2017年7月13, 14日の立田山

いいお天気になりましたが、暑くなりそうです。
アベリアの花にはクロアゲハが蜜を吸いに来ていました。

kuroageha_20170713_DSI_1970.jpg

道を悠然とキジバトが歩いてました。羽の縁が薄い色になっていてなかなか綺麗な鳥です。

kijibato_20170714_DSI_2055.jpg

サクラ池ではチョウトンボがたくさん飛んでいます。この写真は雄で青く光ってます。

tyoutonbo_20170714_DSI_2065.jpg

池の堤防ではアオサギが暑いせいか口を半開きにしていました。

aosagi_20170714_DSI_2074.jpg

お祭り広場のトチノキの実が大きくなりました。これを食べるにはあく抜きが大変らしいです。

totinoki_20170714_DSI_2079.jpg

トンボの池には何かの糞にルリシジミがたかってました。ルリシジミはいつも鳥の糞に集まっていますが、こういう動物の糞にもたかるようです。

rurisijimi_20170714_DSI_2094.jpg

アオビタイトンボも増えてきました。

aobitaitonbo_20170714_DSI_2100.jpg
スポンサーサイト

2017年7月11日の立田山

 曇りだったので出かけました。
アオスジアゲハが葉の裏に産卵しているようでした。

aosujiageha_20170711_DSI_1831.jpg

久しぶりのサクラ池にはタイワンウチワヤンマがいました。

taiwanutiwayanma_20170711_DSI_1885.jpg

トンボの池に行くとヤブカンゾウが1輪だけ咲いてました。

yabukanzou_20170711_DSI_1894.jpg

トンボの池のカルガモのひなは順調に成長しています。くちばしの先も黄色くなって顔つきも大人とそっくりになってきました。

katugamoAJ_20170711_DSI_1916.jpg

帰り道でサツマニシキに出会いました。本当にきれいな蛾です。この直後に雨が降り始めましたが、すぐに止みました。不安定な天候です。

satumanisiki_202170711_DSI_1948.jpg

東南アジアの蝶:ジャノメタテハモドキ

今日も朝から強い雨が降りました。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科が続きます。

和名:ジャノメタテハモドキ

タテハチョウ科(Nymphalidae) タテハチョウ亜科(Nymphalinae)

英名:Lemon pansy

学名:Junonia lemonias (Linnaeus, 1758)

2016年09月26日、タイ・カオヤイ国立公園にて撮影。日本でも沖縄では記録があるようです。

janometatehamodoki_20160926_DSE_7696.jpg

裏面も撮影できました。

janometatehamodokiT_20160926_DSE_7687.jpg

2017年7月8日の立田山

 夜中に猛烈な雨が降ってましたが、朝には上がったので出かけました。
台風で倒れた木の向こうにヒメヒオウギズイセンが咲いてました。森の中で咲くと随分目立つのですが、いままで気づきませんでした。

himehiougizuisen_20170705_DSI_1662.jpg

ホオジロが地面を歩いてました。白い眉斑がよく目立つ個体です。

hoojiro_20170705_DSI_1666.jpg

地面に留まってたのはナミテンアツバの雌のようです。

namitenatubaF_20170705_DSI_1682.jpg

このところ猛烈な雨が何度か降っているので、道路の真ん中がえぐれて川になってました。

miti_20170708_DSI_1688.jpg

森林総研のニンジンボクには今日もヤクシマルリシジミが来てました。

yakusimarurisijimi_20170708_DSI_1698.jpg

キタキチョウもいます。逆光気味で写すと表面の模様が見えます。

kitakityou_20170708_DSI_1723.jpg

トラマルハナバチが何か熱心にやってました。じっとしてたので触ってみたら動き始めました。触っても飛ばないくらいに熱中していたようです。

toramaruhanabati_20170708_DSI_1735.jpg

ブルービーも来ていました。黒くて小さな蜂ですが、拡大してみると綺麗です。

bluebee_20170708_DSI_1771.jpg

東南アジアの蝶:アオタテハモドキ

台風が通り過ぎたと思ったら今度は大雨です。朝方は激しく振ってましたが、小康状態になりました。白川は改修が進んでいるせいかあまり水かさは増えませんでした。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科になります。

和名:アオタテハモドキ

タテハチョウ科(Nymphalidae) タテハチョウ亜科(Nymphalinae)

英名:Nymphalid butterfly

学名:Junonia orithya (Linnaeus, 1758)

2016年09月26日、タイ・カオヤイ国立公園にて撮影。
とても綺麗な蝶でした。日本でも沖縄では年中発生するそうです。

aotatehamodoki_20160926_DSE_7565.jpg

東南アジアの蝶:ヒオドシシジミタテハ

今朝は台風直撃で大変でした。起きたときは何ともなかったのですが、9時ころに急に強風が吹きだして驚きました。昨夜から植木鉢は室内に入れてあったので安心でした。

久しぶりに東南アジアの蝶の続きです。シジミタテハ科の蝶は日本では見られません。

和名:ヒオドシシジミタテハ

シジミタテハ科(Riodinidae)

英名:Orange harlequin

学名:Taxila haquinus (Guerin, 1843)

2016年09月26日、タイ・カオヤイ国立公園の緑山入口付近で撮影。

hiodosisijimitateha_20160926_DSE_7943.jpg

裏面も撮影できました。

hiodosisijimitateha_20160926_DSE_7947.jpg

2017年7月3日の立田山

 急に暑くなりました。梅雨だというのにほとんど雨が降りません。
春の森にはハグロトンボがいました。光の角度が良かったのか、翅脈が綺麗に写りました。

hagurotonbo_20170703_DSI_1387.jpg

サクラ池にはタイワンウチワヤンマがいました。久しぶりに見かけました。

taiwanutiwayanma_20170703_DSI_1397.jpg

コシアキトンボも飛んでました。

kosiakitonbo_20170703_DSI_1399.jpg

コシアキトンボが水面に腹部先端を打ち付けて産卵していると思ったんですが、写真を見ると木に産卵しているようです。

kosiakitonbo_20170703_DSI_1408.jpg

トンボの池ではウラナミジャノメを見かけました。

uranamijanome_20170703_DSI_1435.jpg

表面も写しましたが、翅が少し傷んでます。

uranamijanome_20170703_DSI_1440.jpg

トンボの池のカルガモのひなはかなり大きくなってました。水面に水草が生い茂っているので、餌には不足しないようです。

karugamo_20170703_DSI_1472.jpg

上の道路でゴマダラチョウに出会いました。夢中で土のミネラル分を吸っているようでした。

gomadratyou_20170703_DSI_1636.jpg

表面も写しました。綺麗な模様です。

gomadaratyou_20170703_DSI_1642.jpg
プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR