2016年9月1,2,4日の立田山

9/1:イネ科の花を見つけましたが、なんだかわかりません。

 

ineSP_20160901_DSE_2716.jpg 


笹のような葉ですが、長さ15cmくらいある大きさです。図鑑にはまだ見つかりません。

 

ineSP_20160901_DSE_2717.jpg 


9/2:ガンクビソウが咲いてました。

 

gankubisou_20160902_DSE_2765.jpg 


冬の森のヤブツバキに大きな実ができてました。

 

yabutubakiB_20160902_DSE_2767.jpg 


熟して種が落ちたものもあります。

 

yabutubakiB_20160902_DSE_2768.jpg 


コゲラが木の皮をたたいてました。


kogera_20160902_DSE_2782.jpg 


9/4:台風接近ということで探鳥会が中止になりました。ヤブミョウガは綺麗な実をつけてました。

 

yabumyouga_20160904_DSE_2876.jpg 


留まってたのは尾が切れてますが、オナガアゲハの♀のようです。


onagaagehaF_20160904_DSE_2885.jpg 


遠くで大量に咲いてますが、センニンソウの花です。

 

senninsou_20160904_DSE_2891.jpg 


トンボの池ではベニイトトンボが散乱してました。♂は直立状態で見張ってるようです。

 

beniitotonboP_20160904_DSE_2899.jpg 


サネカズラはもう実が大きくなってました。右の雌花は咲いてる状態でしょうか。写真を撮ってるときは名前を思い出してたんですが、次の日に整理していたらもう名前を忘れてました。懸命に思い出そうとしたら、なぜか蝉丸の「これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関」という歌が浮かんできました。実際には「名にし負(お)はば 逢坂山(あふさかやま)の さねかづら 人に知られで くるよしもがな」を思い出さないといけなかったんですが、逢坂つながりですね。このような大脳の不思議な働きをこの頃よく体験します。

 

sanekazuraF_20160904_DSE_2905.jpg 


アオビタイトンボがこちらを向いてたので、青く光る額を写せました。

 

aobitaitonbo_20160904_DSE_2917.jpg 


ヒヨドリバナが咲き始めました。この花が好きなアサギマダラが楽しみです。

hiyodoribana_20160904_DSE_2935.jpg 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

台風接近のニュースに昨年の強風が思い出され心配しました。ヒヨドリバナがアサギマダラの好物と知りました。フジバカマに立ち寄ることは知っていましたが、立田山にヒヨドリバナが咲いている場所があることも知りました。これからアサギマダラの長征のシーズン楽しみです。フジバカマもヒヨドリバナも実物は見たことがありません。

No title

野口様、いつもコメントをありがとうございます。ヒヨドリバナは立田山のあちこちに咲いてますので、探してみてください。
プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR