2016年9月20日の立田山

 台風一過ですが、まだ強風域なので木がざわざわと揺れてました。

春の森ではセンニンソウが咲いてました。

 

senninsou_20160920_DSE_3506.jpg 


大きな木が倒れてました。寝ている間に強い風が吹いたようです。


 touboku_20160920_DSE_3507.jpg


登り路にアマチャヅルの花が咲いてました。これは雄花なので、次は雌花を探さないといけません。

 

amatyaduru_20160920_DSE_3529.jpg 


カラムシの葉の上でミカドトックリバチが青虫を食べてました。

 

mikadotokkuribati_20160920_DSE_3566.jpg 


こちらの蛾は似た種が多くて識別に困りますが、ヒメツマキリヨトウとしました。

 

himetumakiriyotou_20160920_DSE_3582.jpg 


こちらもキシタアツバの仲間だとはわかるんですが、珍しく翅をぺたりと水平に広げてるのと色が薄くなってるので判別に困りましたが、タイワンキシタアツバのようです。

 

taiwankisitaatuba_20160920_DSE_3598.jpg 


草むらを歩くと大量の蛾が飛び回るのですが、みんな葉の裏に留まって写せません。なんとか高い所に留まったものを下からフラッシュを使って写しました。前翅のコブが目立つコブノメイガの♂でした。

kobunomeigaM_20160920_DSE_3605.jpg 

スポンサーサイト

2016年9月16,17日の立田山

9/16:雨が続いたりして久しぶりに来ました。

キジバトが近くの枝に留まりました。外国では珍しい鳥です。

 

kijibato_20160916_DSE_3380.jpg 


足元にはホシコヤガが留まってましたが、なかなか名前を思い出せません。

 

hosikoyaga_20160916_DSE_3379.jpg 


もうお彼岸に近いので、シロバナヒガンバナが咲いてました。春の森にはまだ赤い花は咲いてません。

 

sirobanahiganbana_20160916_DSE_3391.jpg 


9/17:マユタテアカネが飛んできました。赤とんぼはこの種しかまだ見てません

 

mayutateakane_20160917_DSE_3403.jpg 


豊国台の下にはアメリカセンダングサが咲いてました。去年初めてこの場所で見つけたようです。

 

amerikasendangusa_20160917_DSE_3413.jpg 


豊国台ではアオスジアゲハが留まってました。半逆光なので青い部分が透き通って輝くように見えました。

 

aosujiageha_20160917_DSE_3440.jpg 


春の森でベンチに座っているとメボソムシクイの声がしました。写真だけでは判別不能です。

 

mebosomusikui_20160917_DSE_3455.jpg 


雑音が多いですが、メボソムシクイだと分かる鳴き声です。地鳴きと併せてさえずり風の鳴き声も聞かせてくれました。

Arctic Warbler Call and Song_160917_01 メボソムシクイの地鳴きとさえずり

2016年9月8日の立田山

 昼間は暑いですが、朝晩は少し涼しくなったので、過ごしやすくなりました。

竹林入口にサンショウクイが5羽程鳴いてました。ようやく1羽写しましたが、胸が真っ白なので、亜種サンショウクイのようです。この辺では珍しい亜種です。

 

sansyoukuiF_20160908_DSE_3189.jpg 


背中から頭にかけてグレーなので、♀のようです。

 

sansyoukuiF_20160908_DSE_3200.jpg 


♀はおでこの白い部分が少ないようです。

 

sansyoukuiF_20160908_DSE_3208.jpg 


鳴き声を録音しましたが、似た虫の声が重なってるので、わかりにくくなってしまいました。

 

Ashy Minivet_Call_160908_02 サンショウクイの声


ボタンヅルが下のほうまで咲いてきました。

 

botanzuru_20160908_DSE_3214.jpg 


トンボの池ではこれに似たセンニンソウが咲いてました。よく似た花です。

 

senninsou_20160908_DSE_3293.jpg 


キタキチョウが留まってましたが、ずいぶん白っぽい色でした。

 

kitakityou_20160908_DSE_3241.jpg 


サトキマダラヒカゲが留まってました。基部の3点の並び方はヤマキマダラヒカゲのようですが、もう一つの識別ポイントの後翅外縁部が破れてるので、見分けられません。

 

satokimadarahikage_20160908_DSE_3253.jpg 


別のところにいたこの個体は確実にサトキマダラヒカゲです。

 

satokimadarahikage_20160908_DSE_3287.jpg 


秋にはマメ科の花が沢山咲きます。ツルマメが咲いてました。葉は大きいのに、小さな花です。

 

turumame_20160908_DSE_3260.jpg 


こちらはネコハギだそうです。初めて認識しました。白い綺麗な花です。葉はトランプのクラブの模様のようです。

nekohagi_20160908_DSE_3313.jpg 

2016年9月6日の立田山

 台風が少しそれてくれたあと、また暑くなりました。

竹林入口にはボタンズルが沢山咲いてました。

 

botanzuru_20160906_DSE_2956.jpg 


キンミズヒキも黄色が目立ちます。

 

kinmizuhiki_20160906_DSE_2966.jpg 


マユタテアカネがいました。立田山で最も多い赤とんぼです。

 

mayutateakane_20160906_DSE_2979.jpg 


9/1にわからなかったイネ科の花はササクサでした。「山に咲く花」の方に載ってました。実になるとズボンにくっつく引っ付き虫になります。

 

sasakusaB_20160906_DSE_3120.jpg 


注意しているとあちこちに生えてました。

 

sasakusa_20160906_DSE_3124.jpg 


似た花ですが、ぷくっと膨らんだ大きな実になるのはトウササクサのようです。

 

tousasakusa_20160906_DSE_3001.jpg 


こちらは限定的な場所にあり、ササクサより葉も大きいようです。

 

tousasakusa_20160906_DSE_3003.jpg 


ゴイシシジミが笹の葉の裏に留まってました。この幼虫が食べるササコナフキツノアブラムシのいる場所を選んで留まっているようです。

 

goisisijimi_20160906_DSE_3010.jpg 


トンボの池ではネナシカズラの花を見つけました。後ろの葉は別の植物のものなので、葉も探して写さないといけません。

 

nenasikazura_20160906_DSE_3046.jpg 


ナンテンハギも咲いてますが、色がうまく出てないようです。こういう色は相変わらずデジカメでの再現がむつかしいようです。

 

nantenhagi_20160906_DSE_3066.jpg 


イネ科の花が咲いてましたが、イヌビエのようです。

 

inubie_20160906_DSE_3077.jpg 


アゲハチョウも飛び回ってました。

agehatyou_20160906_DSE_3104.jpg 

2016年9月1,2,4日の立田山

9/1:イネ科の花を見つけましたが、なんだかわかりません。

 

ineSP_20160901_DSE_2716.jpg 


笹のような葉ですが、長さ15cmくらいある大きさです。図鑑にはまだ見つかりません。

 

ineSP_20160901_DSE_2717.jpg 


9/2:ガンクビソウが咲いてました。

 

gankubisou_20160902_DSE_2765.jpg 


冬の森のヤブツバキに大きな実ができてました。

 

yabutubakiB_20160902_DSE_2767.jpg 


熟して種が落ちたものもあります。

 

yabutubakiB_20160902_DSE_2768.jpg 


コゲラが木の皮をたたいてました。


kogera_20160902_DSE_2782.jpg 


9/4:台風接近ということで探鳥会が中止になりました。ヤブミョウガは綺麗な実をつけてました。

 

yabumyouga_20160904_DSE_2876.jpg 


留まってたのは尾が切れてますが、オナガアゲハの♀のようです。


onagaagehaF_20160904_DSE_2885.jpg 


遠くで大量に咲いてますが、センニンソウの花です。

 

senninsou_20160904_DSE_2891.jpg 


トンボの池ではベニイトトンボが散乱してました。♂は直立状態で見張ってるようです。

 

beniitotonboP_20160904_DSE_2899.jpg 


サネカズラはもう実が大きくなってました。右の雌花は咲いてる状態でしょうか。写真を撮ってるときは名前を思い出してたんですが、次の日に整理していたらもう名前を忘れてました。懸命に思い出そうとしたら、なぜか蝉丸の「これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関」という歌が浮かんできました。実際には「名にし負(お)はば 逢坂山(あふさかやま)の さねかづら 人に知られで くるよしもがな」を思い出さないといけなかったんですが、逢坂つながりですね。このような大脳の不思議な働きをこの頃よく体験します。

 

sanekazuraF_20160904_DSE_2905.jpg 


アオビタイトンボがこちらを向いてたので、青く光る額を写せました。

 

aobitaitonbo_20160904_DSE_2917.jpg 


ヒヨドリバナが咲き始めました。この花が好きなアサギマダラが楽しみです。

hiyodoribana_20160904_DSE_2935.jpg 

プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR