2014年9月18日の立田山

曇りで涼しい朝です。9月後半なのでもう涼しくても当たり前ですね。
豊国台の近くにイヌタデが咲いてました。前からあったと思うんですが、登録漏れです。

inutade_20140918_DSC_3584.jpg

近くに白い蛾がいました。悩む種類ですが、ウスキクロテンヒメシャクのようです。

usukikurotenhimesyaku_20140918_DSC_3590.jpg

サクラ池の近くに白地に黒斑の蛾がいました。交尾を終えたばかりの感じで、ペアのようです。ヒトリガの仲間のようです。腹部の背側は黒いですね。右の大きい方は♀のようで、前翅長は40mm位あります。本日の課題1です。(ゴマフボクトウのようです。)

gaSP1P_20140918_DSC_3678.jpg

左の小さい方が♂のようで、櫛型の触覚を持ってます。前翅長は28mm程度です。

gaSP1S_20140918_DSC_3778.jpg

湿性植物園のミソハギには小さな蛾が留まってました。ウスコカクモンハマキに似ていますが、少し違うようです。本日の課題2です。前翅長は8mm程度の小さな蛾です。(チャノコカクモンハマキのようです。)

gaSP2_20140918_DSC_3692.jpg

トンボの池に着くと、ズボンに小さな蛾が留まりました。膝付近だとかろうじて写せます。ヒメマダラミズメイガでした。

himemadaramizumeiga_20140918_DSC_3700.jpg

アカササゲの残骸付近を調べていると、カナムグラの花が咲いてました。これは雄花のようです。これも知らない花でした。

kanamugura_20140918_DSC_3717.jpg

萩だと思ってた赤い花は、実を付けてみるとアレチヌスビトハギのようです。花がたくさんついてた頃の写真を探さないといけません(汗)。

aretinusubitohagi_20140918_DSC_3730.jpg

ウスバキトンボが珍しく留まりました。まだ羽化して間もない感じです。世代交代しながら北へ渡っていくんですね。

usubakitonbo_20140918_DSC_3737.jpg

アカササゲは実を付けていました。どんな大きな実になるのか楽しみです。

akasasageB_20140918_DSC_3745.jpg

帰りのA水槽への道に白い蛾が留まってました。ほとんど模様が見えないので識別に苦労しそうです。本日の課題3です。開帳は15mm程度の小さな蛾です。(ミジンキヒメシャクのようだが、詳しくは解剖しないとわからないと教えていただきました。Idea属は確かなようです。)

gaSP3_20140918_DSC_3814.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR