2016年5月27日の立田山

 寒くてカラカラに乾燥したモンゴルから帰ってきたので、この高温多湿にはぐったりします。でも、乾燥肌でかゆかったのがすっと納まりました。

 自宅ベランダにムラサキシジミが来てくれました。

 murasakisijimi_20160526_DSD_9037.jpg


立田山にも久しぶりに行きました。この毛虫はwebの幼虫図鑑で見つけましたが、「不明」となってました。

 kemusi_20160527_DSD_9071.jpg


湿性植物園ではピンクのスイレンが咲き始めました。

 suiren_20160527_DSD_9075.jpg


ハナショウブは大輪の花を咲かせていますが、もう終わりかけのようです。

 hanasyoubu_20160527_DSD_9077.jpg


トンボの池の奥ではハラビロトンボがこちら向きに留まりました。額が青く光ってます。

 harabirotonbo_20160527_DSD_9117.jpg


上から見ると腹が広く、青白い粉をふいているようです。

 harabirotonbo_20160527_DSD_9123.jpg


トダスゲの実が熟してきました。トンボの池のトダスゲは私が旅行している間に刈り取られてしまいました。昨年ここの湿地を調査している植物担当の人にトンボの池のトダスゲに案内して教えておいたのに、市役所に伝わってなかったようです。来年はきちんと対処する必要があります。

 todasuge_20160527_DSD_9125.jpg


トンボの池にはフタスジサナエがいました。

 hutasujisanae_20160527_DSD_9161.jpg


こちらはオオアオイトトンボの♀のようです。まだ羽化して間もないようです。

 ooaoitotonboF_20160527_DSD_9170.jpg


チョウトンボの♂がいましたが、羽化に失敗したようで、右側の翅がちじんでます。しかし飛んでいきました。

 tyoutonboM_20160527_DSD_9182.jpg


ヤエウツギの花ももう最後です。

 yaeutugi_20160527_DSD_9185.jpg


イチヤクソウの花を今年も見落とすところでした。なんとか最後の一輪を見ることができました。

 itiyakusou_20160527_DSD_9188.jpg


下向きの花の向きを変えて写しました。雄しべが偏った面白い構造です。

 itiyakusou_20160527_DSD_9191.jpg


ムクドリがいました。モンゴルでも一度だけ見かけました。White-Cheeked Starlingとガイドが言ってました。

 mukudori_20160527_DSD_9203.jpg


最後に見かけたのはヒメジャノメのようです。今年の初認でした。

himejanome_20160527_DSD_9209.jpg 


スポンサーサイト

2016年5月15日の立田山

 真夏のように暑くなりました。

菅原神社付近ではユキノシタが咲いてました。子供のころ住んでた家にたくさん咲いてたので懐かしい花です。拡大してみるととてもきれいな花です。

 yukinosita_20160515_DSD_1463.jpg


森林総研の入り口にブラシノキの花が咲いてました。フラスコ洗いのブラシのような形の花です。

 brasinoki_20160515_DSD_1467.jpg


中腹を歩いていると葉の裏に蛾が留まりました。苦労して写しましたが、ハグルマエダシャクのようです。フラッシュ撮影です。前翅長は18mm程度です。

 hagurumaedasyaku_20160515_DSD_1482.jpg


トンボの池ではベニイトトンボが交尾してました。

 beniito_20160515_DSD_1492.jpg


昨日マミジロを見たとIさんから聞いたので、帰りに寄ってみましたが、メジロがサクランボを食べに来てました。

 mejiro_20160515_DSD_1519.jpg 


特定外来生物のオオキンケイギクが広がりつつあります。

ookinkeigiku_20160515_DSD_1534.jpg 


2016年5月13日の立田山

 いいお天気が続きます。

サクラ池の横で見つけたのは、トビモンアツバのようです。なかなか綺麗な模様です。

 tobimonatuba_20160513_DSD_1370.jpg


トンボの池ではバンが追いかけっこしてました。このところ繁殖が見られませんが、今年はどうでしょうか。

 ban2_20160513_DSD_1387.jpg


ハラビロトンボは♂が成熟色になってました。

 harabirotonboM_20160513_DSD_1413.jpg


ラミーカミキリがいました。今年初めて見たような気がします。春の森付近は昔はラミー畑だったそうです。

 rami-kamikiri_20160513_DSD_1423.jpg 


中腹の山の神は破損が無いようです。

yamakami_20160513_DSD_1450.jpg 


2016年5月12日の立田山

 久しぶりのいいお天気です。

豊国台のサクランボの木にはエナガが来てました。

 enaga_20160512_DSD_1238.jpg


湿性植物園のノアザミの花にはトラマルハナバチが来て花粉を集めてました。

 toramaruhanabati_20160512_DSD_1261.jpg


お祭り広場ではセグロセキレイが何かを咥えようとしてました。なんでしょうね。

 segurosekirei_20160512_DSD_1271.jpg


トンボの池のクロイトトンボは産卵してました。♂は♀の首をつかんで立ち上がってました。ベニイトトンボではこの姿勢はよく見ますが、クロイトトンボでは珍しいと思いました。

 kuroitotonboP_20160512_DSD_1278.jpg


モンシロチョウは交尾してました。

 monsirotyouP_20160512_DSD_1286.jpg


キタテハがいました。綺麗な翅をしていたので、今年生まれかもしれません。

 kitatehaH_20160512_DSD_1300.jpg


裏面も写せました。

 kitatehaT_20160512_DSD_1304.jpg


上の林道のハナウドが綺麗に咲いてます。この道はがけ崩れの恐れがあるので車が通れないのでのんびりと歩けます。

 hanaudo_20160512_DSD_1314.jpg


5/7にサイハイランを写した際に、もう枯れてしまったと思ったんですが、実は咲いたばかりだったんだと教えていただきました。きちんと花を写さねば、ということで写しに行きました。開花が進んでいい感じになってました。左の茎に大きな幼虫がいるのに写真を見て初めて気づきました。

 saihairan_20160512_DSD_1327.jpg


帰り道でサンコウチョウの声がしました。見上げると、長い尾をひらひらさせて♂が飛び回ってました。

 sankoutyou_20160512_DSD_1333.jpg


鳴き声もなんとか録音できました。まだ連続しては鳴きません。

 Japanese Paradise Flycatcher_Song_160512_04 サンコウチョウの声


春の森ではスズメが沢山いましたが、口ばしが黄色い幼鳥のようです。

suzumeJ_20160512_DSD_1357.jpg 


2016年5月11日の立田山

 晴れの予報でしたが、かなり曇ってました。

竹林横の杉の木に蛾が留まってました。ウスバミスジエダシャクのようです。前翅長は22mm程度です。櫛状の触覚が立派です。

 usubamisujiedasyakuM_20160511_DSD_1154.jpg


同じ木に別の蛾が留まってました。前翅長は21mm程度です。まだ種がわかりません。今日の課題1です。

 gaSP1_20160511_DSD_1164.jpg


昨夜は大雨だったので熊本城がくっきりと見えました。

 kumamotojou_20160511_DSD_1168.jpg


トンボの池にはベニイトトンボがいましたが、まだ色があまりついてない未成熟のようです。

 beniitotonbo_20160511_DSD_1200.jpg


アセビはたくさん実をつけてます。

asebiB_20160511_DSD_1228.jpg 


葉の上に留まってた小さな蛾は前翅長が10mm程度です。5/2の課題と同じようです。

 gaSP2H_20160511_DSD_1223.jpg 


帰ったら自転車のサドルに緑の蛾が留まってました。ヨツモンマエジロアオシャクのようです。アオシャクはみんな綺麗な色をしています。

yotumonmaejiroaosyaku_20160511_DSD_1233.jpg 


2016年5月8日の立田山

 曇り空なので、早めに出かけました。

駐車場に着く前に崖の上でセンダイムシクイがウグイスと競うように鳴いてました。

 Eastern Crowned Leaf Warbler_Song_160508_02 センダイムシクイの声


豊国台の下を通っていると、ハシブトガラスが近くに来て激しく鳴いてました。近くに巣があるようです。

 hasibutogarasu_20160508_DSD_1044.jpg


ハマクサギの面白い形の花が咲いてました。

 hamakusagi_20160508_DSD_1057.jpg


ヘビイチゴの実が沢山なってましたが、これは美味しくありません。

 hebiitigoB_20160508_DSD_1062.jpg


カキの花が満開です。

 kaki_20160508_DSD_1069.jpg


豊国台のサクランボが生る、オオシマザクラだったと思いますが、ここにはよくマミジロが実を食べに来ます。今日はヒヨドリが食べに来てました。

 hiyodori_20160508_DSD_1074.jpg


コミスジが翅を拡げました。これが通常のスタイルです。

 komisuji_20160508_DSD_1079.jpg


綺麗な三角形はオオウンモンクチバのようです。

 oounmonkutiba_20160508_DSD_1089.jpg


足元にオオスズメバチがいました。巣材を集めてるのでしょう。狭い道でこの上を通らないといけなかったので、しばらく待って飛び去ってから通りました。

 oosuzumebati_20160508_DSD_1092.jpg


今日一番おいしかったクサイチゴの実です。これくらいの色の時が一番おいしいのです。

 kusaitigoB_20160508_DSD_1096.jpg


トンボの池の近くにはホウチャクソウも咲いてました。サンコウチョウの声を聞いたんですが、録音するには遠すぎました。

 houtyakusou_20160508_DSD_1111.jpg


ショウジョウトンボも赤くなってます。

 syoujoutonbo_20160508_DSD_1119.jpg


ベニイトトンボもいました。オニヤンマのようなトンボも飛んでましたが、確認できませんでした。

 beniitotonbo_20160508_DSD_1122.jpg


これはウラベニエダシャクのようです。

 urabeniedasyaku_20160508_DSD_1127.jpg 


面白い幼虫がいました。これだけ特徴があるとわかり易いですね。イシガケチョウの幼虫で、食草のイヌビワの葉を食べてました。

isigaketyouJ_20160508_DSD_1136.jpg 


2016年5月7日の立田山

朝、早めに出ようとしたら雨が降ってたので、いつものように朝ドラを見てから出かけました。朝ドラで話題になってたゲラニウム・カロリアヌム(アメリカフウロ)がたくさん咲いてました。いまではどこにでも咲いてる花ですが、昭和初期に渡来したんですね。

amerikahuuro_20160507_DSD_0931.jpg 


春の森の横にある九重の塔が倒れてました。上に載せてあるだけのようなので、また上に載せれば復元できそうです。

 kujuunotou_20160507_DSD_0904.jpg


ベニスジヒメシャクの仲間がいましたが、やはり正確にどの種かはわかりませんでした。

 benisujihimesyakuSP_20160507_DSD_0909.jpg


テイカカズラがあちこちで咲いておりいい匂いがします。

 teikakazura_20160507_DSD_0923.jpg


サイハイランが咲いてる場所を通りました。もう少し早く写しに来ないと綺麗な花が見られません。

 saihairan_20160507_DSD_0929.jpg


トンボの池ではクロイトトンボが連結状態でヒシの葉の裏に産卵してました。

 kuroitotonboP_20160507_DSD_0949.jpg


シオヤトンボも交尾してました。命をつなぐ活動ですね。

 sioyatonboP_20160507_DSD_0961.jpg


ノアザミがあちこちで咲いてますが、今年も1株だけ白花を見つけました。

 noazami_20160507_DSD_0963.jpg


ハラビロトンボがいました。羽化して間もないようで、近くに3頭留まってました。

 harabirotonbo_20160507_DSD_0984.jpg


スズメノエンドウは実が生ってました。1つのさやに豆が2個です。

 suzumenoendouB_20160507_DSD_1003.jpg


カスマグサは1つのさやに豆が4個です。

 kasumagusaB_20160507_DSD_1004.jpg


カラスノエンドウはもう実が熟して真っ黒になってました。はじけるときにさやの皮がねじれて豆を遠くへ飛ばすようになってるようです。

 karasunoendouB_20160507_DSD_1009.jpg


帰り道でイシガケチョウが足元に泊まりました。

isigaketyou_20160507_DSD_1032.jpg 

2016年5月5日の立田山

 風もなくさわやかないいお天気になりました。しかし、余震は続いてます。

豊国台にはスズメがいました。雛をかえした家族連れが立田山で子育てに来るようで、今の時期には多くなります。

 suzume_20160505_DSD_0800.jpg


後翅が尖っているので、マエキヒメシャクです。ヒメシャクの中ではわかり易い種です。

 maekihimesyaku_20160505_DSD_0808.jpg


トンボの池の木の上に留まったのはフタスジサナエのようです。

 hutasujisanae_20160505_DSD_0850.jpg


リュウキュウベニイトトンボがいました。初認ですが、今年は遅くなってしまいました。

 ryu_beniito_20160505_DSD_0859.jpg


ノアザミにモンシロチョウが来てました。雄しべに触れると花粉が出てきます。

 monsirotyou_20160505_DSD_0865.jpg


南岸が通れないので、以前に通ってた山の神の方に行きました。山の神は無残にも崩壊してました。

 yamanokami_20160505_DSD_0876.jpg


近くに大きな地割れも見られました。このあたりは地震が大きかったようです。

 jiware_20160505_DSD_0877.jpg


サクラ池にはツマグロヒョウモンがいました。これから増えてくるでしょう。

tumagurohyoumon_20160505_DSD_0882.jpg 


蛾がいました。ウスキミスジアツバのようですが、鱗粉が剥げてるようではっきりとはわかりません。

 usukimisujiatuba_20160505_DSD_0889.jpg 


夏の森ではカナメモチの花が満開でした。

kanamemoti_20160505_DSD_0901.jpg 

2016年5月4日の立田山

 昨日の大嵐と打って変わってさわやかな晴天になりました。しかし、風が強くて帽子が飛ばされそうです。

豊国台の手前のロープにキビタキ♂が留まりました。

 kibitakiM_20160504_DSD_0725.jpg


キビタキ♀も一緒に行動しているようで、このあたりで繁殖するかもしれません。

 kibitakiF_20160504_DSD_0718.jpg


豊国台のニセアカシアの花にはキアゲハが飛来してました。

 kiageha_20160504_DSD_0736.jpg


ツブラジイの花もたくさん咲いてました。ちょうど20年前のいまごろ熊本に引っ越してきて、立田山のツブラジイの花が満開ですごい匂いがしたのが印象に残ってます。

 tuburajii_20160504_DSD_0746.jpg


クロヒカゲが翅を開きかかってました。

kurohikage_20160504_DSD_0747.jpg 


見ていると翅を全開しました。これはなかなか見られません。

 kurohikageH_20160504_DSD_0753.jpg


この丸いかわいらしいものはタツナミソウの実だと「みん花」で教えてもらいました。花が無いか探しましたが、ありませんでした。

 tatunamisouB_20160504_DSD_0757.jpg


クロコノマチョウがいました。越冬個体のようで翅が傷んでます。

 kurokonomatyouF_20160504_DSD_0765.jpg


クサイチゴが沢山なってました。やはり今年はあまり人が来てないようで、競争が激しくなくたくさん食べられます。

kusaitigoB_20160504_DSD_0783.jpg 


2016年5月2日の立田山

 いいお天気が続きます。地震後に初めて自転車で立田山に向かいました。

春の森では小さな蛾に出会いました。この手の模様が無い蛾は難しいですが、本日の課題です。前翅長は11mm程度です。

 gaSP1_20160502_DSD_0567.jpg


野鳥の森のトキワサンザシが咲いてました。

 tokiwasanzasi_20160502_DSD_0572.jpg


近くにムラサキシジミが留まりました。

 murasakisijimi_20160502_DSD_0574.jpg


ようやく翅を拡げましたが、紫色の鱗粉がほとんど落ちてるようでした。

 murasakisijimi_20160502_DSD_0579.jpg


豊国台に真っ赤な花が咲いてる、と見えましたが、タブノキの新芽でした。こんなに赤い新芽は初めてです。

 tabunoki_20160502_DSD_0589.jpg


コミスジは何度か見かけてましたが、撮影は今年初めてです。

 komisuji_20160502_DSD_0607.jpg


サクラ池は堤防なども被害は無いようで、ヒツジグサが咲き始めてました。

 hitujigusa_20160502_DSD_0611.jpg


アオサギが悠然と飛んでましたが、この個体はかなり黒っぽいと思いました。

 aosagi_20160502_DSD_0617.jpg


白い蛾はアカハラゴマダラヒトリのようです。

 akaharagomadarahitori_20160502_DSD_0638.jpg


顔が面白くて、黒点が目のようで大きな顔のような模様になってました。

 akaharagomadarahitori_20160502_DSD_0645.jpg


シオカラトンボは初認ですが、もう交尾してました。

 siokaratonboP_20160502_DSD_0649.jpg


トンボの池はすっかり水面がヒシの葉で覆われてましたが、葉をかき分けてバンが泳いでました。

 ban_20160502_DSD_0657.jpg


トンボの池のトダスゲはもう実になってました。花を写したかったんですが、花期が過ぎてしまってました。

 todasuge_20160502_DSD_0665.jpg


そこで、少し奥のサワトラノオの湿地に行きました。サワトラノオは咲き始めてました。

 sawatoranoo_20160502_DSD_0672.jpg


ここのトダスゲも花は終わってました。

 todasuge_20160502_DSD_0674.jpg


トンボの池に戻って南岸を歩こうとしたところ、通行禁止になってました。

 kinsi_20160502_DSD_0676.jpg


上の道に出ると、大きな地割れがあり、これでは危険でとてもこの下は歩けません。今年はトンボの観察はあまり北岸でしかできません。

 jiware_20160502_DSD_0678.jpg


サクラ池の北岸にはキシギシが沢山咲いてました。よく似たスイバより花期がかなり遅いです。

 gisigisi_20160502_DSD_0689.jpg 


ウグイスカグラの実が綺麗なのでいつも気にしてますが、今年も1個しか見つかりませんでした。

uguisukaguraB_20160502_DSD_0696.jpg 


2016年5月1日の立田山

 まだ余震も納まらないんですが、いい天気なので出かけました。

見つけたのはタイワンキシタアツバです。新鮮で綺麗な個体です。

 taiwankisitaatuba_20160501_DSD_0509.jpg


ちいさなシソ科の植物ですが、すでに花期が終わって実になってるようで、これではなんだかわかりません。

 sisoSP_20160501_DSD_0519.jpg


隣にはまだツボミらしき株もありましたが、これもわかりません。もう少し待ちましょう。

 sisoSP_20160501_DSD_0532.jpg


大きなナルコユリが沢山の花を咲かせてました。

 narukoyuri_20160501_DSD_0537.jpg


コチャバネセセリが留まってました。

 kotyabaneseseri_20160501_DSD_0542.jpg


みずみずしい葉はオオハンゲです。目立たない花も咲いてます。

 oohange_20160501_DSD_0546.jpg


初めて見たような感じでしたが、ダイミョウセセリのようです。翅を上にあげた姿勢で留まってるのは初めて見ました。

 daimyouseseri_20160501_DSD_0555.jpg


表面の模様は確かにダイミョウセセリです。

 daimyouseseri_20160501_DSD_0555.jpg 


ヒノキの生木が途中で折れてました。地震の前にはなかったので地震で折れたようです。

hinoki_20160501_DSD_0559.jpg 

プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR