2018年1月15日の立田山

 いいお天気で寒波が緩みとても暖かでした。
豊国台への登り道では今日もルリビタキが迎えてくれました。

ruribitaki_20180115_DSJ_7907.jpg

帰りに野鳥の森に寄ったら、Tさんがおられて、昨日ハヤブサがいた、と言われたので見に行きました。昨年いたのと同じ木に留まっていました。昨年は縦斑の幼鳥でしたが、今日は薄いですが横斑です。おそらく昨年の幼鳥が成長したのでしょう。

hayabusa_20180115_DSJ_7929.jpg

難しい場所に留まっていたので、全身がうまく写せません。なんとか横顔が写せました。

hayabusa_20180115_DSJ_7938.jpg

振り返ってくれたので、顔がしっかり写りました。

hayabusa_20180115_DSJ_7965.jpg

背中側は開けてました。

hayabusa_20180115_DSJ_7995.jpg

新龍神橋の取り付け道路の法面に、帯状に編んだ藁が敷かれて、上に薄く土がかぶせてあったのですが、緑の芽が出ていました。今は芝生をこのようにして植えるのですね。初めて見た工法です。切り取った芝生を張り付けていくよりずっと楽なようです。

sibahu_20180115_DSJ_8010.jpg

2018年1月9~13日の立田山

 1/9にはトンボの池にホシハジロがいました。雄には違いないようですが、いまいち色がはっきりしていません。

hosihajiro_20180109_DSJ_7747.jpg

1/12には、自宅マンションの外階段の壁にクロバネフユシャクが留まってました。こんなに寒いのに活動できるのが驚きです。

kurobanehuyusyaku_20180112_DSJ_7854.jpg

1/13の帰り道では、白川にオカヨシガモが来ていました。雄はほぼ換羽が完了しているようです。

okayosigamo_20180113_DSJ_7876.jpg

白川の上をツバメが飛び回っていました。なかなか写すのが難しいですが、ターンする際には少しスピードが落ちるのでなんとか写せました。水面すれすれを飛んでいます。

tubame_20180113_DSJ_7895.jpg

2018年1月7日の立田山

 今年は6日まで大阪にいたので、これが初鳥見です。
朝は忙しかったので探鳥会には遅れてしまったので、トンボの池に向かいました。
大きな鳥、ミサゴがゆったりと目の前を飛んでいきました。

misago_20180107_DSJ_7516.jpg

羽ばたきがゆっくりなのできれいに写りました。1富士、2タカ、なので、最初にタカを見るとは縁起がいいですね。

misago_20180107_DSJ_7517.jpg

トンボの池にはハシビロガモのかなり換羽が進んだ綺麗な雄がいました。

hasibirogamo_20180107_DSJ_7541.jpg

翼の上面もとても綺麗な色です。どこかの国旗のような配色です。

hasibirogamo_20180107_DSJ_7553.jpg

サクラ池では亜種ダイサギが大きく翼を広げてくれました。水面に映って面白い写真が撮れました。

daisagi_20180107_DSJ_7596.jpg

鉄棒をするために豊国台に行くと、ミヤマホオジロがいました。これは雌のようです。

miyamahojiroF_20180107_DSJ_7611.jpg

前から写すと腹が真っ白で綺麗です。

miyamahojiroF_20180107_DSJ_7646.jpg

少し上にミヤマホオジロの雄がいました。

miyamahojiroM_20180107_DSJ_7667.jpg

いつもは見えていないような腹の方の黒い羽毛が見えました。

miyamahojiroM_20180107_DSJ_7677.jpg

頭頂は黒い冠羽があります。

miyamahojiroM_20180107_DSJ_7674.jpg

すごくリラックスして、首を掻いていました。

miyamahojiroM_20180107_DSJ_7662.jpg

さえずり風の声も聞かせてくれましたがとても小さな声です。

miyamahojiroM_20180107_DSJ_7693.jpg

他の鳥の方が声が大きくて綺麗な録音はできませんでした。

Yellow-throated Bunting_Song_180107_01 ミヤマホオジロの声

シナマンサクの花が咲き始めてました。

sinamansaku_20180107_DSJ_7480.jpg

2017年12月26,27日の立田山

このところサクラ池にサギ類が集まっています。左のコサギとはこんなに大きさが違います。

daisagi_alba_20171226_DSJ_7067.jpg

ダイサギは真っ白で翼を広げるととても綺麗です。

daisagi_alba_20171226_DSJ_7098.jpg

池の中央でも水深より足の方が長いことがわかりました。

daisagi_alba_20171226_DSJ_7083.jpg

アオサギは水深と足の長さが同じくらいで、腹が水面すれすれです。

aosagi_20171226_DSJ_7109.jpg

次の日には、3種類並んでました。ダイサギの方が遠くにいるのにかなり大きく見えます。足の長さがあれだけ違うのでかなり大きいようです。アオサギより大きければ確実に亜種ダイサギ Ardea alba alba ですね。脛も黄色く見えてます。

daisagi_alba_20171227_DSJ_7186.jpg

メジロがハゼの実を食べているようでした。

mejiro_20171226_DSJ_6984.jpg

メジロが飛んだところが写っていました。

mejiro_20171226_DSJ_6963.jpg

水辺でキセキレイが翼をばたばたしていました。正面顔が撮れました。

kisekirei_20171226_DSJ_7116.jpg

ホバリングしたのでうまく写せました。

kisekirei_20171226_DSJ_7123.jpg

2017年12月23,24日の立田山

 23日はいいお天気でした。
豊国台の手前でルリビタキがお出迎えです。ほぼ毎日、楽しませてくれます。

ruribitaki_20171223_DSJ_6572.jpg

アオジも少し遠くの枝に留まりました。

aoji_20171223_DSJ_6576.jpg

フウの黄葉が今頃綺麗になりました。

huu_20171223_DSJ_6591.jpg

24日は朝から曇り空です。
自宅前の大出川の上の電線にコサギが留まってました。下を通っても知らん顔です。

kosagi_20171224_DSJ_6620.jpg

白川にはカワウが来るようになりました。

kawau_20171224_DSJ_6647.jpg

今日のルリビタキは少し下の方で杭に留まっていました。

ruribitaki_20171224_DSJ_6659.jpg

お祭り広場ではイカルの群れが留まっていました。

ikaruG_20171224_DSJ_6720.jpg

拡大すると黄色い口ばしが目立ちます。

ikaru_20171224_DSJ_6718.jpg

飛ぶと翼に白い紋が見えるのは知りませんでした。

ikaru_20171224_DSJ_6725.jpg

トンボの池にようやく換羽が始まったコガモがいました。いままで雌だと思っていた個体かもしれません。

kogamo_20171224_DSJ_6788.jpg

オオバンが大きな声で鳴いて追いかけっこをしてました。

Common Coot_Call_171224_01 オオバンの声

ジョウビタキもいます。

jobitaki_20171224_DSJ_6806.jpg

ルリビタキの大きな声も聞こえてきました。

Red-franked Bushrobin_Call_171224_02 ルリビタキ地鳴き

プロフィール

enagasan

Author:enagasan
熊本市立田山と自宅付近の野鳥や花の情報をお伝えします。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR