2016年11月29日の立田山

 今日もいいお天気で冷え込みました。
豊国台の登り道でクロジが出てきました。黒い♂です。
Grey Bunting

kurojiM_20161129_DSF_3050.jpg

同じクロジですが、日陰で写すとずいぶん黒く見えます。
Grey Bunting

kurojiM_20161129_DSF_3110.jpg

手前にいたのはクロジのメスかと思って写してたんですが、写真を見るとアオジでした。
Black-faced Bunting

aoji_20161129_DSF_3095.jpg

クロジとアオジを一緒に写すと、クロジがずいぶん大きいのに驚きました。

kuro_aoji_20161129_DSF_3121.jpg

飛び立ったアオジが目の前の枝に留まりました。右足にメタルリングをしています。今年の1/26と3/3にもこの辺りで右足にメタルリングをしたアオジを写してますが、同じ個体なのでしょう。
Black-faced Bunting

aoji_20161129_DSF_3138.jpg

木の上の方にはソウシチョウが留まりました。尾の先端が特徴的なシルエットです。
Red-billed Leiothrix

sousityou_20161129_DSF_2983.jpg

シジュウカラも一緒になって動いているようです。
Japanese Tit

sijukara_20161129_DSF_2990.jpg

シロハラは地面に出てくるようになりました。
Pale Thrush

sirohara_20161129_DSF_2997.jpg

杭の上にはルリビタキが留まるようになりました。歩いていくと、次の杭に移動して、まるでミチオシエのようです。
Red-franked Bushrobin

ruribitaki_20161129_DSF_3002.jpg

豊国台のクロキに花が咲いてました。別の場所ではこのところわからなかった木の花です。雄蕊があまり目立たなかったのでクロキだと思えなかったようです。

kuroki_20161129_DSF_3149.jpg
スポンサーサイト

2016年11月28日の立田山

 昨日はかなり雨が降りましたが、いいお天気になりました。
竹林の前にアオジが出現しました。
Black-faced Bunting

aoji_20161128_DSF_2741.jpg

前の木にはコゲラが木をつついてました。
Japanese Pigmy Woodpecker

kogera_20161128_DSF_2751.jpg

今日もルリビタキは声はすれども、、でした。

Red-franked Bushrobin_Call_161128_03 ルリビタキの地鳴き

豊国台の手前ではソウシチョウが地鳴きとグゼリ声を出してました。

Red-billed Leiothrix_Call_161128_04 ソウシチョウの地鳴きとグゼリ

頂上付近の四つ角付近でウソの声がしたと思ったんですが、録音はどうでしょうか。音質はうその感じですが、ちょっと変わった鳴き方でした。

Eurasian Bullfinch_Call_161128_06 ウソ?の声

木の花が未解決なので、もう少しはっきりと撮影してみました。

hana_20161128_DSF_2792.jpg

全体的な感じはこのようです。

hana_20161128_DSF_2795.jpg

サクラ池よこのモミジが綺麗になってきました。

momiji_20161128_DSF_2803.jpg

お祭り広場のジョウビタキは♂だと思ってたんですが、お茶屋跡に登ってみるとジョウビタキの♀が、それも2羽いてにらみ合ってました。
Daurian Redstart

jobitaki1_20161128_DSF_2867.jpg

右側の個体が示威行動です。

jobitaki2_20161128_DSF_2868.jpg

取っ組み合いになりました。

jobitaki3_20161128_DSF_2849.jpg

左の個体が追い払われたようです。

jobitaki4_20161128_DSF_2890.jpg

動画を撮ればよかったですね。

2016年11月26日の立田山

 ずいぶん冷え込みましたが、いいお天気です。
登り道ではいつもの杭の上にルリビタキがようやく登場です。

ruribitaki_20161126_DSF_2624.jpg

少し先の杭の上にはジョウビタキがいました。こんなところではあまり見ないんですが、どうしたことでしょうか。

jobitaki_20161126_DSF_2627.jpg

豊国台のドングリは豊作です。アラカシのようです。

arakasiB_20161126_DSF_2631.jpg

ナツミカンは葉柄にくさび形の翼があるということで、改めて撮影しました。実の左の葉の葉柄で確認できました。

natumikanB_20161126_DSF_2634.jpg

カキの実が熟してきたようで、シロハラがつつきに来てました。

sirohara_20161126_DSF_2658.jpg

頂上付近の四つ角でルリビタキを探していたら、木の花が目に入りました。図鑑を調べましたが、まだわかりません。

hana_20161126_DSF_2685.jpg

ルリビタキは近くで鳴いてたんですが、見つけられませんでした。鳴き声は確かにルリビタキのものです。

Red-franked Bushrobin_Call_161126_01 ルリビタキの地鳴き

メジロがヤマハゼの実を食べてるようでした。丸のみにするんですかね?

mejiro_20161126_DSF_2699.jpg

別の場所でもメジロがヤマハゼの実を食べに来てました。

mejiro_20161126_DSF_2716.jpg

カラムシの葉の上ではムラサキシジミが翅を広げて日光浴してました。

murasakisijimi_20161126_DSF_2722.jpg

2016年11月25日の立田山

 昨日から急に寒くなりました。昨日は風が強くて曇ってましたが、今日は風もなくいいお天気です。

A水槽の近くでミヤマホオジロに出会いました。この鳥は枝が込んだところに留まるので、いつも撮影に苦労します。

miyamahojiro_20161125_DSF_2482.jpg

カキの葉の紅葉が綺麗です。

kaki_20161125_DSF_2506.jpg

近くでルリビタキが鳴いています。今日は地鳴きです。

Red-franked Bushrobin_Call_161125_01 ルリビタキの地鳴き1

もう少し上の方でもルリビタキが鳴いてました。

Red-franked Bushrobin_Call_161125_03 ルリビタキの地鳴き2

豊国台に大きなナツミカン?が生っているのに初めて気が付きました。

natumikan_20161125_DSF_2508.jpg

C水槽の前のヒノキのてっぺんでモズがけたたましく鳴いてました。

mozu_20161125_DSF_2531.jpg

鳴き声も録音しました。

Bull-headed Shrike_161125_04 モズの声

久しぶりにお祭り広場まで行きました。ここのジョウビタキはいまでも♂でした。

jobitakiM_20161125_DSF_2583.jpg

お茶屋後のイロハモミジがきれいに紅葉していました。立田山のモミジは一斉に紅葉しないので、所々で楽しむしかありません。

momiji_20161125_DSF_2608.jpg

帰りの秋の森でもルリビタキが鳴いてました。

Red-franked Bushrobin_Call_161125_05 ルリビタキの地鳴き3

今日の3か所で録音したルリビタキの声はいずれも5kHz未満で下がり調子なので確実にルリビタキですが、昨日の録音はちょうど5kHzでほとんどフラットな音程で鳴く初めてのパターンでした。豊国台への登り道の森の方で鳴いてたので、ルリビタキだと思われます。

Red-franked Bushrobin_Call_161124_01 昨日のルリビタキの地鳴き

2016年11月23日の立田山

 少し気温が下がったようですが、まだまだ暖かい日が続きます。
五高の森のカラムシの葉にオオアオイトトンボの♀が留まってました。昨年は11/22に見ているので、1日遅い記録になりました。

ooaoitotonboF_20161123_DSF_2430.jpg

あちこちでこの真っ赤な実が目立ちます。ヒヨドリジョウゴの実のようです。美味しそうですが、神経毒成分が含まれているそうで、死に至る恐れがあるそうです。

hiyodorijougoB_20161123_DSF_2426.jpg

鳥のさえずり風の声が聞こえてきました。いろいろ混じって判断が難しいですが、ミヤマホオジロのようです。

Yellow-throated Bunting_Song_161123_02 ミヤマホオジロのグゼリ

2016年11月22日の立田山

続きを読む

2016年11月20日の立田山

 曇ってるのですが暖かい日でした。
豊国台の登り道ではアオジがいました。

aoji_20161118_DSF_2059.jpg

柵の上にはシロハラも出てきました。

sirohara_20161120_DSF_2092.jpg

豊国台のジョウビタキは今日も♀タイプでした。

jobitaki_20161120_DSF_2123.jpg

秋の森のナンテンの実が綺麗に色づきました。

nantenB_20161120_DSF_2131.jpg

秋の森の下のモミジが綺麗に色づきました。

momiji_20161118_DSF_2067.jpg

湿性植物園にはキセキレイがいました。

kisekirei_20161120_DSF_2150.jpg

正面顔が撮れました。

kisekirei_20161120_DSF_2156.jpg

キセキレイは飛び立つ際に必ず声を出すので、近くにいるときにはレコーダをセットして近づきます。

Grey Wagtail_Call_161120_02 キセキレイの声

トンボの池のシダレザクラの木にミヤマホオジロがいました。何羽かいたんですが、枝の向こう側ばかりに留まるのでうまく写せません。

miyamahojiroF_20161120_DSF_2196.jpg

帰り道の竹林ではルリビタキがさえずり風の声を出してました。今季の初認です。

Red-franked Bushrobin_Song_161120_07 ルリビタキのグゼリ


2016年11月16日の熊本城

 パスポートの受け取りに市役所に行きました。前回まではパスポートは県庁でしたが、熊本市が政令指定都市になったので区役所になりました。中央区役所は市役所の1階です。自宅からは県庁と市役所は同じくらいの距離なので、有難くもありません。
市役所の14階は展望場所があり、熊本城がよく見えます。天守閣は瓦が落ちて痛々しいですが、手前の本丸御殿の瓦は落ちて無いようでした。内部の破損がまだ修復されていないので見学はできません。

kumamotojou_20161116_CIMG5852.jpg

ニュースによく出てくる細い石垣1本で支えられている飯田丸の工事の様子も良く見えました。

iidamaru_20161116_CIMG5854.jpg

帰りに近くへ行ってみるとほとんどの石垣が大きく崩れています。

isigaki_20161116_CIMG5858.jpg

加藤神社へは行けるとのことで行ってみると、参道の石垣もあちこちで崩れたままですが、大きな土嚢を置いて通行の安全を守っているようでした。

katou_20161116_CIMG5861.jpg

加藤神社の境内からは天守閣がよく見えます。瓦が落ちている以外は昔の儘の姿でした。

katou_20161116_CIMG5862.jpg

手前の小天守はかなり瓦が残ってます。

syoutensyu_20161116_CIMG5863.jpg

大天守の方は最上部の瓦はほとんど残ってないようです。

daitensyu_20161116_CIMG5864.jpg

加藤神社の本殿は修復が済んだようで、日常が戻っています。車もここまで入ってこられます。

katou_20161116_CIMG5866.jpg

北西角の戌亥櫓も飯田丸と同じように細い石垣1本で支えられている状態でした。

yagura_20161116_CIMG5870.jpg

帰りに熊大を通過しました。五高記念館は倒れていた煙突が下におろされており、足場が組まれて修復作業中の様でした。まだ見学はできません。

gokou_20161116_CIMG5874.jpg

五高記念館の裏のイチョウが黄色く色づいてました。

gokou_20161116_CIMG5876.jpg

2016年11月16日の立田山

 暖かくていい天気が続きます。
冬の森にリュウキュウサンショウクイがいました。何かを咥えてましたが、カメムシのようです。

ri_sansyoukui_20161116_DSF_1907.jpg

飛び去ったと思ったのに、目の前に留まりました。

ri_sansyoukui_20161116_DSF_1927.jpg

登り道でミヤマホオジロに出会いました。全身が見えなくて残念でした。

miyamahojiro_20161116_DSF_1939.jpg

お祭り広場のセンダンの木には実がびっしりとなってました。

sendanB_20161116_DSF_1946.jpg

トンボの池の奥にはジョウビタキの♀がいました。

jobitakiF_20161116_DSF_1989.jpg

大きな声で鳴いてました。5.3-6.0kHzくらいのかなり高めの音程です。

Daurian Redstart_Call_161116_01 ジョウビタキの声

カキの木の紅葉が綺麗でしたが、実が全然なってませんでした。

kaki_20161116_DSF_1992.jpg

フユイチゴが熟してきました。甘酸っぱくて美味しかったです。

huyuitigoB_20161116_DSF_2020.jpg

成虫越冬する蝶は裏面が枯葉の感じになってるのが多いのですが、キタキチョウはこんなに目立つ色なのが不思議です。

kitakityou_20161116_DSF_2029.jpg

2016年11月15日の立田山

 今日も一段と暖かくなりました。
春の森付近でツタが紅葉して抽象画のようです。

tuta_20161115_DSF_1836.jpg

コツコツという音がしたので見上げるとコゲラが夢中で木をたたいてました。

kogera_20161115_DSF_1840.jpg

いまのところ立田山で最も赤くなってるモミジがこれです。緑色のものがほとんどです。

momiji_20161115_DSF_1846.jpg

ハゼノキの仲間が赤く見えます。

hazeSP_20161115_DSF_1853.jpg

豊国台では今日もヤマガラがいました。これは家内が初めて写した鳥の写真です。

yamagara_20161115_DSF_1865.jpg

豊国台のモミジの木はまだ小さいですが、かなり赤くなってました。大きくなるのが楽しみです。

momiji_20161115_DSF_1870.jpg

この美味しそうな実はアマチャズルのようです。葉や茎には朝鮮人参と同じサポニンを含むそうですが、実はどうなんでしょう。

amatyazuruB_20161115_DSF_1878.jpg

ササクサは紅葉してます。

sasakusa_20161115_DSF_1884.jpg

シナマンサクもかなり黄色くなりました。

sinamansaku_20161115_DSF_1886.jpg

2016年11月13日の立田山

 ずいぶん暖かくなりました。

豊国台ではヤマガラが鳴きながら寄ってきました。


yamagara_20161113_DSF_1718.jpg 


ニーニーと鳴いてます。

 

Varied Tit_Call_161113_01 ヤマガラの声 


西側斜面に咲いていた花は、葉が細長いのでどうかなと思いましたが、やはりシロヨメナのようです。

 

siroyomena_20161113_DSF_1729.jpg 


トンボの池ではバンの若鳥が泳いでました。南岸からだと逆光で良く写らないので、北岸に回り込めばいいのですが、地震でがけ崩れしてるので行けません。そろそろいいかな?と思ってたんですが、昨日も震度4の地震があったので、まだしばらくはやめておきましょう。

 

banJ_20161113_DSF_1758.jpg 


綺麗な紅葉はこの木だけです。

 

kouyou_20161113_DSF_1760.jpg 


マユタテアカネがいました。過去に11/22という記録があるのでまだ見られるようです。

 

mayutateakane_20161113_DSF_1803.jpg 


暖かくなったのでツマグロヒョウモンも飛んできました。

 

tumagurohyoumon_20161113_DSF_1806.jpg 


ベニシジミもいました。

 

benisijimi_20161113_DSF_1809.jpg 


菫も咲いてましたが、コスミレのようです。

 

kosumire_20161113_DSF_1821.jpg 


冬の森ではムラサキツバメがいました。翅はひろげてはくれませんでした。

murasakitubame_20161113_DSF_1834.jpg 

2016年11月11日の立田山

 早朝は霧が濃かったのですが、すぐに晴れて暖かくなりました。

湿性植物園にはキセキレイがいて羽毛のお手入れ中でした。


 kisekirei_20161111_DSF_1560.jpg


翼の上に足を出して、間接頭掻きです。

 

kisekirei_20161111_DSF_1577.jpg 


リラックスしているようで、伸びをしました。羽が薄くて透けて見えてます。

 

kisekirei_20161111_DSF_1581.jpg 


トンボの池ではサネカズラの実が赤く熟してきました。美味しそうに見えますが、ネットで調べると美味しくはないようです。

 

sanekazuraB_20161111_DSF_1611.jpg 


トンボの池の岸辺の道はイノシシが掘り返してミミズなどを食べているそうで、畑のようになってます。

 

inosisi_20161111_DSF_1626.jpg 


昨日はいなかったオカヨシガモがいました。これは♂で、シックな色合いです。

 

okayosigamoM_20161111_DSF_1650.jpg 


オカヨシガモの♀もいました。この写真の真ん中です。右はハシビロガモ、左はオオバンです。


okayosigamoF_20161111_DSF_1654.jpg 


崖の上の白い花はシロヨメナのようです。種ごとに葉の形状が異なるとのことです。

 

siroyomena_20161111_DSF_1666.jpg 


花の少ない時期なので、とても綺麗です。この写真を撮っているころに最高震度4の地震が熊本地方で発生したんですが、全く気づきませんでした。

 

siroyomena_20161111_DSF_1675.jpg 


きれいな紅葉もありました。

 

kouyou_20161111_DSF_1683.jpg 


気温が下がったので、ヤマトシジミも翅を広げて日光浴です。

 

yamatosijimi_20161111_DSF_1689.jpg 


野鳥の森のトキワサンザシは実がほとんど残ってません。

 

tokiwasanzasi_20161111_DSF_1494.jpg 


こちらのクロガネモチの実がびっしりと残ってるのは美味しくないのでしょうか。

kuroganemoti_20161111_DSF_1492.jpg 

2016年11月10日の立田山

 秋が深まってきました。

豊国台にはジョウビタキの♀がいます。

 

jobitakiF_20161109_DSF_1399.jpg 


湿性植物園にはジョウビタキの♂がいました。


jobitakiM_20161110_DSF_1418.jpg 


トンボの池にはコガモがいましたが、まだ人なれしていないようで、すぐに飛び去ります。

 

kogamo_20161110_DSF_1426.jpg 


完全に換羽が終了したコガモの♂もいました。

 

kogamoM_20161110_DSF_1477.jpg 


ホシハジロもいました。

 

hosihajiroF_20161110_DSF_1474.jpg 


ホシハジロは着水する際に大きな水かきもブレーキに使っているようです。

 

hosihajiro_20161110_DSF_1454.jpg 


ハシビロガモも来てました。この池も賑やかになってきました。

 

hasibirogamo_20161110_DSF_1488.jpg 


北側斜面ではガビチョウが賑やかに鳴いてました。一緒に「チャン、チャン」と鳴いてるのはシロハラです。

 

Chinese Hwamei_161110_03 ガビチョウの声


野鳥の森ではサザンカが満開です。


sazanka_20161110_DSF_1409.jpg 

プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR