2014年10月1日の立田山

今日も曇りです。10月になったので出現月を記録するために写せる蛾はすべて写すようにしました。
竹林入口にはアヤナミノメイガがいました。家内が葉を裏返してうまく写せました。開帳は17mmです。

ayanaminomeiga_20141001_DSC_6164.jpg

シロモンノメイガは葉の上に留まりました。これも開帳17mmです。

siromonnomeiga_20141001_DSC_6173.jpg

葉の裏にはコブノメイガが留まってました。開帳は13mmです。

kobunomeiga_20141001_DSC_6178.jpg

家内が見つけた小さな蛾は、キンバネチビトリバでした。この場所では初めて見ました。開帳は11mmです。

kinbanetibitoriba_20141001_DSC_6192.jpg

近くに飛んできたのは、今日の課題1です。トリバガ科は明らかです。開帳は13mmとキンバネチビトリバよりは大きいですが、腹部はすらりとしています。(トキンソウトリバのようです。)

gaSP1_20141001_DSC_6205.jpg

サクラ池まで行って、今日の課題2を見つけました。前翅長13mm程度です。(ウラベニエダシャクのようです。)

gaSP2_20141001_DSC_6229.jpg

テンクロアツバもいましたが、細い線が見えないタイプのようです。

tenkuroatuba_20141001_DSC_6237.jpg

真っ白な奴はScopula属だと思いますが、種名の決定は難しそうです。開帳は23mmです。

ScopulaSP_20141001_DSC_6251.jpg

シロツトガもいましたが、葉の裏で逆光です。フラッシュを点けるのを忘れました。

sirotutoga_20141001_DSC_6262.jpg

トンボの池の周りの草刈りが進んだせいかトンボがほとんどいなくなりました。リュウキュウベニイトトンボとベニイトトンボがわずかに見られます。写真は目が赤いのでベニイトトンボです。

beniitotonbo_20141001_DSC_6286.jpg

クサギが実を付けてました。

kusagiB_20141001_DSC_6314.jpg

これもScopula属のようです。開帳は22mmです。

ScopulaSP_20141001_DSC_6307.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR