FC2ブログ

2018年6月15日の立田山

 強い日差しが照り付けますが、気温が低いようでさわやかな朝でした。
サクラ池ではコシアキトンボが枯れ枝の水面付近に産卵していました。枯れ枝に留まって楽に産卵すればいいのに、と思いましたが、習性は簡単には修正できないようです。

kosiakitonbo_20180615_DSL_5627.jpg

トンボの池では羽化したばかりで、まだヤゴの抜け殻につかまっているアオビタイトンボがいました。もっと早朝に羽化するのかと思っていましたが、9時頃にも羽化するようです。

aobitaitonboM_20180615_DSL_5636.jpg

すぐに飛び去ったので、ヤゴの抜け殻も写しておきました。

aobitaitonbo_yago_20180615_DSL_5640.jpg

水辺に小さなカエルがいました。オタマジャクシからカエルになったばかりのようです。

kaeruSP_20180615_DSL_5659.jpg

ヒメジャノメが近くに留まりました。

himejanome_20180615_DSL_5688.jpg

上の道路の脇にはオカトラノオが咲き始めていました。サワトラノオの花期と随分違うのに驚きました。

okatoranoo_20180615_DSL_5707.jpg

湿性植物苑にはアオビタイトンボの雌がいました。水際で見るのは雄ばかりなので、雌を見るのは久しぶりです。

aobitaitonboF_20180615_DSL_5741.jpg

秋の森ではムラサキニガナがまだ咲いていました。豊国台の方はとっくに花が終わっていたので不思議に思いました。

murasakinigana_20180615_DSL_5781.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR