2014年6月5日の立田山

昨日も午後には雨が降ったんですが、朝には雨が止んでたので出かけました。
湿性植物園のハナショウブは見ごろです。水色のもきれいです。

hanasyoubu_20140605_DSC_3990.jpg

トンボの池では小さなカミキリが止まってました。ラミーカミキリというようです。ラミーが食草のようです。

rami-kamikiri_20140605_DSC_3995.jpg

アオビタイトンボもたくさん羽化しているようです。これは♀ですね。羽化直後のようで、翅がキラキラと光ってます。

aobitaiF_20140605_DSC_4007.jpg

こちらは羽化直後の♂のようです。まだ青い粉をふいてません。

aobitaiM_20140605_DSC_4013.jpg

成熟した♂のアオビタイトンボもいました。青い粉をふいてます。

aobitaiM_20140605_DSC_4050.jpg

カノコガも止まってました。草の下の方に上向きに止まっているので写すのに苦労しました。

kanokoga_20140605_DSC_4025.jpg

少し奥の方まで行ったら、サワトラノオが草刈り隊に刈られてしまってました。県指定の希少動植物なので条例で守られてるはずなのになんということでしょうか。帰ってから市役所に電話したら、立田山の草刈りの担当者は環境共生課の人なのに「サワトラノオ」を知りませんでした!

sawatoranoo_20140605_DSC_4031.jpg

トンボの池に戻ると、水辺にチョウトンボがいましたが翅がまだら模様でした。羽化直後のようなので、徐々に色づいてくるのかもしれません。

tyoutonbo_20140605_DSC_4055.jpg

カラスが騒いでるなと思ったら、魚をつかんで飛んで行ったようです。これはハシブトガラスでしょうか、飛んでるカラスはわかりづらいです。

karasu_20140605_DSC_4069.jpg

ノアザミにイチモンジセセリが来ていました。ずいぶん小さく感じました。

itimonjiseseriT_20140605_DSC_4082.jpg

アザミのようなキク科の花は小さな花がたくさん集まっているので蝶が長く止まりますね。表面も写しておきました。

itimonjiseseriH_20140605_DSC_4088.jpg

春の森にはスズメが沢山います。まだくちばしが黄色い幼鳥のようですが、サクランボを食べた後に種をうまく吐き出しているようです。

suzumeJ_20140605_DSC_4111.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR