FC2ブログ

東南アジアの蝶:アサギマダラ

 今日もいいお天気でしたが、山に登れませんでした。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科が続きます。

和名:アサギマダラ :

タテハチョウ科(Nymphalidae) マダラチョウ亜科(Danainae)

英名:Chestnut Tiger

学名:Parantica sita (Kollar, 1844)

2016年09月26日、タイ・カオヤイ国立公園にて撮影。立田山でも見慣れた蝶がここにもいました。

asagimadara_20160926_DSE_7991.jpg

2016年10月12日、立田山で撮影したものを参考のため示します。

asagimadara_20161012_DSF_0499.jpg
スポンサーサイト



2017年10月30日の立田山

 朝は曇っていましたが、すぐに晴れて日差しが強くて暑いくらいでした。
トンボの池ではツマグロヒョウモンが交尾していました。こんなに寒くなっても繁殖活動ができるようです。

tumagurohyoumonP_20171030_DSJ_3373.jpg

タテハモドキがいましたが、なんと夏型です。まだ生き残っているのですね。

tatehamodokiSu_20171030_DSJ_3396.jpg

近くにタテハモドキの秋型もいました。翅の形だけが違うのかと思っていましたが、こうして見比べると模様もかなり違います。過去に別種として分類されていたということも納得です。

tatehamodokiAu_20171030_DSJ_3401.jpg

カキツバタがなぜか1輪だけ咲いていました。

kakitubata_20171030_DSJ_3439.jpg

シロバナタンポポも咲いていました。

sirobanatanpopo_20171030_DSJ_3442.jpg

このトンボは何でしょうか。ナツアカネの雌かなと思いました。

akiakaneF_20171030_DSJ_3447.jpg

春の森にはアカタテハも舞っていました。

akatateha_20171030_DSJ_3454.jpg

東南アジアの蝶:ウスグロシロオビマダラ

 また台風が来ました。南側を通ってくれると強風圏に入ってもたいした風は吹きません。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科が続きます。

和名:ウスグロシロオビマダラ :

タテハチョウ科(Nymphalidae) マダラチョウ亜科(Danainae)

英名:Common crow

学名:Euploea core (Cramer, 1780)

2013年12月03日、インドネシア・スラバヤのスラバヤ工科大学(ITS)キャンパスにて撮影。

usugurosiroobimadara_20131203_CIMG1411.jpg

東南アジアの蝶:シロオビルリマダラ

 朝から雨で、孫の保育園の発表会に行きました。今年で最後です。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科が続きます。

和名:シロオビルリマダラ :

タテハチョウ科(Nymphalidae) マダラチョウ亜科(Danainae)

英名:Blue King Crow

学名:Euploea cameralzeman Butler, 1866

2016年09月26日、タイ・カオヤイ国立公園で撮影。

siroobirurimadara_20160926_DSE_7778.jpg

角度が少し変わると、青く光ってとても綺麗な蝶です。

siroobirurimadara_20160926_DSE_7779.jpg

2017年10月27日の立田山

 いいお天気で気温がどんどん上昇して汗ばむほどでした。
サクラ池ではキセキレイが飛び回っていました。
Gray Wagtail

kisekirei_20171027_DSJ_3113.jpg

お祭り広場横のカキには実がたくさんなっていました。豊作ですね。

kakiB_20171027_DSJ_3117.jpg

トンボの池には翅に破れが無い綺麗なタテハモドキ秋型が日光浴をしていました。

tatehamodokiH_20171027_DSJ_3133.jpg

マユタテアカネがひっそりと留まっていました。今日見たトンボはこれだけです。

mayutateakane_20171027_DSJ_3150.jpg

バンの若鳥が飛び立ちました。ここにはまだカモは到着していません。遠くでツクツクボウシが鳴いていました。
Common Moorhen

banJ_20171027_DSJ_3159.jpg

2017年10月26日の立田山

 今日もいいお天気です。
豊国台にはエナガが大群で飛び回ってました。

enaga_20171026_DSJ_3012.jpg

ジュルジュルと大賑わいです。

Long-tailed Tit_Call_171026_01 エナガ地鳴き

アクロバットも見せてくれます。

enaga_20171026_DSJ_3062.jpg

翼を拡げた正面顔です。

enaga_20171026_DSJ_3071.jpg

片翼だけ上げて何をしようとしたのかな?

enaga_20171026_DSJ_3077.jpg

下り道ではクロコノマチョウに出会いました。越冬個体でしょうが、まだ元気に飛び回っていました。

kurokonomatyou_20171026_DSJ_3091.jpg

2017年10月25日の立田山

いいお天気が続きます。
ジョウビタキが電柱の頂上に留まってました。あちこちで声が聞こえます。少しさえずり風の声を出したのですが、録音できませんでした。
Daurian Redstart

jobitaki_20171025_DSJ_2975.jpg

野鳥の森ではウグイスがさえずり風の「ホーホケキョ」らしい声を出してました。ヒヨドリ、サンショウクイ、エナガも鳴いてました。

Japanese Bush Warbler_Song_171025_01 ウグイスのさえずり風の声

豊国台付近にはシロヨメナが咲いてました。

siroyomena_20171025_DSJ_2987.jpg

近くにはシロノセンダングサが咲いており、同じキク科でよく似た花の構造です。

sironosendangusa_20171025_DSJ_2990.jpg

ハクセキレイがフェンスの上に留まりました。雄の冬羽でしょうか?
White Wagtail

hakusekirei_20171025_DSJ_3002.jpg

新竜神橋の本体は完成したようで、取り付け道路の工事が進んでます。橋との接続部は丁寧に作っているようです。

ryujinbasi_20171025_DSJ_3010.jpg

2017年10月24日の立田山

久しぶりにいいお天気になりました。
このところ気になっていた、東南アジアでいえばハナドリのような「パチパチ」という感じの地鳴きの主が顔を見せてくれました。ヤブサメでした。
Short-tailed Bush Warbler

yabusame_20171024_DSJ_2850.jpg

こんな地鳴きをするのですね。

Short-tailed Bush Warbler_Call_171024_02 ヤブサメの地鳴き

サクラ池の岸辺にはオオアオイトトンボの雌が留まっていました。

ooaoitotonboF_20171024_DSJ_2864.jpg

トンボの池に行くとオオアオイトトンボの雄がいました。金属光沢の綺麗な色です。

ooaoitotonboM_20171024_DSJ_2884.jpg

今日もアサギマダラに出会いました。

asagimadara_20171024_DSJ_2868.jpg

タテハモドキの秋型もセイタカアワダチソウの花に来ていました。

tatehamodoki_20171024_DSJ_2902.jpg

表面の模様は夏型と同じですが、翅の形が違いますね。

tatehamodoki_20171024_DSJ_2911.jpg

赤とんぼはマユタテアカネのようです。

mayutateakane_20171024_DSJ_2928.jpg

野鳥の森のサザンカの花にもアサギマダラが来ていました。

asagimadara_20171024_DSJ_2950.jpg

2017年10月23日の立田山

 朝はまだ風が強かったのですが、9時頃には晴れてきました。
豊国台のツツジの葉にアサギマダラが飛来しました。

asagimadara_20171023_DSJ_2804.jpg

旅の途中なのでしょう、少し翅が傷んでました。

asagimadara_20171023_DSJ_2806.jpg

ノブドウの綺麗な色の実ができていました。

nobudouB_20171023_DSJ_2814.jpg

紫色のきれいな花はクコの花のようです。立田山の花図鑑には未登録ですが、なぜか名前が口から出てきたのに自分でも驚きです。

kuko_20171023_DSJ_2817.jpg

東南アジアの蝶:ツマムラサキマダラ

朝から台風の強風域に入っており、風雨が強い中で火災報知ベルが鳴って大変でした。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科が続きます。

和名:ツマムラサキマダラ :

タテハチョウ科(Nymphalidae) マダラチョウ亜科(Danainae)

英名:Striped blue crow

学名:Euploea mulciber (Cramer, 1777)

2016年09月26日、タイ・カオヤイ国立公園で撮影。綺麗な蝶です。

tumamurasakimadara_20160926_DSE_7666.jpg

裏面も撮影できました。日本では南西諸島で繁殖が認められているそうです。

tumamurasakimadara_20160926_DSE_7430.jpg

東南アジアの蝶:スジグロカバマダラ

台風接近で雨が降ってます。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科が続きます。

和名:スジグロカバマダラ :

タテハチョウ科(Nymphalidae) マダラチョウ亜科(Danainae)

英名:Common tiger

学名:Danaus genutia (Cramer, [1779])

2016年09月27日、タイ・陸軍士官学校(CRMA)で撮影。

sujigurokabamadara_20160927_DSE_9060.jpg

裏面も撮影できました。日本では石垣島あたりまでで繁殖しているそうで、これもそろそろ熊本付近まで進出してくるかもしれません。

sujigurokabamadara_20160927_DSE_9077.jpg

東南アジアの蝶:カバマダラ 

また雨に降られて途中で引き返しました。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科が続きます。

和名:カバマダラ :

タテハチョウ科(Nymphalidae) マダラチョウ亜科(Danainae)

英名:Plain tiger

学名:Danaus chrysippus (Linnaeus, 1758)

2013年12月03日、インドネシア・スラバヤのスラバヤ工科大学(ITS)キャンパスにて撮影。

kabamadaraH_20131203_CIMG1388.jpg

裏面も撮影できましたが、仕事の休憩時間にコンデジで写したのであまり鮮明には写せませんでした。

kabamadaraT_20131203_CIMG1399.jpg

付近のガガイモ科の植物の葉に幼虫がいました。上の成虫は産卵のために来たようです。

kabamadaraJ_20131203_CIMG1389.jpg

2016年09月24日、タイ・ペッチャブリーで撮影。一眼レフだと綺麗に写せます。

kabamadaraM_20160924_DSE_5607.jpg

裏面も撮影できました。熊本でも川尻あたりまで進出してきてる様で、立田山でも見られるようになるかもしれません。インドネシアのスラバヤで写した時と同じようなキク科の花に留まってるのが面白いですね。

kabamadaraM_20160924_DSE_5604.jpg

2017年10月18,19日の立田山

 寒くなったので冬鳥が来てもいいころですが、まだ出会えません。
キダチチョウセンアサガオが咲いてました。こんなに寒くなってから咲くのに、暖かいタイでも咲いていたのが不思議です。

tyousenasagao_20171018_DSJ_2744.jpg

ツマグロヒョウモンがまだ元気に飛び回っていました。

tumagurohyoumon_20171018_DSJ_2752.jpg

竜神橋の横に咲いているこの木の花は何か気になってるのですが、まだわかりません。

kinohana_20171018_DSJ_2760.jpg

新竜神橋はほぼ完成です。昨年の地震の際には橋脚だけしかなかったので、「竜神橋が落ちた」とい誤ったニュースが流れてしまいました。

ryuujinabasi_20171018_DSJ_2765.jpg

自宅の外階段にトビイロリンガが留まってました。前翅長は12mm程度で、初めて見る蛾です。

tobiiroringa_20171019_DSJ_2768.jpg

東南アジアの蝶:チャイロフタオチョウ

随分寒くなったのでジャンパーを着こみました。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科が続きます。

和名:チャイロフタオチョウ 

タテハチョウ科(Nymphalidae) フタオチョウ亜科(Charaxinae)

英名:Common Tawny Rajah

学名:Charaxes bernardus hierax C. & R. Felder, [1867]

2016年09月26日、タイ・カオヤイ国立公園にて撮影。少しだけ裏面が写りました。

tyairohutaotyou_20160926_DSE_7744.jpg

なかなかいい角度で撮影できません。

tyairohutaotyou_20160926_DSE_7746.jpg

同行メンバーの靴に留まりました。

tyairohutaotyou_20160926_DSE_7747.jpg

東南アジアの蝶:フタオチョウ 

今日も雨なので特定健診に行ってきました。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科が続きます。

和名:フタオチョウ :

タテハチョウ科(Nymphalidae) フタオチョウ亜科(Charaxinae)

英名:Great Nawab

学名:Polyura eudamippus (Doubleday, 1843)

2016年09月26日、タイ・カオヤイ国立公園にて撮影。
沖縄の亜種weismanniとは違う亜種nigrobasalis (Lathy, 1898) のようです。

hutaotyou_20160926_DSE_7888.jpg

東南アジアの蝶:ハガタイナズマ

今日も雨が降ってます。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科が続きます。

和名:ハガタイナズマ 

タテハチョウ科(Nymphalidae) イチモンジチョウ亜科(Limenitidinae) イナズマチョウ族(Adoliadini)

英名:Powdered baron, Malay baron

学名:Euthalia monina (Moore, 1859)

2016年09月26日、タイ・カオヤイ国立公園にて撮影。
翅が少し傷んでいるのが残念でした。

hagatainazuma_20160926_DSE_7891.jpg

東南アジアの蝶:ジュンバーミスジ?

朝から雨が降ってます。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科が続きます。

和名:未定(ジュンバーミスジ?)

タテハチョウ科(Nymphalidae) イチモンジチョウ亜科(Limenitidinae) ミスジチョウ族(Neptini)

英名:Chestnut Streaked Sailor

学名:Neptis jumbah Moore, 1857

2017年09月08日、スリランカ・キッツルガラにて撮影。

これもコミスジに似ていますが、一番下の筋が黒いのが特徴ですね。和名は未定ですが、学名を使えばジュンバーミスジでしょうか。

misujityouSP_20170908_DSJ_1292.jpg

東南アジアの蝶:マガダミスジ

今日は長袖を着ました。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科が続きます。

和名:マガダミスジ

タテハチョウ科(Nymphalidae) イチモンジチョウ亜科(Limenitidinae)

英名:Spotted Sailor

学名:Neptis magadha Felder, 1867

2017年01月26日、タイ・チェンマイ近郊のチェンマイ大学にて撮影。

これこそコミスジとそっくりです。

magadamisuji_20170126_DSF_9347.jpg

東南アジアの蝶:マレーシロオオミスジ

少し涼しくなりました。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科が続きます。

和名:マレーシロオオミスジ

タテハチョウ科(Nymphalidae) イチモンジチョウ亜科(Limenitidinae)

英名:Unbroken sergeant

学名:Athyma pravara Moore, 1857

2016年09月26日、タイ・カオヤイ国立公園にて撮影。

コミスジみたいですが、前翅の模様がかなり違います。

mare-sirooomisuji_20160926_DSE_7392.jpg

東南アジアの蝶:ハイイロタテハモドキ

熊本はまだまだ暑いです。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科が続きます。

和名:ハイイロタテハモドキ

タテハチョウ科(Nymphalidae) タテハチョウ亜科(Nymphalinae) タテハモドキ族(Tribe Junoniini)

英名:Grey Pansy

学名:Junonia atlites (Linnaeus, 1763)

2017年09月08日スリランカ・キッツルガラにて撮影。

タテハモドキは綺麗な蝶が多いですね。

haiirotatehamodoki_20170908_DSJ_1320.jpg

東南アジアの蝶:チャイロイチモンジ

日中は暑いですが、朝夕は涼しくてよくなりました。

東南アジアの蝶の続きです。タテハチョウ科が続きます。

和名:チャイロイチモンジ

タテハチョウ科(Nymphalidae) イチモンジチョウ亜科(Limenitidinae)

英名:Commander

学名:Moduza procris (Cramer, 1777)


2016年09月26日、タイ・カオヤイ国立公園にて撮影。同行者のカメラに留まりました。

tyairoitimonji_20160926_DSE_7522.jpg

レンズに留まったので、裏面も写しました。

tyairoitimonjiT_20160926_DSE_7523.jpg



2017年10月09日の立田山

暑い日が続きます。ようやくスリランカの旅行記が完成したので、ブログを書いてます。
豊国台にコサメビタキがいました。大きな目がとってもかわいいです。
Asian Brown Flycatcher

kosamebitaki_20171009_DSJ_2670.jpg

向きを変えたら翼の模様がよくわかりました。
Asian Brown Flycatcher

kosamebitaki_20171009_DSJ_2676.jpg

こちらを向いてくれたので胸の模様がよくわかりました。
Asian Brown Flycatcher

kosamebitaki_20171009_DSJ_2697.jpg

モンキアゲハが飛んでいるときは綺麗に見えたのですが、留まってみると黄色い紋は見えずに翅がボロボロでした。

monkiageha_20171009_DSJ_2710.jpg

サツマニシキは綺麗ですね。

satumanisiki_20171009_DSJ_2715.jpg

帰ったら外廊下にホタルガが留まっていました。ほかに2頭いました。

hotaruga_20171009_DSJ_2721.jpg

プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR