2017年4月5日の立田山

 曇りですが、春らしく暖かい日でした。
チハラザクラが満開になりました。右の花が一重で、左の2個の花が八重になっているところが写りました。

tiharazakura_20170405_DSG_9833.jpg

これは遺伝学上の珍木だそうです。

tiharazakura_20170405_DSG_9825.jpg

豊国台のソメイヨシノは五分咲きくらいです。

someiyosino_20170405_DSG_9853.jpg

その根元付近にソウシチョウがいました。今日も囀りませんでした。

sousityou_20170405_DSG_9859.jpg

ウグイスカグラは薄暗いところにあるのできれいに写りません。フラッシュを使ってみました。

uguisukagura_20170405_DSG_9884.jpg

サクラ池のアオサギは足が赤くなってました。婚姻色でしょうか。

aosagi_20170405_DSG_9890.jpg

ツグミもそろそろお別れでしょう。もう少しで正面顔でした。

tugumi_20170405_DSG_9927.jpg

トンボの池のカイツブリは首を伸ばしてました。こんなに首が伸びるとは知りませんでした。

kaituburi_20170405_DSG_9978.jpg

ハシビロガモはこの♂が1羽と、♀も1羽だけになってました。

hasibirogamo_20170405_DSG_9993.jpg

大きな声でシュレーゲルアオガエルが鳴いてました。

Schlegel's green tree frog_170405_06 シュレーゲルアオガエルの声

一番小さなニョイスミレが咲いてました。拡大してみると、とても綺麗です。

nyoisumire_20170405_DSG_9838.jpg

違ったスミレ類が咲いてました。ヒメスミレのようです。

himesumire_20170405_DSH_0018.jpg

側弁の基部には毛があります。

himesumire_20170405_DSH_0006.jpg

花柄に毛はありません。

himesumire_20170405_DSH_0009.jpg


こちらのへら型の葉で、花柄に毛があるのはノジスミレです。

nojisumire_20170405_DSH_0033.jpg

側弁の基部には毛がありません。

nojisumire_20170405_DSH_0032.jpg

横から見ると花柄に毛があるのがよくわかります。

nojisumire_20170405_DSH_0037.jpg

へら型の葉で柄にひれがあり、花柄に毛がないのはスミレです。

sumire_20170405_DSH_0048.jpg

側弁の基部に毛があります。

sumire_20170405_DSH_0043.jpg

横から見ると花柄に毛がないのがよくわかります。

sumire_20170405_DSH_0046.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スミレには種類が多いのに驚きです。
小学校時代に春休みに菊池水源へ植物採集に度々訪れましたが、「エゾスミレ」を採集したことを思い出しました。

Re: No title

エゾスミレが熊本でも咲くのですね!ヒゴスミレは立田山にありましたが、今年は見つかりません。

> スミレには種類が多いのに驚きです。
> 小学校時代に春休みに菊池水源へ植物採集に度々訪れましたが、「エゾスミレ」を採集したことを思い出しました。
プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR