2016年4月26日の立田山

 すっきりと晴れませんが少し出かけました。

途中でミカンの花が咲いてました。花だけではどの種類かはわかりません。

 mikanSP_20160426_DSD_0456.jpg


スジベニコケガが翅を拡げて留まってました。後翅は無地です。

 sujibenikokegaH_20160426_DSD_0467.jpg


裏面も模様がありません。

 sujibenikokegaT_20160426_DSD_0469.jpg


またまた毛虫です。長さは70mmありました。

kemusiSP_20160426_DSD_0475.jpg 


 豊国台の展望台は手すりが壊れてました。

 tenboudai_20160426_DSD_0485.jpg


もうエゴノキの花が満開を過ぎてました。

 egonoki_20160426_DSD_0488.jpg


熊本城がよく見えました。右の櫓はしゃちほこが残ってます。

 kumamotojou_20160426_DSD_0492.jpg


地震のせいであまり人が来ないのでしょう。クサイチゴの熟した実が沢山ありました。美味しくいただきました。

 kusaitigoB_20160426_DSD_0493.jpg


帰りに熊大を通りました。五高時代の化学実験棟は煙突が壊れてました。

 entotu_20160426_DSD_0496.jpg


五高記念館は正面は壊れてるようには見えません。こんなレンガ造りの建物がよくもったものです。

 gokou_20160426_DSD_0497.jpg 


裏に回ると、やはり煙突が折れて落ちてました。

gokou_20160426_DSD_0500.jpg 


スポンサーサイト

2016年4月25日の立田山

 余震も少なくなって天気も回復したので久しぶりに立田山へ行きました。

その前に4/24に自宅マンションの階段にいた蛾を写しました。前翅長は9mmしかない小さな蛾です。ナミスジチビヒメシャクのようですが、似た蛾が沢山いるのではっきりとはわかりません。

 namisujitibihimesyaku_20160424_DSD_0411.jpg


立田山では綺麗な毛虫に出会いました。体長は55mmほどです。幼虫図鑑を買わないといけません。

 kemusi_20160425_DSD_0420.jpg


近くにコジャノメが留まりました。かなり色が黒いです。

 kojanome_20160425_DSD_0433.jpg


途中で雨が降り始めたので引き返しました。森林総研の入り口付近に見慣れぬ花が咲いてました。カラタネオガタマの花のようです。

 karataneogatama_20160425_DSD_0442.jpg


こちらの白い花はシャリンバイです。

 syarinbai_20160425_DSD_0446.jpg


こちらはコガクウツギです。地震があっても季節は確実に進んでいろんな花が見られます。

kogakuutugi_20160425_DSD_0452.jpg 

2016年4月14~22日の自宅周辺

 14日午後926分頃、益城町で震度7の大地震が発生しました。自宅の熊本市中央区でも震度5強でした。かなり揺れましたが、食器が落ちて食器棚のガラスにひびが入った程度でした。家具は倒れませんでした。電気・水道には異常がありませんでした。ガスは止まったかなと思いましたが、ちょうど風呂を沸かしてたので、マイコンメーターが自動停止してたので自分で復旧できました。余震がたくさんあったので夜はよく寝られませんでした。

 15日には食料を確保しようということで、私はコスモスへ、家内はHIヒロセへと手分けして買い出しに行きました。幸い近くのコスモスがやっており、食パンは2個しか残っておらず、もう一人と同時に手が出て、なんとか1個買えました。

 余震におびえながら寝ていると、16日午前1:25頃に益城町では震度7、中央区でも震度6強の本震がおきました。激しく揺れましたが、不思議なことに家具は一切倒れず、額が2枚落ちたり、本棚の本が落ちた程度でした。地震発生時に停電したのですが、ルンバがドックから放り出されて真っ暗な中を動いてました。停電時はスマホのワンセグで情報を入手しましたが、すぐに停電が回復してホッとしました。マンションの住人は駐車場にブルーシートを引いて座ったり、車に退避したりしていましたが、室内の方が安全な気がして外へは出ませんでした。3時ころまでテレビを見てましたが、その後も余震が激しく、川向のマンションの火災報知ベルが鳴り続けてうるさかったので寝られませんでした。このベルは12時間くらい鳴りつづけました。

 16日の夜が明けると気になってた屋根を見上げました。屋根の改修中で14日に足場の材料を持ち上げて置いたままになってたので。しかし、材料はほとんど動いてないようなので安心しました。


 yane_CIMG4365.jpg


 本震でガスが止まったのですが、20年くらい前に買ったカセットコンロがあったので料理することができました。古いカセットボンベも使えました。

 nabe_CIMG4366.jpg


 17日にはようやく散歩できる余裕が生まれました。近くの龍神橋が落ちた、とか、NHKでも「龍神橋にひびが入って通行規制中」という情報が流れてたので見に行きました。熊大側の電柱が倒れそうになってましたが、通行規制もなく、車が走ってました。

 dentyu_CIMG4368.jpg


 熊大側の接続部の段差が少し大きくなってる感じなので自転車で通過するときは要注意です。

 dansa_CIMG4369.jpg


 新龍神橋が建設中なので、これを見て橋が落ちたという情報が流れたのかもしれません。マスコミはここまでいい加減な情報を流すということがわかりました。

 kyoudai_CIMG4370.jpg


 本震の際に水道が止まったようですが、マンションの大きな受水槽のおかげで17日の正午くらいまでは普通に水道が使えました。断水後、1日半くらいでいよいよ水が止まりました、しかし、そのころから水道も試験送水を始めたとのことですぐに水が出始めました。喜んだのもつかの間で、水が徐々に濁り始めて飲み水には使えないことがわかりました。トイレは水道水で問題なく、飲み水は汲み置きの水で対応できました。

 

 18日には11時過ぎに散歩に出たところ、コスモス黒髪店が11時から開いてたので、水を購入しました。2リットルボトルが68円とありがたい値段でした。食料も豊富に売っており、安心しました。

 water 20160418_CIMG4372


 ガスが来てないので、風呂に入れてないので、東区の息子の家の風呂に入りに行きました。東バイパスの渋滞が酷くていつもは15分でいけるところを1時間半くらいかかり、泊まりました。おかげで朝には2人の孫たちから元気をもらいました。

 

 19日はコスモス黒髪店が10時から開店しており、息子の家のために牛乳を買ったり、水道水もなかなか濁りが取れないので水を6本くらい買っておきました。

 

 20日は洗濯などをして余震がおさまりインフラが回復するのをじっと待ってました。

 

 21日は大雨洪水警報が出るような大雨になりました。白川はかなり増水し、堤防が傷んでいる地区には避難指示が出ました。

 sirakawa_20160421_CIMG4374.jpg


 イカルチドリの巣が流されてしまったようで、堤防の上を歩いてました。

 ikarutidori_20160421_CIMG4376.jpg


 22日には記録をまとめて置くべくこれを書いてます。熊本城は家から見ても瓦が落ちてしゃちほこも無いのがわかります。

 castle_20160422_DSD_0380.jpg


自宅周辺は瓦が少し落ちた家が1軒だけ見えますが、他は外見上はあまり被害はみえません。

 syuui_20160422_DSD_0386.jpg


こんな写真を撮っていたら、網戸に蛾が留まってました。前翅長は23mm程度で、ヤクシマフトスジエダシャクのようです。

 yakusimahutosujiedasyaku_20160422_DSD_0383.jpg


マスコミの報道では地震の傾向がわからないので自分でデータをグラフ化してみました。震度3以上の熊本と大分の地震発生回数の累積値を日時に対してプロットすると、傾斜は緩くなったように見えます。

 発生回数

 

マグニチュードから地震のエネルギーを求めてその累積値をプロットしてみました。本震のエネルギーが大部分を占めており、余震はたくさん発生してますが、そのエネルギーはわずかなようです。

 累積エネルギー 


縦軸を拡大してみても、余震のエネルギーはわずかなものだとわかります。しかし、エネルギーが小さくても近くで発生すれば震度は大きくなるので油断は禁物です。

累積エネルギー拡大


22日17時頃、西部ガス開通しました!風呂に入れます。水道水はコップに入れれば透明ですが、風呂に入れて次の日に水を抜くと少し泥が沈殿してます。風呂に入る分には問題ありませんが、飲み水は当分購入ですね。



 

2016年4月14日の立田山

 晴れの予報でしたが、朝は霧がかかってました。お城もはっきりとは見えませんでした。



野鳥の森ではメジロとアオゲラが掛け合いで鳴いてました。



 aogera_mejiro_160414_03.mp3 アオゲラとメジロの声 



登り道沿いにキンランのつぼみが色づいてました。



kinran_20160414_DSD_0186.jpg 



豊国台ではシロハラがきたない水たまりで水浴びをしていました。



sirohara_20160414_DSD_0198.jpg 



湿性植物園のカキツバタが咲いてました。季節はどんどん進んでます。



 kakitubata_20160414_DSD_0208.jpg 



水路の対岸のサクラの木にフタスジサナエが留まりました。羽化直後のようで翅がきらきら光っており、色もはっきりとは出ていません。



 hutasujisanae_20160414_DSD_0210.jpg 

もう一頭が横に留まりました。胴の2本の筋がかろうじて見えます。フタスジサナエの昨年の記録も4/14でした!



 hutasujisanae_20160414_DSD_0216.jpg 

トンボの池の蛾はクロキシタアツバのようです。



 kurokisitaatuba_20160414_DSD_0238.jpg 

枯草の上で日光浴をしていたのはヒオドシチョウです。初撮影です。越冬個体のようでかなり傷んでるのが残念です。



 hiodosityouH_20160414_DSD_0278.jpg 

ハエが来たのを嫌がって翅を閉じてくれたので裏面も写せました。



hiodosityouT_20160414_DSD_0271.jpg 

シオヤトンボはもう成熟♂がいました。



 sioyatonboM_20160414_DSD_0284.jpg 

羽化直後のイトトンボは難しいですが、クロイトトンボのようです。



 kuroitotonboJ_20160414_DSD_0296.jpg 

ムラサキシジミも翅を広げて日光浴をしていました。

murasakisijimiFH_20160414_DSD_0334.jpg 


2016年4月13日の立田山

 曇りで気持ちのいい気温でした。
秋の森ではコマドリが2個体同時に鳴いており、ようやく1羽を見つけました。

komadori_20160413_DSD_0177.jpg

鳴いてるところが写りました。

komadori_20160413_DSD_0165.jpg

近くで録音すると歯切れのいいさえずりになります。

Japanese Robin Song_160413_07 コマドリの声

たくさん咲いていたクサイチゴが実をつけました。初物をおいしくいただきました。

kusaitigoB_20160413_DSC_9990.jpg

ツツジも咲き始めました。これはモチツツジのようです。

motitutuji_20160413_DSC_9992.jpg


シロハラは数が減りましたが、まだいます。

sirohara_20160413_DSC_9993.jpg

蛾も出始めました。ウラベニエダシャクのようです。

urabeniedasyaku_20160413_DSC_0032.jpg

サクラ池の岸辺が掘り返されてました。イノシシのヌタ場のようです。

nutaba_20160413_DSC_0035.jpg

菜の花にはカラスアゲハが来てました。♀のようです。

karasuagehaFT_20160413_DSC_0083.jpg

表面もようやく写せました。

karasuagehaFH_20160413_DSC_0098.jpg

シオヤトンボもいます。

sioyatonbo_20160413_DSC_0089.jpg

お祭り広場にはツグミが1羽だけいました。今日見たツグミはこれ1羽のみでした。

tugumi_20160413_DSD_0110.jpg

フデリンドウが満開で綺麗です。

huderindou_20160413_DSD_0113.jpg

トンボの池ではカイツブリが飛び回ってました。オオバンはいなくなりました。

kaituburi_20160413_DSD_0122.jpg

ヨツボシトンボは今年の初認です。羽化直後のようで翅がキラキラと光ってました。昨年まででは4/20が一番早かったので、1週間も早い初認記録です。

yotubositonbo_20160413_DSD_0160.jpg

2016年4月12日の立田山

 いいお天気のはずでしたが、ウス雲がかかってました。
キンポウゲの花に来ていたのはクロアゲハのようです。もうアゲハチョウの季節になりました。

kuroageha_20160412_DSC_9926.jpg

トンボの池にはクロイトトンボらしい羽化直後のイトトンボがいました。

kuroitotonboQ_20160412_DSC_9968.jpg

それが留まってたのはアマドコロで、花が咲いてました。

amadokoro_20160412_DSC_9971.jpg

トノサマガエルが沢山で鳴いてました。

tonosamagaeru_160412_02.mp3 トノサマガエルの声

2016年4月10,11日の立田山

 サギの大集合は9日だけで、もういなくなりました。
豊国台にマツバウンランが咲いてました。湿性植物園にはまえからありましたが、ここでは見た記憶がありません。分布を拡げてるのかもしれません。

matubaunran_20160410_DSC_9735.jpg

西斜面のヤマフジも満開になりました。綺麗です。

yamahuji_20160410_DSC_9739.jpg

八重桜も満開になってます。これはイチヨウのようです。

itiyou_20160410_DSC_9758.jpg

花を拡大すると、雌蕊が1本で、その下部が葉に変化しています。

itiyou_20160410_DSC_9760.jpg

サクラ池のふちにはツボミオオバコがありました。花が咲いてるのかどうかわかりにくい花です。

tubomioobako_20160410_DSC_9795.jpg

森林総研の付近でもサツマシジミに出会いました。この種はまだ翅を広げて留まったのを見たことがありません。

satumasijimi_20160411_DSC_9816.jpg

立田自然公園の駐車場入り口付近にウマゴヤシが咲いてました。これは未登録でした。

umagoyasi_20160411_DSC_9832.jpg

ヤマトシジミが道路に留まりました。この種は今季初認です。

yamatosijimi_20160411_DSC_9845.jpg

桜山中学校のギョイコウ(サクラ)は立田山のと違って花弁がかなり白っぽい花をたくさん咲かせてました。

gyoikou_20160411_DSC_9859.jpg

2016年4月9日の立田山

 今朝、自宅前の白川対岸にサギ類がたくさん集まってました。アオサギ2、ダイサギ4、コサギ14でした。こんなにたくさん集まってるのは初めて見ました。

sagiSP_20160409_DSC_9646.jpg

こちら側の堤防の上にイカルチドリが1羽留まっていました。

ikarutidori_20160409_DSC_9659.jpg

そのまわりを別のイカルチドリが鳴きながら飛びまわってました。ディスプレイフライトのようです。近くまで飛んできたので音量がオーバーしてしまいました。

Long-billed Plover_Song_160409_01 イカルチドリの声

立田山ではコバノガマズミが綺麗に咲いてました。

kobanogamazumi_20160409_DSC_9702.jpg

南休息所付近ではキビタキが鳴いてました。今季初認です。鳴き声はソウシチョウやウグイスの声が混じってるのでわかりにくいかもしれません。

Narcissus Flycatcher_Song_160409_02 キビタキの声

トンボの池のシダレザクラもほとんど散ってしまいました。その枝でシジュウカラが動き回ってました。

siujukara_20160409_DSC_9720.jpg

フジの花が見ごろでした。とってもきれいです。

fuji_20160409_DSC_9727.jpg

帰宅途中の薬局跡の軒下でツバメが抱卵している様子でした。信号待ちで巣の近くにとどまらなければならないので、知らん顔をしてあげないといけません。

tubame_20160409_DSC_0460.jpg

2016年4月8日の立田山

 昨日の春の嵐の影響で曇りが続いて、さらに暑くなりました。
フキの花が咲き始めました。これはなぜか未登録でした。

huki_20160408_DSC_9490.jpg

豊国台のタブノキに花が咲いてました。ここにあるとは気が付いてませんでした。

tabunoki_20160408_DSC_9518.jpg

トンボの池では菜の花にモンシロチョウが来てました。この組み合わせはいいですね。

monsirotyou_20160408_DSC_9559.jpg

シロハラは飛び立つ直前に尾羽を拡げます。ちょうどその瞬間を写せて、白斑が見えてます。

sirohara_20160408_DSC_9576.jpg

大きなハコベはウシハコベです。ハコベの仲間もなかなか見分けが大変ですが、ウシハコベは雌蕊が5個に分離しているのでわかり易いです。

usihakobe_20160408_DSC_9581.jpg

湿性植物苑にはヒメウラナミジャノメがいました。この先、うんざりするほどたくさん見ることになりますが、今季初認なのでしっかり写しました。

himeuranamijanome_20160408_DSC_9601.jpg

登り道で見つけたのはサツマシジミです。これも初認です。

satumasijimi_20160408_DSC_9619.jpg

右側は逆光なので表面の黒斑の様子がわかります。綺麗な表面はやはり写せませんでした。

satumasijimi_20160408_DSC_9634.jpg

五高の森にはキリシマツツジが咲いてました。二重咲きの園芸品種のようです。

kirisimatutuji_20160408_DSC_9638.jpg

今日はあちこちでコマドリが鳴いてました。少なくとも6ヶ所で声を聞きました。律儀に毎年今頃に立ち寄って鳴き声を聞かせてくれます。

Japanese Robin_Song_160408_01 コマドリの声


2016年4月6日の立田山

 曇りですが、薄いジャンパーでも暑いくらいでした。
アオキの花をようやく見つけました。雌花のようです。

aokiF_20160406_DSC_9308.jpg

この山のアオキはみんな斑入りの綺麗な木です。

aoki_20160406_DSC_9309.jpg

北側斜面の中腹でコルリらしい声がしました。録音しましたが、かなり遠かったのでかろうじて聞こえる程度です。

Siberian Blue Robin_Song_160406_01 コルリの声

お祭り広場にはツグミと一緒にシメが餌を探してるようでした。シメは両足をそろえてホッピングでしか地面の移動はしないようです。

sime_20160406_DSC_9359.jpg

トンボの池の菜の花にはスジグロシロチョウが来てました。

sujigurosirotyouH_20160406_DSC_9392.jpg

裏面も写しましたが、後翅が少し欠けてました。

sujigurosirotyouT_20160406_DSC_9394.jpg

奥の方にはセンダイムシクイがいました。逆光でほとんど見えません。

sendaimusikui_20160406_DSC_9406.jpg

しかし、鳴き声で確実にわかります。

Eastern Crowned Leaf Warbler_Song_160406_03 センダイムシクイの声

ヤエベニシダレはちょうど満開です。明日の雨でかなり散るかもしれません。

yaebenisidare_20160406_DSC_9433.jpg

2016年4月5日の立田山

 4/1だったら「ホオジロシロハラ日本で初確認!?」とやるところですが、シロハラの部分白化のようです。

sirohara_20160405_DSC_9168.jpg

右頬も大きさは違いますが白化しています。珍しいですね。

sirohara_20160405_DSC_9176.jpg

A水槽の近くではいつも囀ってるホオジロが地面で餌取りをしていました。

hojiroM_20160405_DSC_8911.jpg

秋の森のモミジは新葉が赤くてとてもきれいです。

momiji_20160405_DSC_8963.jpg

ツグミもそろそろ終認なので、しっかり確認しないといけません。

tugumi_20160405_DSC_8984.jpg

探鳥会でタンポポの話が出てたので調べてみました。これはお祭り広場のセイヨウタンポポです。

seiyoutanpopo_20160405_DSC_8989.jpg

総苞片がそっくり返ってます。小花の数が多くて、230個もありました。

seiyoutanpopo_20160405_DSC_8991.jpg

こちらはシロバナタンポポです。熊本に多い在来種で、総苞片はあまり反りません。小花も84個と少ないです。

sirobanatanpopo_20160405_DSC_8999.jpg

春の森にはカンサイタンポポが咲いてます。

kansaitanpopo_20160405_DSC_9227.jpg

総苞片には反りが無く、小花は119個とセイヨウタンポポの半分位でした。実際に数えてみると納得できます。

kansaitanpopo_20160405_DSC_9229.jpg

トンボの池にいたのはヤクシマルリシジミのようです。

yakusimarurisijimi_20160405_DSC_9002.jpg

別の場所でも出会いました。今年の初認です。

yakusimarurisijimi_20160405_DSC_9213.jpg

お祭り広場にはシメがいました。口ばしがかなり鉛色になりました。

sime_20160405_DSC_9011.jpg

フデリンドウがたくさん咲いてました。

huderindou_20160405_DSC_9055.jpg

トンボの池のヤエベニシダレが満開に近くなりました。

yaebenisidare_20160405_DSC_9080.jpg

2016年4月3日の立田山

 曇っていたのですが、立田山の探鳥会の日だったので、定刻に間に合うように出かけました。
開始早々に上空にタカが飛びました。プラス補正して写すことができました。ハイタカとのことです。

haitaka_20160403_DSC_8806.jpg

竹林の横の通路上に大きな蛾が落ちてました。こんなのがいるんですね。イボタガで、前翅長は58mmもありました。

ibotaga_20160403_DSC_8821.jpg

顔の拡大です。櫛状の触覚が見て取れます。

ibotaga_20160403_DSC_8824.jpg

近くの白い花はタネツケバナにしては葉が幅広い、と熊大の学生さんが言ってました。これには前から気になってたので、詳しく調べないといけません。

tanetukebanaSP_20160403_DSC_8832.jpg

緑の花弁のギョイコウ(サクラ)が咲いてました。まだ咲き始めたばかりのようです。

gyoikou_20160403_DSC_8854.jpg

コゲラが巣穴を開けているところに出くわしました。綺麗な遠景です。上の方にも少し掘った跡があります。この枝の先は折れており、枯れ枝になってるので生枝よりはやわらかいのでしょう。

kogera_nest_20160403_DSC_8872.jpg

下り階段のしたにマムシグサらしい花がありましたが、紫色がずいぶん濃いので別種かもしれません。

mamusigusaQ_20160403_DSC_8881.jpg

ハルゼミが「ギーヨッ、ギーヨッ」と鳴いてました。昨日鳴いてたのを録音してありました。メジロの声の方が大きいですが、バックにハルゼミの声が入ってます。

Terpnosia vacua_160402_01 ハルゼミの声

野鳥の森ではアオジが囀ってましたが、メジロも一緒に囀ってるのでなかなか分離できません。数秒間だけメジロがなきやんだので、その部分を掲載します。

Black-faced Bunting_Song_160403_02 アオジの囀り

アオジの声の録音のため、野鳥の森に降りて行ったら、足元にはイチリンソウがきれいに咲いてました。

itirinsou_20160403_DSC_8884.jpg

2016年4月2日の立田山

 朝は霧が濃くてお城が全く見えませんでした。昼前には青空が見えて気温が急上昇しました。
ソメイヨシノが満開です。葉が全くないのできれいに見えるんですね。

sakura_20160402_DSC_8782.jpg

豊国台ではシロハラがハチを捕えたようです。死んでたやつかもしれません。

sirohara_20160402_DSC_8636.jpg

ヒトリシズカがかなり咲いてきました。きれいですね。

hitorisizuka_20160402_DSC_8649.jpg

サクラ池の横ではスジグロシロチョウがカキドウシの葉に留まってました。今季初認ですが、翅が傷んでるようです。

sujigurosirotyou_20160402_DSC_8665.jpg

お祭り広場にはジョウビタキの♂がいました。もうそろそろ終認なので、見つけたら写真を撮らないといけません。

jobitakiM_20160402_DSC_8712.jpg

トンボの池の奥の方でシオヤトンボを見つけました。もちろん初認です。過去のトンボの最も早かった記録はやはりシオヤトンボで2014年に4/9でした。今年はそれより1週間も早い記録です。

sioyatonbo_20160402_DSC_8752.jpg

横の木にカワラヒワが留まりました。あちこちでカワラヒワが囀ってますが、この個体は無言で立ち去りました。

kawarahiwa_20160402_DSC_8761.jpg

トンボの池の岸辺に戻るとルリシジミが飛び回ってました。なかなか留まらなかったんですが、ようやく裏面のみ写せました。

rurisijimi_20160402_DSC_8772.jpg

2016年4月1日の立田山

 立田山には野良猫がたくさんおり、よほど食糧事情が良いのか、こんなに大きくなったのもいます。

ocelot_20160109_DSC_6599.jpg

(エイプリルフールです! 本当はコスタリカのオセロット:ヤマネコの一種です。)

昨日はムクノキの花かと思ってましたが、エノキの花のようです。枝の先の方に着くのは両性花だそうです。

enokiFM_20160401_DSC_8465.jpg

昨日見つけたイワガネは葉裏が識別点で、葉脈が赤ければ同属のハドノキで、これは確かにイワガネのようです。

iwagane_20160401_DSC_8475.jpg

すぐ近くにイワガネの雌株があり、雌花を見つけました。

iwaganeF_20160401_DSC_8483.jpg

湿性植物園ではヤエベニシダレがかなり咲いてきました。これからこのあたりの人出が増えます。

yaebenisidare_20160401_DSC_8494.jpg

トンボの池にはエナシヒゴクサが咲いてました。これは初見です。

enasihigokusa_20160401_DSC_8524.jpg

大輪のスイセンが咲いてました。色も鮮やかなので園芸種なのでしょう。

suisenSP_20160401_DSC_8540.jpg

複雑な囀りが聞こえましたが、モズでした。このところいつも騙されます。しかし、今日はエープリルフールなので仕方がありません(笑)。

mozu_20160401_DSC_8541.jpg
プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR