSC_2622.jpg

また小さい蛾がいました。こちらは前翅長は6mm程度で、今日の課題2です。

gaSP2_20150913_DSC_2626.jpg


横からも写しました。大きな黒い目をしていました。

gaSP2_20150913_DSC_2634.jpg

トンボの池まで行くと、オオウンモンクチバがいました。

oounnmonkutiba_20150913_DSC_2664.jpg

トンボの池の水が少し引いたので、久しぶりに周囲を歩いてみたら、イノシシに掘り返されてました。

nutaba_20150913_DSC_2670.jpg

その横の崖には、昨年はアカササゲが咲いてたんですが、確認する前に草刈りされてしまいました。

kusakari_20150913_DSC_2673.jpg

模様がくっきりとしてきれいなヒメネジロコヤガがいました。

himenejirokoyaga_20150913_DSC_2679.jpg

近くにタイワンキシタアツバも飛来しました。

taiwankisitaatuba_20150913_DSC_2689.jpg

その横のカラムシの葉に綺麗な毛虫がいました。幼虫図鑑をお持ちの方は調べてみてください。毛を含まない体長は20mm程度です。

kemusi_20150913_DSC_2700.jpg

横からも写しておきました。

kemusi_20150913_DSC_2694.jpg

2015年9月11日の立田山

快晴ですが、涼しい朝でした。
竹林入口にはすっかりおなじみになったタケアツバがいました。少し茶色っぽくてお尻が少し見えてます。

takeatuba_20150911_DSC_2430.jpg

林道でゴマダラチョウに出会いました。

gomadaratyou_20150911_DSC_2458.jpg

表面も写させてくれましたが、残念ながら少し破れてます。

gomadaratyou_20150911_DSC_2467.jpg

サクラ池の近くにはマユタテアカネがいました。赤とんぼはこればっかりです。未成熟の♂のようです。

usubakitonboF_20150911_DSC_2511.jpg

トンボの池ではウスバキトンボが水面に腹部先端を打ち付けて産卵しているようでした。早ければ1ヶ月くらいで羽化して、さらに北へ向かうそうです。

usubakitonboF_20150911_DSC_2511.jpg

見慣れないイネ科の花が咲いてました。ムラサキネズミノオのようです。少し紫色がかってました。

murasakinezuminoo_20150911_DSC_2518.jpg

水面にはほとんどトンボが見られなくなりましたが、岸辺にはアオビタイトンボが留まってました。成熟前の♂のようです。

aobitaitonboM_20150911_DSC_2542.jpg

葉の細いカヤツリグサの仲間も咲いてましたが、アゼガヤツリのようです。とても細い葉が特徴です。

azegayaturi_20150911_DSC_2564.jpg

マユタテアカネの成熟して赤くなった♂もいました。

mayutateakaneM_20150911_DSC_2579.jpg

2015年9月10日の立田山

関東では大変な雨が降っているようですが、こちらは晴れで涼しい朝でした。
竹林入口にいたのは、キシタホソバのようです。似たのを見た覚えがあったので、自分の図鑑を調べるとヤネホソバが記録されていました。これは翅の色が黒っぽいですね。前翅長は11mm程度です。

kisitahosoba_20150910_DSC_2294.jpg

横から見ると、大きな目をしています。

kisitahosoba_20150910_DSC_2301.jpg

近くに留まってたのはクロホシフタオのようです。これも似たヒメクロホシフタオが自分の図鑑に登録されていましたが、微妙な線の曲がり方の違いでクロホシフタオと判定しました。開帳は22mm程度です。

kurohosihutao_20150910_DSC_2306.jpg

お尻を少し上げて留まってました。

kurohosihutao_20150910_DSC_2315.jpg

駐車場でYさんと会い、探鳥会コースは通行可能だと聞いたので、豊国台に向かいましたが、野鳥の森の先の通行禁止はまだそのままでした。

kinsi_20150910_DSC_2318.jpg

やむを得ず中腹の南休息所へのルートを登ったところ、台風直後と同じ状況でした。カンヒザクラが気になったので倒木帯を通って行ったところ、上の方で幹が折れており、枝もかなり折れてました。来年はカンヒザクラの花は見られないかもしれません。

kanhizakura_20150910_DSC_2322.jpg

トンボの池では赤いヒガンバナも少しだけ咲いてました。

higanbana_20150910_DSC_2334.jpg

トンボの池にはトンボはほとんどいなくなりましたが、ギンヤンマのペアが産卵してました。

ginyanmaP_20150910_DSC_2335.jpg

岸辺のシロバナヒガンバナにはナガサキアゲハの♀が来て蜜を吸ってました。

nagasakiagehaF_20150910_DSC_2365.jpg

裏面もなかなかきれいです。

nagasakiagehaF_20150910_DSC_2385.jpg

岸辺にはベニイトトンボとリュウキュウベニイトトンボがかなりの数いました。リュウキュウベニイトトンボは小さな虫を咥えてました。

ryu_beniito_20150910_DSC_2387.jpg

岸辺にはトビモンアツバも留まってました。

tobimonatuba_20150910_DSC_2389.jpg

道路を渡ったところではルリシジミが留まってました。

rurisijimi_20150910_DSC_2397.jpg

竹林入口まで戻ると、昨日の課題1だったタケアツバがまた留まってましたが、今日は翅の先にお尻は見えてませんでした。

takeatuba_20150910_DSC_2429.jpg

2015年9月9日の立田山

台風の影響でしょうか、どんよりと曇ってました。洗濯物が心配でしたが、レーダーナウキャストを見ると雨は降りそうにないので、外に干して出かけました。
竹林入口には白い蛾がいましたが、模様がほとんど見えないので識別困難でしょう。一応課題1で、前翅長は11mm程度です。

gaSP1_20150909_DSC_2132.jpg

近くにイトトンボが来ました。こんなところで珍しいですが、クロイトトンボのようです。

kuroitotonbo_20150909_DSC_2137.jpg

ヤマトシジミも翅を拡げて留まってました。♀の表面もシックで綺麗な色です。

yamatosijimiFH_20150909_DSC_2144.jpg

サクラ池の近くのキツネノマゴにはシロオビノメイガがいました。

siroobinomeiga_20150909_DSC_2153.jpg

タイワンウチワヤンマがホバリングしてました。この後、腹部先端を水面に打ち付けて産卵しているようでした。

taiwanutiwayanmaF_20150909_DSC_2155.jpg

湿性植物苑のミソハギにはシロモンノメイガが留まってましたが、表を向いてくれませんでした。

siromonnomeiga_20150909_DSC_2168.jpg

ベニシジミは翅を開いて留まってましたが、この時期はオレンジ色が少ないのであまりきれいではありません。

benisijimi_20150909_DSC_2172.jpg

裏面の方がきれいです。

benisijimi_20150909_DSC_2181.jpg

トンボの池にはベニイトトンボがいましたが、翅を中途半端に開いてアオイトトンボのような留まり方です。

beniitotonbo_20150909_DSC_2187.jpg

サワトラノオの湿地にはホオジロの♀が留まってました。風切羽が変な感じですが、重なり方が乱れてるのでしょうか。

hojiroF_20150909_DSC_2199.jpg

トンボの池の上の道路沿いにカラムシの葉の上で白い蛾が産卵してるようでした。

kuwagomadarahitoriF_20150909_DSC_2240.jpg

腹部の上側が黄色いので、キバラゴマダラヒトリかと思いましたが顔の感じが違いました。クワゴマダラヒトリのようです。

kuwagomadarahitoriF_20150909_DSC_2237.jpg

トンボの池ではアオビタイトンボをほとんどみかけなくなりましたが、久しぶりに岸辺に♀がいました。

aobitaitonbo_20150909_DSC_2262.jpg

帰りの林道でモンキアゲハが飛んでる、と思ったんですが、留まったのを見るとナガサキアゲハの♀でした。場所が悪くてこんな写真しか撮れませんでした。

nagasakiagehaF_20150909_DSC_2277.jpg

倒木の枯葉の中でエナガが餌を探してるようでした。

enaga_20150909_SC_DSC2284.jpg

飛び上がって枝に留まって振り向きました。

enaga_20150909_DSC_2285.jpg

2015年9月8日の立田山

久しぶりの快晴です。9月上旬にしては気温が低いので助かります。
秋の森を通ってみました。ナンキンハゼの大木が倒れてたので、樹冠部を見てみると実が成ってました。こんなところはこんなことでもないと見られません。

nankinhazeB_20150908_DSC_1901.jpg

サクラ池のキツネノマゴが半分以上草刈りされてしまいました。おかげで残ったキツネノマゴにブルービーが集まっており、沢山見ることができました。

blueBee_20150908_DSC_1949.jpg

ツチバチの仲間も来ていました。

tutibatiSP_20150908_DSC_1965.jpg

サクラ池にはタイワンウチワヤンマはまだ複数個体が見られますが、ウチワヤンマは見かけなくなりました。

taiwanutiwayanma_20150908_DSC_1992.jpg

湿性植物苑横の水路の真ん中にコオニヤンマが留まってました。

kooniyanmaF_20150908_DSC_1998.jpg

すっと飛び立って、水面すれすれに飛んで腹部先端を水面に打ち付けて産卵を始めました。いつも水路にいるのは流水を好むからなんでしょうね。

kooniyanmaF_20150908_DSC_1999.jpg

トンボの池の崖の上に黄色っぽい蛾がいました。課題1で、前翅長は19mm程度です。

gaSP1_20150908_DSC_2056.jpg

横からも写せました。見た目はもっと黄色い印象でした。

gaSP1_20150908_DSC_2067.jpg

池辺にはホシコヤガがいました。これも色が薄れてます。

hosikoyaga_20150908_DSC_2086.jpg

足元にザリガニがのそのそと後ろ向きに歩いてました。

zarigani_20150908_DSC_2092.jpg

帰りのサクラ池の岸辺には長い毛が生えた花がありました。ケイヌビエの花のようです。

keinubie_20150908_DSC_2096.jpg

全体像をみないとよくわかりません。

keinubie_20150908_DSC_2097.jpg

足元にナカグロクチバが留まりました。直角よりやや鋭いようです。

nakagurokutiba_20150908_DSC_2106.jpg

竹林入口に小さな蛾がいました。前翅長は6mm程度しかありません。課題2です。小さい割に模様がきれいに写りました。

gaSP2_20150908_DSC_2113.jpg

すぐ下にテンクロアツバも留まってました。

tenkuroatuba_20150908_DSC_2118.jpg

近くにウラギンシジミもいました。上から写すと足のオレンジ色がよくわかります。

uraginsijimi_20150908_DSC_2121.jpg

2015年9月7日の立田山

よく雨が降りますが、今朝は曇りで徐々に晴れてきました。
竹林入口では面白い模様の虫を見つけました。カメムシの仲間のようですが、どうでしょうか。

musiSP1_20150907_DSC_1719.jpg

近くに蛾もいましたが、ほとんど模様が見えません。前翅長は12mm程度ですが、一応課題1にしておきましょう。

gaSP1_20150907_DSC_1726.jpg

ヤマトシジミもいました。少し開いて表面の青い色が見える状態がとてもきれいです。

yamatosijimi_20150907_DSC_1736.jpg

サクラ池の岸辺に咲いてたんですが、これで花のようです。メアゼテンツキというらしいです。

meazetentuki_20150907_DSC_1754.jpg

キツネノマゴにはホシホウジャクが来てました。ハチドリみたいなので、ハチドリの撮影の練習になります。

hosihoujaku_20150907_DSC_1763.jpg

ブルービーも来てました。いつもは湿性植物苑のミソハギの花によく来てたんですが、今年は台風で倒れてほとんど咲いてないので、こんなところに来てたようです。

bluebee_20150907_DSC_1784.jpg

横から写すと足にも青い毛が生えてることがわかります。

bluebee_20150907_DSC_1797.jpg

トンボの池の入り口にはいつもヤマガラがいます。

yamagara_20150907_DSC_1812.jpg

堤防の横にいたのは、どうもヤマキマダラヒカゲのようです。サトキマダラヒカゲとの違いは微妙ですね。

yamakimadarahikage_20150907_DSC_1852.jpg

帰りのサクラ池ではウスバキトンボが垂直にぶら下がってました。羽化したばかりなんでしょうか。腹側からの写真というのも珍しいです。こうして発生を繰り返しながら北へ渡っていくというのも不思議な習性です。

usubakitonbo_20150907_DSC_1880.jpg

ヤブランは花が満開になりました。きれいな花です。

yaburan_20150907_DSC_1890.jpg

春の森に戻るとシロバナヒガンバナが咲いてました。まだ赤いヒガンバナは見かけないのに、こちらが先に咲いたようです。

sirobanahiganbana_20150907_DSC_1895.jpg

2015年9月4日の立田山

久しぶりに晴れました。しかし、涼しい朝でした。
五高の森駐車場の手前の三の池の横の電柱にミサゴが留まってました。すぐ近くを通ったので池の上の電線まで飛びました。かわいい顔をしています。

misago_20150904_DSC_1466.jpg

正面顔を写しました。

misago_20150904_DSC_1473.jpg

羽を拡げて、飛ぶかと思ったのにフェイントでした。飛ぶのを待ってると飛ばないものです。

misago_20150904_DSC_1538.jpg

池の手すりにはクロヒカゲが留まってました。

kurohikage_20150904_DSC_1561.jpg

野鳥の森へ向かう道にはまだ大きな杉の木が倒れかかっており、探鳥会では通れないでしょう。

tree1_20150904_DSC_1562.jpg

竹林入口にはアカハラゴマダラヒトリがいました。飛ぶところを見ていたら、やはり腹部の上側の赤と黒の模様がとても目立ってました。

akaharagomadarahitori_20150904_DSC_1566.jpg

中央展望台へ直接向かう道を登りました。中央展望台の手前の2本の倒木はきれいに処理されてました。

tree2_20150904_DSC_1575.jpg

D水槽の手前の倒木は通れるように切られてはいますが、上部に折れた枝などがかぶさってトンネル状になっており危険を伴います。

tree3_20150904_DSC_1577.jpg

トンボの池の手前の水路にはセグロセキレイがおり、何やら虫をとらえてました。

segurosekirei_20150904_DSC_1587.jpg

トンボの池の岸辺にマルバツユクサの群落がありましたが、ほとんどがシロバナでした。

marubatuyukusa_20150904_DSC_1592.jpg

青い花も少し混じってました。

marubatuyukusa_20150904_DSC_1594.jpg

奥の方のキクイモです。確かめようと思って引き抜こうとしましたが、引っ張っても抜けませんでした。スコップが必要です。

kikuimo_20150904_DSC_1602.jpg

近くにはカナムグラが咲いてました。

kanamugura_20150904_DSC_1609.jpg

トンボの池の堤防付近にアオサギがおり、飛びそうだったのでカメラで狙ってたら飛び立つところが撮れました。

aosagi_20150904_DSC_1615.jpg

湿性植物苑ではハグロトンボを見つけました。久しぶりです。近寄れない場所だったのでこんな写真しか撮れませんでした。

hagurotonbo_20150904_DSC_1648.jpg

2015年9月3日の立田山

雨がずいぶん続きましたが、今朝になってようやくあがったので久しぶりに出かけました。
春の森に着くとなんだか雰囲気が違ってました。セミが鳴いてなかったんです。遠くでツクツクボウシが鳴いてるのが聞こえるだけでした。
竹林入口にはキマダラセセリがいましたが、だいぶ翅が傷んでました。

kimadaraseseri_20150903_DSC_1374.jpg

中央展望台への登り道の倒木の状況は変わってませんでした。D水槽手前の倒木は半分処理されて通れるようになってましたが、D水槽の先は立ち入り禁止でした。

tree1_20150903_DSC_1376.jpg

中央展望台から夏の森に下る道は倒木が全部処理されて普通に通れるようになってました。

tree2_20150903_DSC_1379.jpg

サクラ池では未成熟のイトトンボがいましたが、青い眼後紋が目立ってたので、クロイトトンボのようです。

kuroitotonbo_20150903_DSC_1390.jpg

トンボの池の近くにはキセキレイが2羽いました。

kisekirei_20150903_DSC_1400.jpg

トンボの池は増水しており、岸辺はすっかり水浸しでした。そこにはツルボの花が咲いてました。

turubo_20150903_DSC_1404.jpg

帰りのサクラ池ではイソシギが飛んで堤防に留まりました。

isosigi_20150903_DSC_1413.jpg

池の中の石にはクサシギがカメと一緒に留まってました。

kusasigi_20150903_DSC_1426.jpg

帰りは中央展望台から南休憩所への道を歩いてみました。毒々しい赤のキノコが生えてました。

kinoko_20150903_DSC_1433.jpg

松の木が大量に倒れており、通過にかなり苦労しました。

tree3_20150903_DSC_1439.jpg

ようやく下った竹林入口にはサフランモドキが咲いてました。いつもここで咲いてくれます。

sahuranmodoki_20150903_DSC_1446.jpg

カラムシの葉に蜂が留まってました。この腰のくびれ方はすごいなと思いました。

hatiSP_20150903_DSC_1451.jpg
プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR