2018年6月2日の立田山

梅雨に入ったというのにとてもすがすがしい天気になりました。
秋の森では久しぶりにヒメウコンエダシャクに出会いました。

himeukonnedasyaku_20180602_DSL_5262.jpg

トンボの池にはナナフシがいました。横から写すと虫らしく見えます。

nanahusi_20180602_DSL_5286.jpg

フタホシシロエダシャクも葉に留まっていました。

hutahosisiroedasyaku_20180602_DSL_5293.jpg

去年刈られてしまったアカササゲの場所の草刈りをしないように市役所にメールしたら、すぐに担当者と草刈業者が行って縄張りをしてくれました。

akasasage_place_20180602_DSL_5298.jpg

「トンボの池のトダスゲを刈らないように」、「サワトラノオの場所の草刈りの際に刈った草を西側の斜面(アカササゲが咲く)に捨てないように」、という点も草刈業者を指導してくれました。今年の市役所の担当者はテキパキと対応してくれます。

ヤマガラの幼鳥がいました。色がはっきりしないので何だろうと思いましたが、独特の「ニーニー」という声を出したのでわかりました。

yamagaraJ_20180602_DSL_5304.jpg

自宅のガラス窓に蛾が留まっていましたが、本日の課題になってしまいました。前翅長6mmの小さな蛾です。

gaSP1_20180531_DSL_5226.jpg

2018年5月29日の立田山

 もう梅雨に入ったそうなので、曇り空で涼しくていい気持でした。
途中の民家でナツツバキが咲いていたので、夏の森に見に行きました。ほとんどがまだつぼみでしたが、なんとか1輪だけ咲いていました。

natutubaki_20180529_DSL_5100.jpg

タイサンボクにも大きな花が咲いていました。

taisanboku_20180529_DSL_5080.jpg

サクラ池にはもうチョウトンボが出現していました。羽化したばかりの雄のようで青く光ってとても綺麗でした。

tyoutonbo_20180529_DSL_5147.jpg

トンボの池でトダスゲの周りの草取りをしていたら、初めて見る花が咲いていました。カラスビシャクのようです。

karasubisyaku_20180529_DSL_5156.jpg

クチナシグサが草刈部隊に刈られていたので、どうなったか見に行ったら、少し残っており、花が咲いていました。これは熊本県では絶滅危惧ⅠB類(EN)に指定されているようです。この辺りには絶滅危惧種が4種類もあることになります。

kutinasigusa_20180529_DSL_5179.jpg

ハンカイソウが大きな花を咲かせていました。

hankaisou_20180529_DSL_5187.jpg

北側斜面ではガビチョウが鳴いていましたが、少し遠かったようで綺麗には録音できませんでした。

Chinese Hwamei_180529_02 ガビチョウの声

5/24にはメボソムシクイが鳴いていましたが、掲載を忘れていたので、ここに掲載しておきます。これはオオムシクイの声だと坂梨さんに教えていただきました。「ビチッ、ビチッ」というような地鳴きも一緒に録音されています。(5/30追記)

Kamchatka Leaf Warbler オオムシクイの声



2018年5月20日の立田山

 蒸し暑い日が続きましたが、今日はとてもすがすがしい晴天になりました。
熊本城の天守閣の屋根が完成したようで、足場が解体中でした。しゃちほこも復元されたようで、ひさしぶりの雄姿が感動的でした。

osiro_20180520_DSL_4357.jpg

トンボの池ではカルガモが飛び去ったところが写せました。濃紺の翼鏡がとても綺麗です。

karugamo_20180520_DSL_4374.jpg

リュウキュウベニイトトンボのペアがいましたが、どちらも雄のような色でした。よく見ると左の個体は腹部先端付近の背面が黒くなっており雌だということがわかりました。雄タイプの雌のようです。

ryu_beniito_20180520_DSL_4391.jpg

この白い花が大量に咲いておりすごい匂いを振りまいています。毎年のように名前を忘れて去年のブログを見て名前を思い出します。イボタノキでした。

ibotanoki_20180520_DSL_4460.jpg

冬の森付近でホトトギスが大きな声で鳴いていました。当分の間、にぎやかになります。

Little Cuckoo_Song_180520_06


2018年5月17日の立田山

急に暑くなったので、半そでで行きました。それでもかなり汗ばみました。
春の森には随分色が黒いモンシロチョウがいました。ここまで黒いと違う種かなと思ってしまいます。

monsirotyou_20180517_DSL_4192.jpg

ホトトギスが鳴いていましたが、遠くてきれいに録音できませんでした。
豊国台の近くで黄色い蛾を見つけました。トビイロリンガです。立田山では初めて見ました。

tobiirorinnga_20180517_DSL_4201.jpg

サクラ池にはスイレンが1輪だけ咲いていました。これからしばらく楽しめます。

suiren_20180517_DSL_4239.jpg

鳥のフンにルリシジミが沢山たかっており、飛び立って緑の葉に留まるのを待って写しました。こちらの方が絵になります。

rurisijimi_20180517_DSL_4242.jpg

水路の底にはイシガケチョウがたくさん集まっていました。ルリシジミも集まっています。何か引き寄せるものがあるようです。

isigaketyou_20180517_DSL_4268.jpg

トンボの池ではたくさんのイトトンボ類が発生しているようです。オオアオイトトンボの雌を写しました。

ooaoitotonnbo_20180517_DSL_4276.jpg

リュウキュウベニイトトンボはもう成熟して交尾に入ったようです。

ryu_beniito_20180517_DSL_4299.jpg

ハナウドがたくさん咲いていました。

hanaudo_20180517_DSL_4313.jpg


花を拡大すると、面白い構造をしています。

hanaudo_20180517_DSL_4311.jpg

トンボの池の水面はヒシの葉で覆われてしまいました。カルガモが3羽、ヒシの葉をかき分けながら泳いでました。ここで生まれた子供たちかもしれません。

karugamo_20180517_DSL_4339.jpg

2018年5月4~11日の立田山

5/4 トンボの池にカルガモがいました。水面から助走無しで直接飛び上がります。

karugamo_20180504_DSL_3906.jpg

5/5 キハダに花が咲きました。木のてっぺんにしか花が付かないのでよく見えません。

kihada_20180505_DSL_3942.jpg

黄色いトンボがいました。オオキトンボかとも思いましたが、よく見るとショウジョウトンボの未成熟個体のようです。

syoujoutonbo_20180505_DSL_3958.jpg

5/9 クチナシグサは実がはじけて種が見えていました。

kutinasigusaB_20180509_DSL_4091.jpg

5/11 きれいな蛾がいました。ユウマダラエダシャクのようですが、似た種類が沢山いるのでいまいち確信が持てません。

yuumadaraedasyaku_20180511_DSL_4143.jpg

裏面が写せました。

yuumadaraedasyaku_20180511_DSL_4150.jpg

ブラシノキが咲く寸前でした。こんな咲き方をするとは知りませんでした。

brushnoki_20180511_DSL_4153.jpg
プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR