2014年9月1日の立田山

朝は雨が降ってましたが、アサイチを見ているうちに雨が上がったので出かけました。
菅原神社付近でクロセセリに久しぶりに出会いました。

kuroseseriH_20140901_DSC_0794.jpg

斜めから裏面も写せました。表裏が同じ模様のようです。

kuroseseriT_20140901_DSC_0797.jpg

サクラ池ではカノコガがいました。あいかわらず葉の裏に留まります。

kanokoga_20140901_DSC_0818.jpg

ミソハギには幼虫その1がいました。太くて短い、40mm位です。

imomusi1_20140901_DSC_0826.jpg

やはりミソハギに幼虫その2がいました。模様が無いので見分けは難しそうです。これも長さは40mm位です。

imomusi2_20140901_DSC_0831.jpg

トンボの池に着くと、リスアカネの♀がホバリングしてお尻を上げたり下げたりしてました。どういう行動かわかりませんが、写真はお尻を下げて垂直になった状態です。

risuakaneF_20140901_DSC_0832.jpg

アキノノゲシの葉の裏にカノコガがいました。左手で裏返すと、きれいな写真が撮れました。

kanokoga_20140901_DSC_0877.jpg

葦の茎にオニヤンマが休んでました。大きいですね。

oniyanma_20140901_DSC_0886.jpg

近くの水たまりでオオシオカラトンボの♀が水面に尾部先端を打ち付けて産卵しているようでした。

oosiokaratonboF_20140901_DSC_0952.jpg

オオシオカラトンボの♂は大体は上空で警戒していましたが、時々写真のように留まって一服していました。

oosiokaratonboM_20140901_DSC_0958.jpg

この頃、キマダラセセリによく会うようになりました。

kimadaraseseri_20140901_DSC_0981.jpg

この種も表裏が同じ模様のようです。

kimadaraseseri_20140901_DSC_0984.jpg

今日の課題の蛾です。頭の上に角があるような形です。

gaSP1_20140901_DSC_1012.jpg

横から見ると面白い形でした。(イチジクキンウワバのようです。)

gaSP1_20140901_DSC_1016.jpg

これはこのところよく出現しますが、ホシコヤガという名前がなかなか覚えられません。

hosikoyaga_20140901_DSC_1030.jpg

幼虫その3です。カラムシの葉にいました。フクラスズメの幼虫に似てますが、小さくて模様が少し違うので、若齢なのかもしれません。

imomusi3_20140901_DSC_1037.jpg

次の花はヒメジソでしょうか。イヌコウジュとの見分け方を忘れてました。明日行ってよく調べないといけません。

himejisoQ_20140901_DSC_1051.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR