2013年7月13~15日の立田山

世間は3連休らしいのですが毎週6連休の私は関係なく立田山に通ってます。
カラスアゲハの撮影にようやく成功しました。これは♂のようです。湿性植物園の水路に降りて撮影しました。

karasuagehaMH_20130715_DSC_0601.jpg

なかなか羽ばたきを止めませんが、ようやく裏面も写しました。

karasuagehaMT_20130715_DSC_0592.jpg

もっと広げた状態を写すべく、飛び去った蝶を目で追っていると、ようやく近くに止まったと思ったんですが、ボロボロのナガサキアゲハでした。途中で入れ替わってたんですね。

nagasakiageha_20130715_DSC_0620.jpg

トンボの池ではオオチャバネセセリがいました。これは明るい茶色で、後翅も閉じてとまります。

ootyabaneseseri_20130715_DSC_0508.jpg

山ではクロヒカゲがを一番多く見かけます。前翅の目玉模様が2個のタイプや、

kurohikage_20130715_DSC_0478.jpg

3個のタイプがあるようです。

kurohikage_20130713_DSC_0371.jpg

キタキチョウもよく見かけます。表面の端部が黒くなっているのが♂とのことで、かすかに裏面からも透けて見えているので♂でしょう。これが蜜を吸っている花の名前を思い出せません。

kitakityou_20130714_DSC_0427.jpg

久しぶりにイシガケチョウを見かけました。地色が白で前翅端が黒くなっているタイプで、ことしはこのタイプばかり見ています。

isigaketyou_20130713_DSC_0409.jpg

湿性植物園でハラビロトンボの未成熟♂がいました。額が青いので♂だとわかります。

harabirotonboMJ_20130713_DSC_0376.jpg

正面から見るとこの通り、額がきれいな青色です。

harabirotonboMJ_20130713_DSC_0386.jpg

ハラビロトンボの♀もいましたが、額は青くはありません。

harabirotonboF_20130714_DSC_0433.jpg

リュウキュウベニイトトンボもいました。これは胴が赤いタイプです。緑のタイプもいます。

ryu_beniito_20130713_DSC_0399.jpg

ベニイトトンボもおり、胴がずいぶん黒いなと驚きましたが、

beniitotonbo_20130715_DSC_0518.jpg

少し移動したところで同じ個体を写すと、全然違った色に見えました。光の当たり具合でこんなにも違って見えるのには驚きました。

beniitotonbo_20130715_DSC_0529.jpg

こんなに大きな白いキノコもありますが、毒キノコのようです。

kinoko_20130714_DSC_0459.jpg

クサギの花もつぼみが膨らんできました。これが咲くとアゲハチョウの仲間が寄ってくるので楽しみです。

kusagi_20130715_DSC_0466.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR