2015年10月21日の立田山

快晴が続き、朝は涼しいですが、急激に気温が上がります。
地色が茶色のヤマトシジミです。

yamatosijimi_20151021_DSC_6493.jpg

すっと翅を拡げると綺麗ですね。

yamatosijimi_20151021_DSC_6502.jpg

水路ではキセキレイが餌探しです。

kisekirei_20151021_DSC_6510.jpg

お祭り広場のトイレ横のカキが熟してきたようで、ハシボソガラスが実をもぎ取ったと思ったら咥えて飛び去りました。

hasibosogarasu_20151021_DSC_6527.jpg

紅葉している木を見に行ったらエゾビタキがいました。

ezobitaki_20151021_DSC_6534.jpg

近くの枯れ枝の先端にはコサメビタキが留まりました。

kosamebitaki_20151021_DSC_6569.jpg

トンボの池の赤い実はサネカズラだと教えてもらいました。

sanekazura_20151021_DSC_6575.jpg

これは百人一首に含まれる歌に詠みこまれているとも教えてもらいました。
「名にし負(お)はば 逢坂山(あふさかやま)の さねかづら
   人に知られで くるよしもがな」
解説を見ると多くの技巧がちりばめられた歌のようで、感心しました。

百人一首解説

その下の葉にヤクシマルリシジミが来て産卵しているようでした。幼虫の食草のノイバラのようです。

yakusimarurisijimiF_20151021_DSC_6578.jpg

少しだけ翅を拡げてくれました。確かにヤクシマルリシジミの♀です。

yakusimarurisijimiF_20151021_DSC_6588.jpg

トンボの池のオオバンが2羽になってました。昨冬は1羽で越冬して寂しそうだったので、2羽が越冬すればいいですね。

ooban_20151021_DSC_6595.jpg

今年見る赤とんぼはこのマユタテアカネばかりです。

mayutateakane_20151021_DSC_6603.jpg

奥の方にツマグロキチョウがいました。今年初めてだと思います。先週、玉名から来られた方がまだツマグロキチョウを見てないですか、と聞いておられたので、今がシーズンのようです。

tumagurokityou_20151021_DSC_6604.jpg

シダレザクラの枝にはシジュウカラが3羽いました。これは♂ですね。

sijukara_20151021_DSC_6620.jpg

ラセンソウは今日もつぼみばかりです。午後に咲くのでしょうか。

rasensou_20151021_DSC_6624.jpg

これは課題にしようかと思ったんですが、タケアツバでしたね。なかなか覚えきれません。

takeatuba_20151021_DSC_6639.jpg

帰りの湿性植物苑ではハクセキレイが羽の手入れに余念がありません。

hakusekirei_20151021_DSC_6677.jpg

橋に移動してポーズしてくれました。頭も背中も灰色の♀の冬羽ですね。

hakusekireiF_20151021_DSC_6701.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR